logo

ウルシステムズ、先端技術コンサルティング事業を強化

クラウドやスマートフォンを中心に、ユーザー主導の中立なサービスを提供

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、クラウド及びスマートフォン関連の先端技術コンサルティング事業を強化し、4月1日より新しい組織体制でコンサルティングサービスを提供していくことを発表します。

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、クラウド及びスマートフォン関連の先端技術コンサルティング事業を強化し、4月1日より新しい組織体制でコンサルティングサービスを提供していくことを発表します。

各種クラウドサービスやスマートフォン市場が立ち上がりつつある昨今、基幹業務システム含めて本格的かつ大規模にクラウドやスマートフォンの導入を検討するお客様も増えてまいりました。しかし一方で、ベンダー各社による似たようなサービスが乱立しつつあり、導入や選定、及び大規模基幹業務への本格的な適用方法含めて「中立な立場で」「発注側を支援する」コンサルティングサービスが欠けていました。そこでウルシステムズは、これまでのノウハウを生かしつつクラウドやスマートフォンを中心とした先端技術コンサルティング事業を強化し、ユーザー主導による正しい先端技術導入を支援していくことにしました。

今回提供する先端技術コンサルティングは、大規模基幹業務へのクラウド技術の導入支援、Hadoop(注)関連のオープンソース技術支援、基幹業務向けスマートフォン導入支援の3つです。いずれもベンダーに依存することなく、中立独立の立場でお客様に最適な技術を導入いただくことを目的にしています。

また組織体制も強化していきます。テクノロジーセンターを新設すると共に、クラウド関連の技術コンサルティング部隊を10名以上の規模で組織します。今後3年間で、30社以上の大規模ユーザーへの導入を目標にしています。


■先端技術コンサルティングサービスの内容

・大規模基幹業務へのクラウド導入支援
効果測定、導入方法論の教育、ベンダー選定支援、設計開発サービスの提供
発注企業側における大規模で柔軟なクラウド環境の構築支援

・Hadoop関連のオープンソース技術支援
基幹バッチ業務向けソフトウェア「Asakusa Framework」の導入・技術支援
クラウド関連オープンソース技術の基幹業務への導入支援、保守サービス

・基幹業務向けスマートフォン導入支援
基幹業務向けスマートフォンアプリの企画、設計・構築支援

■組織体制の強化

・テクノロジーセンターの新設
クラウド技術及びスマートフォン技術の研究開発を行う専門部隊

・クラウド関連技術コンサルティング部隊の体制強化
「Asakusa Framework」のオープンソース化、技術コンサルティングの実施
Hadoop等のオープンソース技術部隊


※Asakusa Framework及びこれらのロゴは、ウルシステムズ株式会社の日本及びその他の国における商標又は登録商標です。その他の製品名及びサービス名等は、それぞれ各社の商標である場合があります。

===============
■ウルシステムズ株式会社 概要

ウルシステムズ株式会社は「戦略的ITコンサルティング」のリーディングカンパニーです。ビジネスとITのギャップを埋めるITコンサルティング事業と、 独自のノウハウを活かしたソフトウェアの開発・販売事業を展開しています。高い技術力と独自の知的資産を武器に、中立独立の立場でユーザー企業の発注力を 強化するサービスを提供しているのが特徴です。流通業・製造業・情報サービス業を中心に、優良企業に対する数多くの実績を持っています。
URL     : リンク
会社名  : ウルシステムズ株式会社    代表者  : 代表取締役社長 漆原 茂
本社   : 〒104-6014 東京都中央区晴海1-8-10 TEL(03)6220-1400 FAX(03)6220-1401
設立   : 2000年7月25日    資本金  : 8億1,428万円(2010年3月31日現在)
事業概要 : ITコンサルティングサービスの提供、ソフトウェアソリューションの開発・販売

■本件に関するお問い合わせ
ウルシステムズ株式会社  広報室 氏家
TEL:03-6220-1400 Email : press@ulsystems.co.jp

用語解説

(注)Hadoop 
オープンソースソフトウェアコミュニティ Apache Software Foundationにて開発・公開されている、分散処理を行う基盤ソフトウエア(リンク)。大規模データを多数のサーバーに分散して蓄積するとともに、大量・複雑な計算を並列処理し、データを高速に処理できる技術として注目を集めている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。