logo

日本初!Android・iOS対応のスマホ型クレジットカードリーダーアプリ「PAYGATE」を開発

株式会社ロイヤルゲート 2011年04月15日 10時00分
From PR News

株式会社ロイヤルゲート(本社:東京都港区、代表取締役社長:梅村 圭司)は、トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:藤田 泰久)、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:月原 紘一)、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相浦 一成 )、株式会社シー・オー・シー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙野 明)、株式会社ネットインデックス(本社:岩手県花巻市、代表取締役社長:田中 芳邦)の協力を得て、AndroidやiOSに対応したスマートフォンを利用し、クレジットカード決済端末として使える「PAYGATE(TM)」サービスを開発し、法人向けに販売並びにサービスを提供する事を発表致します。(業種別に50音順で表示)

日本初のAndroidとiOS両方に対応したクレジットカードリーダーアプリ「PAYGATE(TM)」は、Bluetoothに対応しているAndroidやiOSスマートフォン・タブレットであれば、お手持ちのスマートフォンをクレジットカード決済端末として使う事が出来ます。

最新の暗号化技術とオリジナルのbluetoothリーダーの開発により、AES(※1)によって暗号化されたクレジットカード情報は、スマートフォン側では一切復号化せず、アプリケーション側では前方6桁と後方4桁のカード番号しか扱わない為、スマートフォンにデータが残る事は一切ありません。また、リーダーで暗号化されたデータはDUKPT(※2)採用による暗号化KEY管理で高セキュリティーを確保しております。また、リーダーには個別に個体識別番号を付与し、紛失等による不正利用を防ぐ対策も行っております。また、決済のご利用控えについては、紙での交付に加え、写真やGPSの位置情報、直筆のサインなどをデータとして交付、および保存する事が出来るため悪用やクレームにも迅速に対応する事が出来ます。
サーバー側で復号化されたデータは、アプリケーションサーバー側でも一切保持する事がなく、クレジットカード決済センターへ送られますので、継続課金なども安全にご利用いただく事が可能です。
本サービスは、20011年4月13日に日本クレジットカード協会より発表されました、「スマートフォン決済の安全基準に関する基本的な考え方」に準拠したサービスとしての提供を予定しております。また、当社は社団法人日本クレジット協会が策定を予定しているクレジットカード業界統一のガイドラインに準拠した対応も行っていきます。

「PAYGATE(TM)」は、生命保険外交員、損害保険外交員、宅配業者、引越業者、バイク便、高級ブティック、ホテルなど外出先やお客様の目の前で決済する事が必要な企業向けに、AndroidやiOS上で動くアプリケーションを提供し、専用のオリジナルBluetoothリーダーをご利用いただく事でいつでもどこでも、クレジットカード決済を実現させます。また、1契約に対して、複数台のIDを契約頂ければ複数のリーダーを1つの管理画面で管理する事が可能ですので、導入後は大幅な業務効率のアップや、スピーディーで正確な対応で顧客への信頼度のアップに加え、従来のモバイルクレジットカード決済端末に比べ圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。


【「PAYGATE(TM)」のメリット】
・スマートフォンの活用でコスト削減、圧倒的なコストパフォーマンス
・オリジナルリーダーで高セキュリティー対策を実現
・Android、iOSの両方に対応でスマートフォンやタブレットに幅広く対応
・今まで実現出来なかったシチュエーションでのカード決済を実現
・継続決済など定額の決済にも対応
・1契約で複数台IDと契約すれば複数のリーダーを登録する事が可能


【「PAYGATE(TM)」のアプリケーション機能】(Android、iOS対応)
<ユーザー画面>
 都度決済、継続決済(洗替機能付き)

<管理画面>
 売上管理、各種設定


【「PAYGAET(TM)」専用クレジットカードリーダー】
 オリジナル専用bluetoothリーダー
 AES採用、PA-DSS準拠、PCI-PTS推奨DUKPT準拠


【セキュリティーに関して】
クレジットカード決済のグローバルスタンダードPCI-DSS(※3)はもちろんPA-DSS(※4)に準拠したアプリケーション設計でカード番号などは一切端末に残りません。また、PCI-PTS(※5)推奨DUKPTの暗号化管理ロジックを適用、AESの採用によりセキュリティー強度も高い設計となっております。
Bluetoothリーダーで読み込んだクレジットカード情報は、AESで暗号化されスマートフォンでは一切復号化せず、セキュアなサーバーでのみ復号化されます。また、bluetoothリーダーにはユニークな個体識別番号を持っており、スワイプ毎のトランザクションにもユニークなIDを振る事で、決済毎にユニークなリーダーID、トランザクションID、カード番号の一部を使って暗号化KEYを生成します。この暗号化KEYの他、サーバー側ではIV KEYも同時になければ復号化出来ないようになっており、二重のセキュリティー対策となっております。また、アプリケーション側でスマートフォンの個体識別番号を取得し、アプリケーション側でBluetoothリーダーの個体識別番号を取得し「PAYGATE(TM)」をアクティベイトしますので不正利用や紛失のトラブルを防ぐ事が出来ます。


【サービス料金体系】
 <エントリープラン>
  初期費用 31,500円(リーダー1台含む)
  月額費用 5,250円
  決済手数料 応相談
  トランザクション料10円/1件
  [オプション]追加リーダー:15,750円  追加ID:1,050円

 <アドバンスプラン>
  初期費用 105,000円(リーダー1台含む)
  月額費用 10,500円
  決済手数料 応相談
  トランザクション料10円/1件
  [オプション]追加リーダー:15,750円  追加ID:3,150円


【プロモーション映像】
 3分でわかるサービス紹介映像
 リンク


【サービスサイト】
 リンク


【各企業の役割】
<サービス提供元、リーダー企画・販売元、アプリケーション開発>
株式会社ロイヤルゲート
代表取締役社長 梅村 圭司 
東京都港区六本木5-9-20六本木イグノポール8階

<クレジットカード加盟店契約>(50音順で表示)
トヨタファイナンス株式会社
代表取締役社長 藤田 泰久
愛知県名古屋市牛島町6番1号名古屋ルーセントタワー12階 

三井住友カード株式会社
代表取締役社長 月原 紘一
東京都港区海岸1-2-20

<クレジットカード決済処理サービス>
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
代表取締役社長 相浦 一成
東京都渋谷区道玄坂1-14-6渋谷ヒューマックスビル7階

<サービス販売パートナー>
株式会社シー・オー・シー
代表取締役社長 髙野 明
東京都渋谷区道玄坂1-14-6渋谷ヒューマックスビル8階

<bluetoothリーダー開発・製造>
株式会社ネットインデックス
代表取締役社長 田中 芳邦
岩手県花巻市椚ノ目2-32-1


【用語の説明】
※1 AES
米国商務省標準技術局(NIST)によって制定された、米国政府の新世代標準暗号化方式。DESが制定されたのは1977年であり、近年のコンピューターでの高性能化、暗号化理論の発展に伴いDESの信頼性以上の信頼を持つ。

※2 DUKPT
ANSIでX9.24 Padt1として公式に規格化且つPCI-DSSの関連規格であるPCI-PTSで推奨する暗号鍵のマネージメントに関する規定。

※3 PCI-DSS
(Payment Card Industry Data Security Standard)
国際カードブランド5社が共同で策定したクレジットカード会員情報の保護に関する国際的なセキュリティー基準

※4 PA-DSS
(Payment Application Data Security Standard)
国際カードブランド5社が共同で策定した決済アプリケーションの国際的なセキュリティー基準。ストライプデータ、CVV2データ、PINデータなどの保存を保持しないアプリケーション。

※5 PCI-PTS
(Payment Card Industry PIN Transaction Security)
国際カードブランド5社が共同で策定したクレジットカード読み取り端末装置に関する国際的なセキュリティー基準。


【企業概要:株式会社ロイヤルゲート】
会社名     :株式会社ロイヤルゲート
東京本社    :東京都港区六本木5-9-20 六本木イグノポール8階
大阪オフィス  :大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
名古屋オフィス :名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー40階
代表者 :代表取締役社長 梅村 圭司
URL    : リンク
事業内容 :
ITコンサルティング、受託開発、WEBデザイン、サーバーホスティング、
オンライン決済、SEO対策、各種ASPサービス(決済システム、EC、SNS、CMS)

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事