logo

死角検知と障害物検知システム

横と後方の死角検知の自動カメラとレーダーセンサシステム

自動車の死角検知(BSD)システムの市場は、2016年まで成長し続けるだろう。車線変更補助や交差点警告などのアドオン機能に促進されて、アプリケーションの人気が高まるだろう。単独機能としての死角検視システムは、これまでは決して人気のアプリケーションというわけではなかったが、新しいアドオン機能と組み合わさることによって、今後1、2年間、市場に参加する企業により大きなビジネスチャンスを提供することになるだろう。この調査レポートは、死角検出システムの現状に至る技術の進化を分析し、2016年までの世界の地域毎の市場予測を行っている。自動車メーカーやサプライヤ毎の特徴を概観し、市場に影響を与える主要な要因について詳述している。


【調査レポート】
死角検知と障害物検知システム:横と後方の死角検知の自動カメラとレーダーセンサシステム
Blind Spot Detection and Cross Traffic Alert Systems
Automatic Camera and Radar Sensor Systems for Side/Rear Blind Spot Detection
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事