logo

東日本大震災に対する義援金について

独、ショット 義援金を提供

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショットAGは、取締役会で、今回東北地方で発生した大地震および津波の被害に対して10万ユーロ(約1千180万円)を特定非営利活動法人「ジャパンプラットフォーム」に寄付することを決定しました。

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショットAG(本社:ドイツ・マインツ市、ウド・ウンゲホイヤー取締役会議長兼CEO)は、取締役会で、今回東北地方で発生した大地震および津波の被害に対して10万ユーロ(約1千180万円)を特定非営利活動法人「ジャパンプラットフォーム」に寄付することを決定しました。

さらに、当社はマネージメントと経営協議会を通じて全世界の社員に募金を呼びかけており、併せて寄付いたします。

ショットは、1966年から「ショット日本株式会社」(東京都新宿区)が特殊ガラスの販売を行っています。また、NECとのジョイントベンチャー「NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社」(滋賀県甲賀市)、2008年にTOBを通じ子会社化した、画像処理機器メーカー「株式会社  モリテックス」(東京都豊島区)、さらに、2010年内外硝子工業とのジョイントベンチャーにより設立された、医薬包装製品(バイアル)の製造販売を手がける「ショットナイガイ株式会社」(大阪府大東市)が事業展開をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。