logo

パイプドビッツ、ジャスト・ギビング・ジャパンへ「スパイラル(R)」を無償提供 ~東北地方太平洋沖地震の被災者救済を支援~

国内最大規模の情報資産プラットフォーム企業である株式会社パイプドビッツは、オンライン寄付プラットフォームを提供する一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパンに、ASP・Saas(クラウド)「スパイラル(R)」を無償提供することをお知らせいたします。
国内最大規模の情報資産プラットフォーム企業である株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下パイプドビッツ)は、オンライン寄付プラットフォームを提供する一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン(事務所:東京都港区、代表理事 湯本優、以下ジャスト・ギビング・ジャパン)に、ASP・Saas(クラウド)「スパイラル(R)」を無償提供することをお知らせいたします。




2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から2週間余りが経った今なお、被災地では行方不明の方々が多数おり、幸いにも避難することができた方々も、物資の不足や原発問題など大きな不安を抱えています。一方で、公共交通機関や道路などのインフラ整備、仮設住宅の建設や物資の供給、資金面での支援など、復興に向けた動きが急速に進んでいます。



ジャスト・ギビング・ジャパンでは、震災発生後3日目にして1億円を超える寄付を集めて、緊急災害支援Civic Forceに全額を届けました。また、震災前は1万人ほどであった会員数も、被災地の役に立ちたいという人々が集まり現在3万人を超えています。



パイプドビッツではこの会員に対して、被災地の正確な情報や義援金募集に関するお知らせなど、迅速な情報伝達に役立ててもらいたいとの思いから「スパイラル(R)」のメール配信サービスを無償で提供いたします。




■ ジャスト・ギビング・ジャパンとは ( リンク
2001年に英国で生まれたジャスト・ギビングは、インターネットを活用したファンドレイジング・ツールであり、1,200万人、980億円の寄付を集め、ファンドレイジング・ツールとして確固たる地位を築いています。2010年3月より日本においてもサービスを展開しており、現在は東北地方太平洋沖地震の被災者救済へ緊急支援を行っています。



※今回の「東北地方太平洋沖地震に伴う特別措置」として、JustGiving手数料+クレジットカード等決済手数料はチャリティ・プラットフォーム&JustGivingで全額負担し、全額上乗せ寄付(マッチングギフト)します。




■ 「スパイラル(R)」とは
「スパイラル(R)」は、2011年2月現在、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態の2,000 のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。
有事の際に有効な「緊急連絡確認メール」やメンタルヘルス不調者を、セルフチェックにより早期発見できる「こころの健康診断」など、皆様からお預かりする様々な種類の重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
なお「スパイラル(R)」は、環境効率を追求したサービスであり、お客様あたりの消費電力量を抑えた運用が可能なASP・SaaS(クラウド)形式で提供しています。



▼ 東北地方太平洋沖地震に対するパイプドビッツの取り組み
リンク



本件に関するお問合せ先
株式会社パイプドビッツ  (リンク
社長室 広報担当 : 高橋、立花(たちはな)
TEL:03-5771-6931 FAX:03-5771-6930
E-mail : pr@pi-pe.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事