logo

東北地方太平洋沖地震被害に対するテレワーク(在宅勤務)支援の延長について

~安全かつ手軽なリモートアクセスを実現するプライベートCA Gleasを無償提供~

2011年3月11日からの東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられました皆様には、心からお見舞い申し上げます。

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介、以下JS3)は、東北地方太平洋沖地震および原子力発電所事故による計画停電等に伴い、テレワーク(在宅勤務)を実施される企業を対象として、社内システムに安全かつ手軽にリモートアクセスいただくことを目的に、JS3が開発・販売するプライベートCA Gleasのクラウド対応版製品を、これまで本年9月30日までだった提供期間を、本年12月29日までに延長して無償で提供いたします。ご利用を希望される方は、内容をご確認の上、メールにてご連絡ください。

被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げるとともに、当社としてもできる限りの支援を実施してまいります。

・提供期間:2011年3月18日(金)~2011年12月29日(木)
(利用開始日に関わらず12月29日までの利用となります。)
・提供社数:50社
・お申込期限:2011年5月31日(火)まで
・ご利用金額〔50/100クライアント証明書パック〕:無償
※詳細は、注3および注4を参照ください。
・お問合せ・お申込先:sales@jcch-sss.com
・お申込からご利用開始までの期間:可能な限り迅速に対応いたします。

(注1)お申込時にメールに記載いただきたい情報
1)申込企業名
2)担当者名
3)メールアドレス
4)電話番号
5)利用用途/利用者数/利用環境

「利用用途/利用者数/利用環境」のご記入例
・利用用途:PCおよびiPhoneからのリモートアクセス
・利用者数:約30名
・利用環境:F5ネットワークス社のFirePassでの電子証明書による認証
(注2)100クライアント以上でのご利用を希望される場合は、前述のお申込先までご相談ください。
(注3)2011年12月30日以降に継続してご利用いただく場合には、通常料金(50クライアント証明書パック:114万円/初年度、100クライアント証明書パック:156.7万円/初年度)が発生します。
(注4)クラウド対応版Gleas以外の機器費用および設定・設置費用は含まれておりません。設定方法につきましては、弊社製品が連携している製品の設定例をまとめたホワイトペーパーを弊社Webサイトに提供しておりますので、ご活用ください。
(注5)Gleasの用途は、テレワーク(在宅勤務)を目的としたリモートアクセスに限定させていただきます。

発表の詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。
リンク

【株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて】
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発の「プライベートCA Gleas」を中心に、USB トークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせたビジネスを積極的に展開しています。
Gleasでは、お客さま自らが証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務を実施できるユーザ申込画面を新たに追加するなど、ユーザ登録業務を簡略化することにより、中小規模から10万ユーザを超える大規模なお客さまの環境においても、ご利用可能となります。

【本件に関する問い合せ先】
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ
E-Mail:sales@jcch-sss.com
TEL:03-5615-1020
FAX:03-5604-1563
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。