logo

2015年には映画180億ダウンロード相当の14000ペタバイト以上のデータトラフィックとなるだろう

英国の市場調査会社ジュニパーリサーチ社が出版レポート「世界のモバイルデータオフロードとオンロード市場調査:Wi-Fiとフェムトセルの統合戦略と2015年までの予測 - Mobile Data Offload & Onload
:WiFi & Femtocell Integration Strategies 2011-2015」のプレスリリースにおいて、スマートフォンやフィーチャーフォン、タブレットなどのモバイルデータのトラフィックは、2015年に、映画ダウンロード180億、あるいは音楽ダウンロード3兆相当の14000ペタバイトを上回るだろう、との予測結果を発表しました。

スマートフォンやフィーチャーフォン、タブレットなどのモバイルデータのトラフィックは、2015年に、映画ダウンロード180億、あるいは音楽ダウンロード3兆相当の14000ペタバイトを上回るだろうと英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「世界のモバイルデータオフロードとオンロード市場調査:Wi-Fiとフェムトセルの統合戦略と2015年までの予測 ー Mobile Data Offload & Onload:WiFi & Femtocell Integration Strategies 2011-2015」は報告している。しかし、トラフィックの63%、つまり約9000ペタバイトがWi-Fiやフェムトセルネットワークに移行し、モバイルネットワークへの負担は軽減し始めるだろう。


ジュニパーリサーチ社は、セルラーネットワークのデータの成長は継続するものの、一部で言われているような「データの爆発」などということは起こらないだろうと考えている。しかし、オペレータの一部がオフロードを検討し始めているものの、固定通信からモバイル通信への移行がセルラーネットワークを圧迫しているのも事実である。


ジュニパーリサーチ社のNitin Bhas氏は、「ネットワークオペレータは、オンロードとオフロードの両方の合計でその影響を認識することが大切である。データのオフロードは、オペレータのネットワークの混雑を軽減できるかもしれないが、軽減できるオフロードの多くは固定からモバイルへのデータ移行にあてられるだろう」としている。


≪WiFi対フェムトセル≫
現在、WiFiはトラフィックの90%以上を占めるが、フェムトセルは予測期間中に着実に増加し、共存しつつ、オペレータにとって大きなビジネスチャンスになるだろう。


≪その他の重要な調査結果≫
●世界のモバイルデータオフロードの6割以上が北米と西欧である
●新興市場、特にインド亜大陸地域でのデータオフロードの成長率が最も高い


≪オペレータのビジネスチャンス≫
この調査レポートは、オペレータはオフロードソリューションを3G/4Gネットワークの補完とすることで、固定回線オペレータから市場シェアを奪い、収益をあげ、モバイルのみならず3G/4Gビジネスで収益をあげるところまで拡大できるだろう。



【調査レポート】
世界のモバイルデータオフロードとオンロード市場調査:Wi-Fiとフェムトセルの統合戦略と2015年までの予測
Mobile Data Offload & Onload
WiFi & Femtocell Integration Strategies 2011-2015
リンク

◆米国市場調査会社 ジュニパーリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事