logo

“病院選び、病院利用”における利用者満足度および利用の実態について【ダウンロード版】

~全国医療機関利用実態調査2009 病院経営における医療マーケティング及び広報戦略のために!~

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:五十嵐 幹)は、既刊資料8点をお求め易いダウンロード版にまとめ、販売開始いたしました。
今回は、2009年に行った全国の病院利用に関する調査をまとめた「“病院選び、病院利用”における利用者満足度および利用の実態について【ダウンロード版】」のダウンロード販売のご案内です。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=557

報道関係者各位

平成23年4月25日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Cross Shopダウンロード限定販売
「“病院選び、病院利用”における利用者満足度および利用の実態について【ダウンロード版】」
~全国医療機関利用実態調査2009
病院経営における医療マーケティング及び広報戦略のために!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:五十嵐 幹)は、既刊資料8点をお求め易いダウンロード版にまとめ、販売開始いたしました。
今回は、2009年に行った全国の病院利用に関する調査をまとめた「“病院選び、病院利用”における利用者満足度および利用の実態について【ダウンロード版】」のダウンロード販売のご案内です。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

◇医療マーケティングの時代がやってきました。

日本の医療環境は現在大きな転機を迎えています。高齢化という流れの中で、国民・行政・医療機関が多くの課題をかかえています。
その中で、ひとつ確実にいえることは、医療機関は「患者さんを待つ」という姿勢では、経営が成り立たなくなるということです。「医は仁なり」という基本哲学をもちつつ、積極的に患者さんにきてもらう策を講じるべきではないでしょうか。
すなわち、医療機関がマーケティング展開をして、マーケティング戦略としての医療機関経営を考えるべきであると思うのです。世界的なマネジメント学者であったドラッカーは、数十年前から医療機関のマーケティング発想を提唱しておりました。

◇医療機関マーケティング戦略の基本データを用意しました。

このような観点から当社(株)クロス・マーケティングでは、調査報告書「“病院選び・病院利用”における利用満足度および利用の実態について~全国医療機関利用実態調査2009~」を作成しました。
これは全国で「過去1年以内に医療機関を利用したことのある18歳以上の男女」1222人を対象に調査したものです。具体的には次葉にあるように、医療機関の科目別利用状況・医療機関の評価・評判がいい医療機関とその理由・医師や看護師や医療施設に対する要望など21項目にわたった詳細な調査結果です。

◇医療機関マーケティングの第一歩はAIDMAです。

商品・サービスのマーケティングの第一歩はAIDMAです。これを医療機関に応用すると、Attention(当該医療機関の存在を知る)・Interest (関心をもつ)・Desire(いいなと思う)・ Memory(記憶にとどめる)・Action(必要な際に利用する)というプロセスになります。
患者さんは、医療機関の設備等に対するニーズも強いのですが、なにより求めているのは医師の先生方やスタッフの方たちとの「良好なコミュニケーション」なのです。こうした点も念頭においたAIDMA形成を推進することが重要ではないでしょうか。
貴医療機関のAIDMAを明らかにするのは調査が理想的ですが、貴医療機関のご関係者の方たちが経験的に知悉されていると思われます。それをベースに、当調査報告書で患者さんのニーズと行動を把握し、マーケティング展開をされることをお勧めします。


■■ 調査概要 ■■

調査手法:インタネットリサーチ

調査対象者:クロス・マーケティング保有モニターの中から、過去1年以内に医療機関を利用した経験のある18歳以上の男女1,222名

実施期間:2009年10月26日~ 2009年10月28日


■■ 資料目次 ■■

目次
はじめに
調査概要
調査のまとめ

◆総括
・患者はどうやって病院を決めているのか(総合的考察)
・患者はどうやって病院を決めているのか(診療科別考察)

・患者が病院に求めていること
・患者から評判がいい病院とは
・病院に対しての不満・悩みと改善の方向性

第1章 病院の利用についての基本情報
  1-1.回答者のプロフィール
  1-2.病院利用状況
(1) 1 年以内における通院頻度
(2) 1 年以内に通院した診療科
(3) かかりつけ医の有無
(4) かかりつけ医の利用状況
(5) 初めて行った病院の診療科

第2章 診療科別利用実態
 
2-1~11. 各診療科別 利用実態
【内科・外科・小児科・産婦人科・皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科・精神科
  ・心療内科・歯科】
(1) 初めてその病院に行った理由
(2) 初めて行った病院の認知・調査経緯
(3) 病院選択の決め手となった情報
(4) 初めて行く病院における選択時の重視点
(5) 初めて行く病院における選択時の最重視点
(6) 受診後、病院に対する評価として重視すること
(7) 受診後、病院に対する評価として最重視すること

第3章 評判がいい病院とその評判内容

第4章 医療問題に関する認知・意見
4-1.医療に対する社会問題認知状況
4-2.小児科、産婦人科など特定の診療科における医師不足問題認知状況
4-3.過疎地域、僻地における医師不足問題認知状況
4-4.労働環境悪化による医師・看護師不足問題認知状況
4-5.救急病院の医師不足・体制不足問題認知状況
4-6.必要性が低い受診や安易な救急医療の利用による医療現場の
    負担増問題認知状況
4-7.地域の病院減少により十分な医療が受けられない可能性出現問題
    認知状況
4-8.カルテやレセプトの開示が不十分である問題認知状況
4-9.疫病流行に対して医療現場の体制が整っていない問題認知状況
4-10.高齢化社会の伴い医療費が増大し財政を圧迫している問題認知状況
4-11.医療費の負担に対する考え方
4-12.診療報酬に対する考え方
4-13.医師や看護師の偏在に対する考え方
4-14.病院・医師への訴訟や損害賠償請求に対する考え方
4-15.安易な救急車要請により重傷者への救急車が遅れる問題に対する考え方
4-16.ジェネリック医薬品に対する考え方
4-17.病院や医師に対する態度、考え方

第5章 集計データ
  単純集計
  クロス集計(性別、年代別、通院頻度別)

付録(調査票)


■■ 商品概要 ■■

商品名 :“病院選び、病院利用”における利用者満足度および利用の実態について【ダウンロード版】
調査/発行:株式会社クロス・マーケティング
販 売 :株式会社クロス・マーケティング
発刊日 : 2011年4月
判 型 : A4版 299頁
■ダウンロード版 報告書(PDF・Excel)+ローデータ

※本商品は、2009年12月7日に発刊した「ネットスーパー利用実態調査2010」のダウンロード版となります。
※ダウンロード版限定の「特別価格ご提供品」となります。
ご購入されたお客様には、今後弊社よりメールで随時商品のご案内を申し上げます。
その旨、ご了承いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


■■ 購入方法 ■■

下記URLよりお申し込みください。
詳細:リンク

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■ Cross Shop ダウンロード特別販売企画 ■■

■クレジットカード利用実態調査【ダウンロード版】
リンク

■ネットスーパー利用実態調査 2010【ダウンロード版】
リンク

■転職サイト比較調査〔企業版〕2008【ダウンロード版】
リンク

■女性サイト比較調査2008【ダウンロード版】
リンク

■比較サイト比較調査2008【ダウンロード版】
リンク

■転職サイト比較調査2009【ダウンロード版】
リンク

■女性のダイエットに関する意識とダイエット食品のネット購買行動調査【ダウンロード版】
リンク


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5458
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。