logo

OKI、特別支援学校でキャリア教育の出前授業を実施

Tokyo, Mar 29, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェル(社長:津田貴、本社:東京都港区)はこのたび、東京都立八王子東特別支援学校(校長:田村康二朗、所在地:東京都八王子市、以下 八王子東特別支援学校)において、小学部5年生を対象にキャリア教育の出前授業を行いました。

OKIワークウェルは障害者雇用を専門に行う特例子会社で、高度なITスキルを持つ重度障害者が在宅勤務でホームページの作成、ポスターデザインなどを行っています。これまで社員による福祉教育を目的とした出前授業を行ってきましたが、今回、障害者の多様な社会参加の姿や将来の夢や希望を実現するための努力の大切さを知ってもらうため、キャリア教育の出前授業を初めて実施しました。

文部科学省では、「児童生徒一人一人の勤労観、職業観を育てる教育」であるキャリア教育を積極的に推進しています。今回、授業を行った八王子東特別支援学校は、2010年度に東京都教育委員会より肢体不自由特別支援学校におけるキャリア教育の推進を図るための研究指定校に選定され、生徒のキャリア教育に積極的に取り組んでいる学校です。

出前授業は2011年2月22日、小学部5年生(4名)を対象に実施しました。OKIワークウェル社長および同社の在宅勤務社員の2名が講師となり、ITを活用した障害者の多様な働き方や仕事の体験談を語りました。また、職場疑似体験として多地点音声コミュニケーションシステム「ワークウェルコミュニケータ」を用いて複数の在宅勤務先をつなぎ、ホームページ作成のデモンストレーションを行いました。その後、子どもたちに社員との挨拶メールのやり取りを体験してもらいました。

今後もOKIワークウェルは、社会貢献活動の一環として子どもたちの勤労観・職業観を育成するキャリア教育を支援し、特別支援学校での出前授業を行っていきます。

【OKIワークウェル概略】
社名:株式会社沖ワークウェル
社長:津田 貴
資本金:1,000万円
設立:2004年4月1日
従業員数:55名(2011年1月現在)
主な業務:ITサービス(ホームページ作成、ポスターデザイン、PC作業全般)、名刺作成、障害者の在宅雇用コンサルティング
URL: リンク

【関連リンク】
OKIワークウェルの出前授業について
URL: リンク
「ワークウェルコミュニケータ」について
URL: リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 永野
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。