logo

RFIDによる食品の安全とトレーサビリティシステム

タグ、近距離通信、RFセンサ、デジタルデータロガ

食品のトレーサビリティーは従来、食品の生産、加工、パッケージ、輸送、販売の各社が、「前後のワンステップ毎に」記録保存することを要求されてきた。その目的は、消費現場から生産現場を迅速に「突きとめる」ためであり、すべての食品とその添加物等について、病気等の発生に関わる食品由来の物質を特定できるようにであった。食品産業の各社は、「だれからそれを購入して、だれに販売したか」を示している記録を明確にしなければならない。米国の新しい法律は、このような情報の産業全体のデータ規格の確立に注力しており、FDA(アメリカ食品医薬品局)が食品由来の病気の発生を総合的に防止するための新しい規則を開発して発表するためのトレーサビリティを確立しなければならない。この調査レポートは、食品安全近代化法(Food Safety Modernization Act、FSMA)として知られている最新の食品安全に関する法律を概観している。この法律が、食品業界の自動認識技術の採用にどのように影響するかについて、短期的と中期的な見通しを分析している。2010-2015年のコールドチェーン(低温流通体系)におけるRFID対応のデータ記録装置の使用の予測と、食品業界の技術サプライヤへのインタビューから得た情報、食品業界のトレーサビリティと安全性に関するイニシアチブの第一次調査、米国政府機関の発行する報告書のアナリストのレビューも掲載している。


【調査レポート】
RFIDによる食品の安全とトレーサビリティシステム:タグ、近距離通信、RFセンサ、デジタルデータロガ
RFID-enabled Food Safety and Traceability Systems
Tags, NFC, RF-enabled Sensors, and Digital Data Loggers
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。