logo

FatWire Content Server バージョン7.6発表 Eclipse IDEとの統合、監視・診断ツールなどを搭載

FatWire株式会社 2011年04月25日 10時08分
From PR TIMES

FatWire Content Server バージョン7.6発表
Eclipse IDEとの統合、監視・診断ツールなどを搭載

 Webエクスペリエンス管理(WEM)におけるリーディングプロバイダー であるFatWire Softwareは、業界トップクラスのWebコンテンツ管理(WCM)プラットフォームのContent Serverの新バージョン7.6のリリースを発表した。新バージョンでは、オンラインでのエンゲージメントの最適化を短期間で実現する新しいツールが提供される。企業は、顧客や見込み客とのエンゲージメントを実現するためにオンラインチャネルを活用し、マーケティングやカスタマーエクスペリエンスの目標達成が可能になる。

 オンラインでのエンゲージメントを最適化することにより、企業は顧客を取り込み囲い込み、競合が存在するビジネス環境で、ビジネスの効率化を高め、売り上げを増大することが可能になる。リッチメディア、ソーシャルメディア、UGC(user-generated content)、Webとモバイルの急増により、オンラインビジネスの環境はさらに複雑になってきた。
これらの要因は、一貫性があり最適化されたオンラインビジネスを構築し維持管理を行うことを、時間を浪費しリソースを集中させる恐ろしい業務に変化させることがある。

 FatWireは、グローバルで、大規模で、対話型で、ターゲティングされた様々なオンラインチャネルを構築する業務を自動化することにより、企業が高い目標を実現することを支援している。FatWireのプラットフォームは、異なる言語や設定、異なるバージョンを持つ数多くのWebサイトを、一元的に能率的に管理することができる。ターゲット化されたコンテンツやキャンペーン情報のサイト訪問者への配信、従来のWebサイトやモバイル環境その他の環境において、ソーシャルコンピューティング、ダイナミックで拡張性の高いコンテンツの配信を管理することができる。

 「FatWireのContent Serverは、顧客がオンラインビジネスを成功するための、洗練された拡張性の高いWCMソリューションを提供する」と、FatWire Software プレジデント兼 CEOのYogesh Gupta氏は述べている。「FatWireは、ソーシャルメディアとモバイル用Web機能を持った、Community Server、Gadget Server、Mobility Serverのリリースを続けて予定している。Content Server 7.6を市場に投入し、オンラインでのエンゲージメントを最適化するための中核になるプラットフォームに投資することに注力している」

 FatWire Content Server 7.6により、企業は市場投入に要する時間を短縮し、Webサイトの容易な維持管理を実現することができる。顧客と効率的にエンゲージメントし、純利益をより早く計上することができる。FatWire Content Server 7.6には短期間での開発を可能にするツールが含まれている。

・Eclipse IDE Integration:

開発者が、使い慣れたツールにより容易に連携して、Eclipse の中でFatWireのテンプレートとWebサイト構築を可能にする。

・Asset Processing API:

ビジネスユーザが効率的にコンテンツを編集し、一連の流れを容易に自動化する。

・Advanced Monitoring and Diagnostic Tools(監視・診断ツール):

システム情報とログ、パフォーマンス、キャッシュの最適化その他の簡易分析ツール。

 FatWire Content Server 7.6は、企業がエンタープライズレベルのWebサイトを、迅速に容易に構築し、管理することを可能にする。

 オンラインでのエンゲージメントを最適化するためのFatWireスイート製品の中核として、FatWire Content Serverは、顧客がオンラインチャネルを使ったカスタマーエクスペリエンスとマーケティングを成功させることを支援する。



FatWire Software 社について

FatWire Software 社は、WEMソリューションのグローバルリーディングプロバイダー。ユーザーに豊富なエクスペリエンスを提供し、顧客にウェブ・プレゼンスのマネジメントを提供する。FatWire社は NY,Mineolaに本拠を構え、世界の12ヶ国に事業所があり、金融サービス、メディア、テクノロジー、製造、公共部門、小売、ヘルスケアなどを含む産業で、500以上の顧客にサービスを提供している。


お問い合わせ先
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事