logo

リンク、高い可用性と幅広い活用シーンで在宅勤務・BCP にも有効なクラウド型IPビジネスフォンサービス「 BIZTEL 」で大阪 06 番号を提供開始

大阪へのオフィス移転・新規開設に最適。「 BIZTEL for iPhone 」でも利用可能

インターネット関連サービスを提供する株式会社リンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治)は、クラウド型IPビジネスフォンサービス「 BIZTEL 」のオプションとして「 大阪 06 番号 」の提供を 4月 26日より開始します。

「 BIZTEL 」は、インターネットを通信インフラとして利用するIP ビジネスフォンサービスです。従来型のビジネスフォンはユーザが PBX(構内交換機)を購入またはリースして自社内に設置する必要がありましたが、BIZTEL はインターネット上の IP-PBX を利用するため、導入・運用にかかるコストを大幅に削減することができます。また、設置工事が必要ないため最短5営業日での導入が可能です。これらの手軽さに加え、各種 CRM・SFA と電話の連係を実現する CTIシステムやコールセンター機能、そして、去る 4月 20日にリリースされた iPhone をビジネスフォンとして利用できる「 BIZTEL for iPhone 」などの多彩なサービス展開が評価され、現在、全国で 250社以上の企業に利用されています。

BIZTEL の 0AB~J 番号 (※1) は、これまで東京の「 03 番号 」のみでしたが、東京に次いでユーザが多い大阪でもかねてより「 06 番号 」の要望があったことに加えて、震災の影響で企業の大阪進出・移転が増加傾向にあることから、このタイミングで提供を開始することとしました。

また、BIZTEL は以下の特長を標準で備えていますので、大阪 06 番号の導入と BCP (※2) の策定を同時に、かつ追加料金を発生させずに行うことが可能です。

1. 震災直後も通話できた高い可用性
BIZTEL は、一般加入電話や携帯電話の通信網がパンクし、通話やメールが制限されるような状況でも問題なく利用できる高い可用性を備えています。3月 11日の東日本大震災の直後でもインターネットを利用する twitter や Facebook が問題なく利用できたように、BIZTEL もまた通常通り通話が可能でした。

2. いつもと同じ外線番号・内線環境が自宅でそのまま利用可能
インターネットにさえつながればいつもの代表番号がどこからでも利用できる機動性を活かし、在宅勤務時の通信インフラとして導入されている実績があります。リンクでも新型インフルエンザが流行した 2009年に BIZTEL で在宅勤務演習を行っており、東日本大震災の翌週には在宅勤務を実践しました。内線による社員同士の音声コミュニケーションはもちろん、ユーザサポート業務も通常通り継続することができました。

3. 外出先や海外でも利用可能で、さらに広がる行動範囲
au 携帯電話やiPhone もビジネスフォン端末として利用できるようになり、利用シーンの幅が大きく広がりました。au またはソフトバンクのエリア内なら 06 番号宛ての電話を自宅や屋外、大阪以外の出張先でも受けることができます。国際ローミングを利用すれば、海外でも 06 番号が利用でき、日本国内との内線通話も可能です。

4. 急な在宅勤務時にも追加料金や申し込みは一切不要
ボイスワープ等の転送サービスを利用しないため、事前の転送設定や追加料金、利用開始時の申し込みが一切必要ありません。BIZTEL の固定端末かソフトフォンのインストールされた PC と自宅でインターネットに接続するだけで、突然の災害でもスムーズに在宅勤務へ移行できます。

今後は他の市外局番も提供を検討しております。BIZTEL はより多くのユーザのご要望にお応えできるよう、これからも新機能の追加・サービスの改善を重ねてまいります。

■ 大阪 06 番号利用料金
初期費用:525円/月間利用料:315円( 1番号あたり )
※大阪06番号は、総務省の管理する 06番号の提供エリアにお客様の主たる事業所(または所在地)がある場合にご利用いただけるサービスです。

※在宅勤務演習に関しては、リンク にて近日公開予定です。

【BIZTELについて】

BIZTEL は、インターネットに繋がればどこでも利用できるクラウド型 IP ビジネスフォンサービス。ビジネスフォン以外にも、コールセンター向けソリューション「 BIZTEL コールセンター 」「 BIZTEL CTI 」や、au携帯電話だけでビジネスフォン環境が利用できるモバイルセントレックス「 BIZTELモバイル 」など、さまざまなサービスを展開しています。去る 4月 19日(火)には東日本大震災の被災地企業に BIZTELモバイルを無償提供する「 被災地企業復興支援サービス 」を、20日(水)には iPhone がビジネスフォンになる「 BIZTEL for iPhone 」をリリースし、在宅勤務体制の構築や BCP の支援にも力を注いでいます。今後も継続的に新たなサービスを展開する予定です。
サービスの詳細は、リンク をご覧ください。


【株式会社リンクについて】

株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティング・コロケーション・携帯向け CMS・クラウド 型 IP ビジネスフォンなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。
2009年からは農業分野への足場づくりにも取り組みはじめました。
詳細は、リンク をご覧ください。


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社リンク
担当:内木場
〒107-0052
東京都港区赤坂7丁目3番37号
カナダ大使館ビル1階
TEL:03-5785-2255 / FAX:03-5785-2277

Eメール:pr@link.co.jp
株式会社リアライズ(株式会社リンク広報担当)
担当:若杉・中村
〒105-0013
東京都港区浜松町1-27-12
秀和浜松町交差点ビル6階
TEL: 03-3434-3377 / FAX: 03-3434-3439
Eメール:nakamura@real-ize.com

用語解説

※1:固定電話の電話番号を割り当てる方式のうち、一般加入電話に番号を割り当てる「03-xxxx-xxxx」など、0から始まり10桁の数字で表わされる番号の総称。IP 電話の「 050-xxxx-xxxx 」など11桁の電話番号と区別する際にこう呼ばれる。

※2:Business Continuity Plan( 事業継続計画 )。災害や事故などの有事において、最低限の事業活動を継続するために事前に定める運営方針と対策。導入~見直しまでを含めたより広義な BCM( Business Continuity Managemment )や、復旧計画を含めた BC/DR( Business Continuity / Disaster Recovery )という言い方もあるが、非常時における事業継続という点では共通している。

関連情報
http://biztel.st/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事