logo

世界のバイオメトリクス市場全般が2011-2014年に拡大

インド市場調査会社RNCOS社が出版レポート「世界のバイオメトリクス市場調査:市場動向、地域別分析、技術とアプリケーション、2012年までの将来予測 -Global Biometric Forecast to 2012」のプレスリリースにおいて、世界のバイオメトリクス市場は2011-2014年にCAGR約23%で成長するだろう、との予測結果を発表しました。

多くの政府機関や金融機関による採用によって、世界のバイオメトリックシステムの需要は急速に高まっている。特に、防衛、航空、犯罪防止、市民のIDなどの分野での利用が促進しており、なりすましやテロ攻撃の増加によっても市場は促進している。また、既存のパスポートの切替や、新しい電子パスポートの採用などが、非接触技術の主要な促進要因である。


インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界のバイオメトリクス市場調査:市場動向、地域別分析、技術とアプリケーション、2012年までの将来予測 - Global Biometric Forecast to 2012」は、世界のバイオメトリクス市場は、2011-2014年にCAGR約23%で成長するだろうと予測している。技術の革新によって価格が下落し、消費者は認証のために安全に交信するための効果的な方法として、バイオメトリクスを使用することを受け入れていくだろう。また、最近1、2年間の政府機関や金融機関の採用によっても、市場は成長していくだろう。


この調査レポートは、ライブスキャナによる自動指紋照合(AFIS)の市場は、2010年末時点での世界のバイオメトリクス市場で最大の割合を占め、次いで指紋と顔認識であったと報告している。2010年のバイオメトリクスのアプリケーションでは、個人認識と犯罪者認識が上位を占め、この傾向は継続するだろう。バイオメトリクスの、身分証明書、パスポート、PANカードなどへの利用も進むだろう。


この調査レポートは、バイオメトリクス市場の地域、技術、アプリケーションを調査している。新しいバイオメトリクス技術と垂直市場を国毎に調査し、関連する予測も行っている。市場勢力図の分析と、企業による採用の最新情報とその事業の概観を記載している。この調査レポートは、バイオメトリクスの産業を徹底的に分析し、投資家やベンダに必要な情報を明示している。



【調査レポート】
世界のバイオメトリクス市場調査:市場動向、地域別分析、技術とアプリケーション、2012年までの将来予測
Global Biometric Forecast to 2012
リンク

◆インド RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。