logo

オンライン麻雀「Maru-Jan」Version14新発売 !三麻卓、段位卓を実装し、牌の演出を一新

  株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は4月1日(金)より、運営中のオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」にて、「Maru-Jan Version14」を配信します。

今回のバージョンアップでは、よりリアルな麻雀を追及するために、牌の画像や演出などを大きくリニューアルした他、新たなルールの卓を複数追加するなど、大幅なバージョンアップとなります。

■よりリアルさを追求した牌と、演出の強化
 これまでも何度かリニューアルを重ね、リアリティを追求してきたMaru-Janの牌ですが、さらなるリアルさと見やすさを求め、今回は陰影にまでこだわって再度リニューアルを行いました。
また、画像のリアルさだけではなく、あがった時や振り込んでしまった時の「ドキドキ感」という部分までも再現するため、「手牌を倒す」瞬間をカットインによって演出いたしました。これにより、相手のあがり形がよりよく見えるようになり、シニア層の皆様にも実際の麻雀と同じような麻雀のダイナミズムを味わっていただけます。
※特許出願中

■三麻卓
 以前よりお客様からの要望が多かった、三人麻雀用のゲームモード、「三麻卓」を実装しました。
 三人麻雀では、四人麻雀と比べ半荘の時間が短く、高得点の役が出やすいことなどから人気があり、四国地方など四人麻雀よりも一般的な地域もあります。
 ルールにも様々なバリエーションがありますが、今回Maru-Janで採用した三麻ルールは以下の通りとなります。

・ 使用牌は二萬~八萬を抜いた108枚
・ チー、三色同順はなし
・ 北はオタ風でドラ扱い
・ 喰いタン、後付けあり
・ 赤ドラあり(5筒、5索、各1枚ずつ)
・ 積み棒(ロン1,000点、ツモ500点ずつ)
・ 不聴罰符(場に3,000点)

 三麻卓では、1半荘100ポイントで対局をお楽しみいただけます。

■段位卓
 よりハイレベルな対局を求めるユーザー向けに、一定の条件以上のユーザーのみ入室可能な「段位卓」を実装しました。
 Maru-Janでは、対局をすることで「雀力」を溜めて級を上げ、20級から1級、さらに初段、二段と、「段位」を獲得していくことができます。段位卓は、初段以上を持つユーザーのみ入室が可能となります。
 また、勝ち負けによって増減する「フラッグ」を50本以上保持しているユーザーは、初段未満でも段位卓に入室することができます。

■ゆっくり卓
 今回の新バージョン開発にあたり、60代・70代の方を対象にモニタリングを実施しました。その結果から、より幅広い年代の方に楽しんでいただけるよう、これまで「体験卓」として設置していました、打牌制限時間15秒の卓について、「ゆっくり卓」としてリニューアルいたしました。
 これは、普段オンラインゲームなどをプレイしない方だけでなく、パソコンの操作に不慣れな方でも気軽に麻雀を楽しんでいただきたいと考えたものです。Maru-Janに訪れる全ての麻雀好きが自分のペースで楽しめるサービスであるべく、今回、段位卓と共にゆっくり卓をご用意いたしました。

■マルジャン放送局 Maru-Jan Version14発売スペシャル
 また、今回の大幅なリニューアルにあたり、Maru-Jan公式サイト内の動画ライブ配信企画、「マルジャン放送局」において、開発責任者の栢 孝文自らがMaru-Jan Version14を紹介する番組を放送いたします。

◇日時:4月7日(木)夜7時~ 
◇出演:Maru-Jan開発責任者・株式会社シグナルトーク代表 栢 孝文
◇視聴ページ:リンク

■■■ 参考URL
オンライン麻雀「Maru-Jan」 :リンク
Maru-Jan Version14説明ページ :リンク
株式会社シグナルトーク :リンク

■■■ 株式会社シグナルトーク 概要
社名 :株式会社シグナルトーク
公式ホームページ:リンク
所在地 :東京都大田区
代表 :栢 孝文
事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売

■■■ 製品概要
ジャンル:高級オンライン麻雀ゲーム
発売日 :2004年4月26日
料金  :東風1戦 80ポイント(80円相当)
      東南1戦 150ポイント(150円相当)
      三麻1戦 100ポイント(100円相当)
      また、1位の人は無料でゲーム続行が可能
対応OS :Windows 7,Vista,XP,2000,98
CPU   :一般的なもので快適に動作します
      266MHz以上(Core、Pentium、Phenomなど)
メモリ  :256MB以上 (512MB以上を推奨)
ビデオ環境:VRAM 2MB以上(3D機能は不要)
通信環境 :一般的な通信環境で快適に動作します
      64kbps以上(ブロードバンド環境を推奨)

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。