logo

プロ家庭教師による湘南学園の受験指導体験談を公開!中学受験専門家庭教師【代々木進学会】

湘南学園合格!まず「足腰」を鍛えよう!―算数偏差値50を突破するために―

【講師】H.O.先生  【指導生徒】S.T.君  【合格校】湘南学園

算数の成績があがらない!というのは多くの中学受験生が持っている悩みでしょう。
特に、模擬試験の平均点(すなわち偏差値50)になかなか近づくことが出来ないという悩み、お持ちではないですか?
ひょうきんでクラスの人気者だけれども、算数が苦手な小学5年生T君もそうでした(指導開始時の偏差値40程度)。

彼には、初回指導時に、あるプリントを解かせました。
それは、「9+2、5+5、6+0・・・」といった一桁の足し算が100個並んでいるプリントです。
「これ解ける?」そう聞くと、フフンと鼻を鳴らして、「解けるよ!」といいます。
アタリマエですよね。小学1年の計算ですから。「じゃあ、何分で解けるかやってみようか」というと、T君は嬉々として取りかかります。

問題はそこからです。
偏差値50代後半のお子様なら2分30秒程度で出来るこのプリントに、5分弱かかってしまったのです。
しかも間違いが2つありました。これは大きな問題です。
一桁の足し算レベルで、時間が2倍かかっていて、まともに勝負することなど出来るでしょうか?
ましてや四則混合、小数、分数の計算問題になると、更にその差はぐんと広がります。
しかし、この差は埋められない差ではありません。
「簡単な」計算練習(一桁の足し算、かけ算)を馬鹿にせず、徹底してやり続けることで、目に見えて計算は速くなりますし、タイムを縮めるんだという強い意識は、強い学習意欲へとつながります。
まずは最初の2ヶ月みっちりと「足腰」を鍛える。それから、「考える力」を伸ばしていく。

T君は、この指導により最終的に偏差値を40代後半まで伸ばすことが出来ました。
多くの受験生がひしめき合う偏差値40~50において、偏差値を5UPすることは多くの努力を必要とします。しかしそれでも成功する道があるとするならば、地道に基礎を固めるしかないのです。


*************
代々木進学会のサイト(リンク)では、
首都圏の中学受験合格体験談を多数掲載中!

■会社概要
商号/株式会社イスト
代表者/代表取締役 西内 識晃
所在地/〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-60-11 東興本社ビル8F
事業内容/
【塾講師アルバイト紹介】塾講師キャリア リンク
【私学教員・塾講師派遣】EMPS リンク
【中学受験専門家庭教師】代々木進学会 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事