logo

ソーラーパネル産業でのスマートコーティングのビジネスチャンスについて発表

米国の市場調査会社ナノマーケット社が出版レポート「太陽電池向けスマートコーティング市場調査-
Smart Coating for Photovoltaics」のプレスリリースにおいて、2016年には太陽光発電セクターでの自動洗浄スマートコーティングの販売は、1億5000万ドル以上に達するだろう、との予測結果を発表しました。

米国の調査会社ナノマーケット社の調査レポート「太陽電池向けスマートコーティング市場調査 ー Smart Coating for Photovoltaics」は、ソーラーパネルメーカにとって、スマートコーティングは、効率がよく、低コストで、付加価値の高い製品を提供できる技術であると報告している。なぜならば、スマートコーティングは太陽光発電産業で成功できる3つの主要な要因を備えているからであり、現在は取るに足らない太陽光発電セクターにおけるスマートコーティングの販売額は、2016年に5億400万ドル、2018年に8億4700万ドルにまで達するだろうとナノマーケット社は報告している。



調査レポートから:

●自動洗浄コーティングの太陽光発電パネルは、パネルの性能を高め、メンテナンスコストを低減することができる。自動洗浄のガラスはすでに主要なガラスメーカーで利用可能で、太陽光発電分野での採用に関しても、技術的には大きな飛躍ではない。2016年には太陽光発電セクターでの自動洗浄スマートコーティングの販売は、1億5000万ドル以上に達するだろう
●エレクトロクロミック(電力による色を変える技術)と、よく似たオンデマンドで着色するスマートコーティングは、2016年に太陽光発電セクターでの販売額が2億2200万ドルに達するだろう。ナノマーケット社は、エレクトロクロミックスマートウインドウによる建材一体型(BIPV)のガラスパネルの融合によって、大きなビジネスチャンスが訪れていると見ている。ナノマーケット社はまた、日没後に照明として利用できる、OLED技術を組み込むエレクトロクロミックの太陽光発電ウインドウにも将来性があるとみている
●熱変色性のスマートコーティングもまた、太陽光発電において大きな役割を果たすだろう。決定的に破損する可能性のあるような非常に高い温度条件の下で、パネルを「オフ」にするような使い方ができる。特に、CdTe PVなどのいくつかの太陽光発電技術は、あまりに高温でパネルを使用すると、加熱や損傷に弱い



この調査レポートについて:

●この調査レポートは、太陽光発電分野における自動洗浄、自動復元、エレクトロクロミック、サーモクロミック(熱変色性)のコーティングの8年間の市場を予測している。太陽光発電に使用されるスマートコーティングの主要なビジネスチャンスの分析と、8年間の量と金額の両方に分けて予測している。
調査対象企業は、バイエル マテリアルサイエンス、Cardinal Glass、コーニング、ジェンテックス、GlasNovations、日本板硝子、日産化学、PPG、Peer、SAGE Electrochromics、サンゴバン、Soldadigmなどである。



【調査レポート】
太陽電池向けスマートコーティング市場調査
Smart Coating for Photovoltaics
リンク

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事