logo

CTCテクノロジー、Ruby技術者認定推進校プログラム認定を全国で初めて取得

~Ruby技術者認定試験対策コースの定期開催及びOEM提供を強化~

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:藁谷二郎、本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)は、合同会社Rubyアソシエーション(理事長:まつもとゆきひろ、本部:島根県松江市)が3月7日に発表したRuby技術者認定推進校プログラムにおいて、全国で初めての推進校の認定を取得し、同時に、同プログラムの関東地区の所轄幹事校として指定を受けました。これに伴い、CTCテクノロジーはRuby技術者認定試験対策コースの定期開催を強化するとともに、講師の派遣や他社ブランドでの教材提供、教材のカスタマイズなど、対策コースのOEM提供を積極的に行います。今後3年間で、OEM先も含めて3,000名のRuby技術者認定試験対策コースの受講を目指します。

RubyアソシエーションのRuby技術者認定推進校プログラムは、Ruby技術者認定試験の普及のため、Ruby技術者認定試験対策コースを実施する教育機関を支援するプログラムです。北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄の11エリアに所轄幹事校を指定し、全国的なRuby技術者認定試験の普及を狙います。
CTCテクノロジーは、2007年から開始したRuby技術者育成講座の実績が評価され、今回、関東地区で初めての所轄幹事校として指定されました。CTCテクノロジーが提供するRuby関連の教育コースは以下の通りです。詳細は、教育コースサイト(リンク)をご覧ください。

<CTCテクノロジーのRuby技術者認定試験対策/関連コース>
■Ruby/Ruby on Rails コース
プログラミングの経験がない方から他のプログラミング言語を学んだ事がある方まで、実践を交えた各種コースを用意しています。
コースメニュー:Ruby入門
実践 Ruby on Rails Webアプリケーション開発
実践 Ruby on Rails 運用

■Ruby技術者認定試験 対策コース
短期間でRuby技術者認定試験 Silver/Goldの合格を目指す方にお勧めのコースです。出題範囲を網羅した試験ポイントを効率よく学習でき、実践に近い模擬試験も行います。
コースメニュー:Ruby技術者認定試験Silver対策
Ruby技術者認定試験Gold対策

用語解説

■Ruby技術者認定試験について
Ruby技術者認定試験は、Rubyベースのシステムを設計・開発・運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とした認定試験制度です。試験合格者は、Rubyアソシエーションにより「Ruby Association Certified Ruby Programmer」として認定されます。認定者は、Ruby技術者としての技術力を公正に評価され、高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されます。このRuby技術者認定試験は、Rubyアソシエーションより委託されたCTCによって運営・管理されています。
リンク

■CTCテクノロジーについて
シーティーシー・テクノロジー株式会社は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のグループ会社で、保守・運用・監視サービスなどのお客様サポートを担う中核企業です。マルチベンダー環境で培った高い技術力と問題解決力をベースに、全国約100ヵ所のカスタマーサービス拠点から、24時間365日体制でお客様のシステムをサポートします。また、ベンダー各社の認定トレーニングを始めとする教育・研修サービスや、オフィスやデータセンターの移転に伴う、設備の設計や工事も行っています。
リンク

■Rubyアソシエーションについて
Rubyアソシエーションは、プログラミング言語Rubyの普及と発展のための組織です。Ruby関連のプロジェクトやコミュニティ、ビジネスの関係を強化し、エンタープライズ領域におけるRubyの利用に関する諸問題の解決に取り組むことを目的とします。
リンク

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事