logo

モバイルアプリ提供フレームワーク『Colors(カラーズ)』 Android版新登場

Androidアプリの開発・運用を劇的に改善

モバイルアプリの開発・運用を刷新する株式会社ネイキッドテクノロジー(本社:東京都文京区、代表取締役:朝倉祐介)は、モバイルアプリ提供フレームワーク『Colors(カラーズ)』のAndroid版提供を開始致しました。
「Colors」を活用したAndroidアプリの第一弾として、Twitterクライアント『twimi(ついみー)Android版』を開始します。

モバイルアプリ提供フレームワーク『Colors(カラーズ)』Android版新登場
〜Androidアプリの開発・運用を劇的に改善〜
URL: リンク

モバイルアプリの開発・運用を刷新する株式会社ネイキッドテクノロジー(本社:東京都文京区、代表取締役:朝倉祐介)は、モバイルアプリ提供フレームワーク『Colors(カラーズ)』のAndroid版提供を開始致しました。
「Colors」を活用したAndroidアプリの第一弾として、Twitterクライアント『twimi(ついみー)Android版』を開始します。

■『Colors(カラーズ) Android版』の主な特長
 ・クロスデバイス:1つのソースコードから同一のアプリを多様なOS/デバイス上で一括展開
 ・ライブアップデート:アプリ内容をユーザのアップデートなしに柔軟に変更・改善
 ・統計解析:アプリの起動回数をはじめとするユーザ動向をリアルタイムで捕捉

「Colors」は独自の簡易なスクリプト言語によって携帯電話の異なるOS、機種に対して同一のアプリを提供できるフレームワークです。ソースコードの一元化により、アプリのバージョン管理を簡易に実現でき、アプリ提供者は新規端末への個別対応が不要になります。またColorsクラウドとの連携により、アプリ内容の柔軟な変更、アプリ内の挙動解析を実現します。
2009年のβ版公開以来、「Colors」は国内外200機種以上の携帯電話を対象に、180万台以上の利用実績を積んで参りました。
今後もネイキッドテクノロジーは、携帯電話上のアプリ提供を革新するソリューションサービスを展開して参ります。

以上

■このプレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社ネイキッドテクノロジー 広報担当 press@naked-tech.com

■ ネイキッドテクノロジー: リンク
ネイキッドテクノロジーは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が主催する「未踏ソフトウェアプロジェクト」に採択されたソフトウェア開発者が中心となって創業した、技術ベンチャー企業です。創業者が東京大学大学院、慶応義塾大学大学院在学中の2006年10月に創業以来、携帯電話向けの技術基盤の開発を続け、2010年5月には東京大学エッジキャピタルへ1億円の第三者割当増資を実施しています。独自に開発したモバイルアプリ提供フレームワーク「Colors」を提供し、モバイルアプリ提供の革新に取り組んで参ります。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。