logo

2010年第4四半期の世界のセットトップボックス市場の収益は60億ドルに接近

米国の市場調査会社インスタット社はレポートシリーズ「セットトップボックスデータベース:地域/技術別(ケーブル/衛星/通信会社経由のIPTV/地上波デジタル)の出荷台数、収益、平均価格 -Set Top Box Database Update」のプレスリリースにおいて、欧州のケーブルセットトップボックスの収益は2011年第1四半期に2億1200万ドルになる、との予測結果を発表しました。

2010年のセットトップボックスの出荷数はあまりふるわなかったものの、世界市場での収益は2009年第4四半期の53億ドルに比べて2010年第4四半期は57億ドルへと増加したと、米国調査会社インスタット社は報告している。


「市場全体の成長はさほど大きくなかったが、注目に値する地域もあった。例えば、北米とアジア太平洋などの、大きくて高度な市場では、標準画質からハイデフィニションへの大規模な移行があった。中東・アフリカやラテンアメリカなどの発展途上地域では、ハイデフィニッションは登場したばかりで、まだまだ標準画質のセットトップボックスの方が多い」とインスタット社のデジタルエンターテインメント部門の副社長Norm Bogen氏は語る。


インスタット社は、下記についても調査した。

●2010年の北米の衛星セットトップボックスの出荷数は1800万に近づいた
●欧州のケーブルセットトップボックスの収益は、2011年第1四半期に2億1200万ドルになると予測している
●2010年の世界のIPテレビセットトップボックスの出荷数は、370万に増加した
●2010年のラテンアメリカでは、標準画質のセットトップボックスの出荷数が、ハイディフィニションを800万上回った


インスタット社の調査レポートシリーズ「セットトップボックスデータベース:地域/技術別(ケーブル/衛星/通信会社経由のIPTV/地上波デジタル)の出荷台数、収益、平均価格 ー Set Top Box Database Update」の最新号「2010年第4四半期 セットトップボックスデータベース:地域/技術別(ケーブル/衛星/通信会社経由のIPTV/地上波デジタル)の出荷台数、収益、平均価格 - 4Q10 Set Top Box Database Update」は、世界のセットトップボックス市場を調査し、下記の項目について追跡調査している。

●四半期ベースでの、セットトップボックス(STB)の出荷数、収益、平均販売価格(ASP)
●ケーブル事業者、衛星事業者、通信会社のIPテレビ、デジタル地上波などの事業者の区分
●調査対象地域は、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカ、アジア
●ハイディフィニション、標準画質、DVRなどの機能的な区分


この調査レポートは、世界のセットトップボックスの出荷数、収益、平均価格を四半期ベースに追跡調査するインスタット社のサービスの一環である。データは、地域毎、ボックスの種別毎(ケーブル、衛星、IPテレビ、地上波デジタル)に区分して提供している。


【調査レポート】
セットトップボックスデータベース:地域/技術別(ケーブル/衛星/通信会社経由のIPTV/地上波デジタル)の出荷台数、収益、平均価格
Set Top Box Database Update
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事