logo

あらゆるジャンルごとに知識を蓄積できる検定(クイズ)サイトを公開

特定ジャンルへの知識を検定形式で向上ができるサイトを78サイト公開

検定(クイズ)を特定のジャンル単位でWEBサイト化することで、そのジャンルへの知識を検定形式で向上ができるサイトとなっています。今回、第一弾としまして78サイトを公開いたしました。

日本最大級のソーシャルクイズサイト「けんてーごっこ」を運営する、学びing株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:斉藤常治、以下、学びing)は、あらゆるサービスや商品の知識が共有できる検定サイト「セグメントサイトbyけんてーごっこ」を公開しました。

この「セグメントサイトbyけんてーごっこ」では検定(クイズ)を特定のジャンル単位でWEBサイト化することで、そのジャンルへの知識を検定形式で向上ができるサイトとなっています。今回、第一弾としまして78サイトを公開いたしました。

▼公開したサイトはこちら▼
リンク

また、検定は独自技術であるクイズ自動生成エンジン「Qロイド」を利用して生成をしており、即座に複数の検定サイトを構築できるようになっています。

本サービスでは大量に特定ジャンルの関連情報をサイトとして公開できることからSEOや集客対策に効果を発揮します。

開始当初は全78サイト合計で問題数約20万、1サイトあたりで平均2,500問の問題(クイズ)を用意しています。

今後は、ジャンルを特化した形で更なるサイト数の増加を目指すと同時に、OEM提供により特定分野のWEBサービスを提供している企業の集客ツールとしての利用も促進させていきたいと考えております。

◆「けんてーごっこ」及び「Qロイド」について
2006年12月にリリース以来「けんてーごっこ( リンク )」は、誰でも好きな検定(クイズ)が作れ、検定に解答するとすぐに全解答者中の順位が分かり、合格すると、日付や名前入りの認定証ブログパーツが発行できる投稿型検定コミュニティサイトとして成長してきました。

2010年9月22日、「けんてーごっこ」内の人力の投稿機能による数万の検定に加えて、ウェブサイトなどの文章をもとに自動的にクイズを作成する『Qろいど技術』を活用して、ソーシャルメディアのフリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」の検定(クイズ)を自動生成し、総検定数78 万(約310万問)の日本最大級のソーシャルクイズサイトの地位を確立しています。

○「Wikipediaクイズ変換サービス」詳細説明ページ
リンク


■学びing株式会社について リンク
学びing株式会社は2006年10月に設立。日本最大級のソーシャルクイズサイト「けんてーごっこ」の運営、実運用にもとづく「クラウド+ソーシャルアプリ」コンサルティング事業、米Amazon社認定AWSソリューションプロバイダ事業、クイズ自動生成技術(Qろいど技術)を活用したコンサルティング事業、ソーシャルゲーム・コンサルティング事業、クロスメディア・クイズコンテンツ事業など、ソーシャル、クイズコンテンツ、クラウド、ラーニングをキーワードに事業展開をしています。

■このプレスリリースについてのお問い合わせ先
学びing株式会社 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 Mio新都心610
TEL:048-859-7770(代表) FAX:048-859-7773
担当 杉本:manabi@manabing.jp

このプレスリリースの付帯情報

検定(クイズ)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事