logo

米国の携帯端末以外の無線への支出は2014年に50億ドルを上回る

米国の市場調査会社インスタット社は出版レポート「米国の企業規模および垂直市場毎の支出データ 2009-2014 年-US Business Spending, 2009–2014」のプレスリリースにおいて、経営とサポートサービス、医療とソーシャルサービス、プロフェッショナルサービスの垂直市場は、2010-2014年に70%以上成長するだろう、との予測結果を発表しました。

米国のビジネス市場で必要とされている、タブレット、ノートPC、Eリーダーなどの、モバイル端末以外の3Gや4Gのデバイスの数と種類は、ビジネス向け無線支出全般においてますます増加している。米国調査会社インスタット社は、携帯端末以外の3Gや4Gのサービスへの支出は、2014年に50億ドルを上回るだろうと予測している。


「ビジネスにおけるモバイルの重要性がより高くなって、無線接続がますます普及するようになると、生産性を高めるために新技術が使用されるようになるのは必然である。このカテゴリの支出が成長することは当然のなりゆきで、無線への支出はさらに拡大するだろう」とインスタット社のアナリストGreg Potter氏は語る。


インスタット社は、下記についても調査した。

●企業の支出の62%以上が、携帯端末以外のデータサービスで、2010年に19億ドル以上であった
●経営とサポートサービス、医療とソーシャルサービス、プロフェッショナルサービスの垂直市場は、2010-2014年に70%以上成長するだろう
●医療とソーシャルサービスの垂直市場は最大の割合を占めており、2010年に4億ドル以上であった
●この調査レポートは、2009-2014年の米国のビジネス向け無線支出を事業規模毎、垂直市場毎に分けて予測し、エクセルファイルで提供している


インスタット社の調査レポート「米国の企業規模および垂直市場毎の支出データ 2009-2014 年:非端末による無線データ支出 ー US Business Spending, 2009?2014: Non-Handset Wireless Data Spending by Vertical Market and Size of Business」は、2009-2014年の米国のビジネス向け無線支出を事業規模毎、垂直市場毎に分けて予測し、エクセルファイルで提供している。


予測は、以下の企業規模に分けて記載している。

◆SOHO(従業員1-4人)
◆小規模企業(従業員5-9人、10-19人、20-99人)
◆中規模企業(従業員100-499人、500-999人)
◆大企業(従業員1000-4999人、5000-9999人、1万人以上)



予測は、以下の垂直市場に分けて記載している。

■経営とサポートサービス、廃棄物管理
■芸術とエンターテインメント
■建築業
■教育産業
■銀行業、証券業
■林業、漁業、農業
■行政
■医療、ソーシャルサービス
■宿泊業、料飲業
■情報・通信
■企業管理
■製造業
■鉱業
■その他のサービス業
■プロフェッショナルサービス
■不動産業
■小売業、貿易業
■交通・運輸
■公益事業
■卸売業


【調査レポート】
米国の企業規模および垂直市場毎の支出データ 2009-2014 年:非端末による無線データ支出
US Business Spending, 2009–2014: Non-Handset Wireless Data Spending by Vertical Market and Size of Business
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事