logo

EZweb公式サイト「Living Games」にて 本格戦略シミュレーションゲーム第三弾 『白銀の極北戦線<Panzer Tactics Episode3>』を配信開始

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、EZweb公式サイト「Living Games」(リビングゲームズ)にて、3月31日より『白銀の極北戦線』の配信を開始しました。

【概要と主な特長】
■概要
時は第二次世界大戦、舞台は北欧フィンランド。「冬戦争」「継続戦争」と呼ばれるソ連とフィンランドとの戦いを再現。あなたは部隊を率いる指揮官となり、この歴史的な戦いの中、自分の部隊や友軍を指揮し、それぞれの戦いで勝利していこう。
本作では、北欧の厳しい気候の中での戦いとなるため、戦車だけではなく、様々な種類の部隊を使いこなすことが勝利の鍵となります。

■主な特長
1) 数多くの部隊を組み合わせ、使いこなすことが戦いの基本!
『白銀の極北戦線』では、歩兵隊、偵察隊、砲兵隊、戦車隊、戦闘機、爆撃機など、100種類を超える部隊が存在します。多彩な部隊を組み合わせて戦術を組むことが大切です。
偵察隊で敵を探し、爆撃機と砲兵隊で敵を崩し、歩兵や戦車隊で敵拠点を制圧し、勝利しましょう。

2) 部隊は『将校』を配属させることで強くなる!
『将校』は様々な特殊能力を持っており、部隊の能力を向上させます。「戦車に強い」「地上戦に強い」「射程範囲を広くする」など戦術の要になる部隊になることは間違いありません。
また、戦闘を重ねることにより、階級(レベル)が上がると『将校』の能力も成長します。お気に入りの『将校』を見つけ、成長させていきましょう。

3) 最強の『主力部隊』を育てあげろ!
あなたの直属の部隊、『主力部隊』を10隊、そして『予備部隊』を5隊、合計15隊まで持つことができます。『主力部隊』はシナリオを通じて、戦闘経験を重ね、レベルアップしていきます。部隊のレベルが上がると戦闘力が上がっていき、あなたの軍団の中心部隊になることでしょう。
また、部隊は売却することも、新たに雇用することもできるので、もし戦闘で消耗してしまった場合には新しく部隊を補充しましょう。
本作より戦いの前に『主力部隊』と『予備部隊』の入れ替えを行うことができます。これにより、あなたは戦場にあった自由な部隊編成を行うことができます。

――あなたの手腕で、戦いの趨勢が決まる!

(c)www.handy-games.com GmbH
(c)Worker Bee Inc.

■主な仕様
○対応機種
CDMA 1X WINシリーズ以降(一部機種を除く)
○料金
420円(税込)/ダウンロード
○アクセス方法
au one > カテゴリ検索 > ゲーム > 総合 > Living Games

※「EZweb」はKDDI株式会社の商標または登録商標です。
※その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:小川
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
リンク
――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

白銀の極北戦線

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■「Living Games」および「WORLDゲーム城」概要
リンク(PC, ケータイ共通)
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルの国内各キャリア向けにサービスを行なっております。
国内に限らず海外で大ヒットを記録し高評価を得ているゲーム、もしくはゲーム性の高いコンテンツを収集し、当社のノウハウを加え、日本で配信しています。また、高品質なFlashコンテンツを無料で提供するLiving FLASHでは、配信中のアプリをモチーフとしたものや、サッカー関連やシーズン毎の待受FLASH等、充実した内容となっています。

■株式会社ワーカービー概要 リンク
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームやビジネスツールなどの開発、配信だけでなく、海外の良質なモバイルコンテンツを国内向けに移植、配信しております。

■Handy Games社 概要 リンク
Handy Games社はオリジナル版『Panzer Tactics 2』の開発会社です。ドイツ、ギーベルシュタトとルーマニア、ブカレストにオフィスを持ち、携帯ゲームやWAP技術開発を行っています。2000年の創立以降、携帯ゲーム機と携帯電話用ゲームについて豊富な開発実績をもち、この分野のマーケティングリーダーとして発展を続けています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。