logo

(大阪府箕面市)東北地方太平洋沖地震で被災されたかたを受け入れていただけるかた(個人宅・社宅など)を募集します

箕面市では、東北地方太平洋沖地震で被災されたかた、および福島原子力発電所事故により避難を余儀なくされたかたに安心できる時間を過ごしていただけるよう、個人宅や社宅などの空き室を提供し、受け入れていただけるかたを募集します。
平成23年(2011年)3月18日(金)から3月30日(水)まで募集します。

■一般のご家庭で受け入れていただく場合と社宅などの空き室で受け入れていただく場合の2種類があります。
1.一般のご家庭で受け入れていただく場合
(1)以下のとおりご提供いただきますようお願いします。
① 安心できる時間・場所の提供をお願いします。
② ふすま、扉等で区切られた部屋の提供をお願いします。
※部屋の広さは問いません
③ 食事または自炊道具・場所の提供をお願いします。
④ 1か月以上継続した受け入れをお願いします。
(2)受け入れ期間 原則1か月以上
(3)経費負担 
○光熱水費および食費の一部として市が謝金をお支払いします。
○謝金は受け入れた人数お1人につき1か月1万円をお支払いします。
(4)次の条件を満たすかたの受け入れをお願いする予定です。
  ① 東北地方太平洋沖地震により被災し、住宅に甚大な被害を受け、困窮されているかた(福島原子力発電所事故による避難区域に指定された地域にお住まいのかたを含む)
  ② 受け入れ先が決定後、ご自身で箕面市役所までお越しいただけるかた
  ③ 1か月後にご自身で生活の基盤を整えることができるかた
(5)申込み方法
  受け入れていただけるかたは、次の項目についてご連絡ください(電話、ファクスまたはメール)。登録させていただき、調整後、改めてご連絡します。
  ① 世帯主のお名前
  ② ご住所
  ③ ご連絡先
  ④ 受け入れていただける人数
  ⑤ その他受け入れにあたっての条件等
2.社宅、社員寮等の空き室で受け入れていただく場合
(1)以下のとおりご提供いただきますようお願いします。
① 空き室の提供をお願いします。
※部屋の広さは問いません
② 家賃は無償でお願いします。
(2)受け入れ期間 概ね6か月程度
(3)次の条件を満たすかたの受け入れをお願いする予定です。
① 東北地方太平洋沖地震により被災し、住宅に甚大な被害を受け、困窮されているかた(福島原子力発電所事故による避難区域に指定された地域にお住まいのかたを含む)
② 受け入れ先が決定後、ご自身で箕面市役所までお越しいただけるかた
③ 6か月後にご自身で生活の基盤を整えることができるかた
(4)申込み方法
社宅、社員寮などの空き室をご提供いただけるかたは、次の項目についてご連絡ください(電話、ファクスまたはメール)。登録させていただき、調整後、改めてご連絡します。
  ① ご提供いただけるかたのお名前(個人・企業名)
  ② 所在地
  ③ 所有されているかたのお名前・ご連絡先
  ④ 空き室の状況(規模・部屋数)
  ⑤ その他受け入れにあたっての条件等
3.募集期間
平成23年(2011年)3月18日(金)から3月30日(水)まで
(その後も被災地の状況に応じて、適時受け付けを行います。)
4.その他宿泊場所の確保
 一般のご家庭、社宅などのほか、市営住宅・公共施設でも被災されたかたに宿泊場所を提供できるよう準備を進めています。
5.入居希望者について
 現在、市のホームページの特設ページにて入居者を募集するため、準備を進めています。
6.申込み・問い合わせ先 
箕面市 人権文化部 人権国際課
電話:072-724-6720(平日の午前8時45分から午後5時15分のみ)
ファクス:072-721-9907
メール:jinken@maple.city.minoh.lg.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。