logo

OKI、プリンタと複合機の消耗品個装箱を環境配慮型に変更

Tokyo, Apr 5, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:杉本晴重、本社:東京都港区)は、このたび、国内向けLEDプリンタとLED複合機のトナーやイメージドラムなどの消耗品約200種類の個装箱を、これまでの白箱から茶箱に変更します。環境負荷低減の観点より素材や仕様を全面的に見直したもので、3月末より新個装箱での出荷を順次開始しました。

OKIでは、日本を含めた世界120の国と地域で販売しているプリンタと複合機の本体とオプションの個装箱は、すでに全て環境配慮型の茶箱を使用しています。今回、ダンボールを使用している年間約80万個にのぼる国内向け消耗品個装箱をリサイクル性も考慮して環境配慮型の茶箱へ変更することで、環境負荷の大きいダンボールの脱色工程が不要となり、年間450キログラムのCO2排出量削減を見込んでいます。

消耗品個装箱は、外部からの衝撃や落下に伴う衝撃から商品を保護するという基本機能を満たし、無駄の無いコンパクトなデザインにして輸送効率をあげることで、環境性と経済性を向上させてきました。また、2003年以降に発売したプリンタのトナーカートリッジでは、緩衝材として発泡スチロールを使わずに、耐衝撃性を確保した上でより環境性能の高いダンボールとエアーキャップを採用しています。

OKIデータでは、商品ライフサイクル全体のCO2排出量を軽減するため、代表的新商品のLCA(ライフサイクルアセスメント)によるCO2排出量を2012年に2007年比でマイナス6%にすることを目標としています。今回の取り組みは、この活動の一環で、今後は海外向け消耗品個装箱もそれぞれの市場特性を考慮しながら、順次、環境配慮型の茶箱へ切り替えを目指していきます。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 永野
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。