logo

Kingston、2010年の売上高65億USドルを達成

1987年の創業以来、最高の売上高を記録

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは3月15日、2010年の売上高が創業以来最高となる65億USドルを達成したことを発表いたしました。

2010年の売上高は、2009年の売上高41億USドルから24億USドルもの大幅増加を記録し、その主な要因は、平均販売価格(ASP:Average Selling Price)の上昇と出荷数量の増大にあります。Kingston製品の平均販売価格(ASP)は2010年、特に第1四半期にほとんどの製品で上昇し、この傾向は年末まで続きました。OEM向け売上とフラッシュ事業部の売上の両方が増えたことからも明らかなように、需要は企業顧客と一般消費者の両面で堅調でした。

Kingstonの共同創設者の1人であるデービッド・スン(David Sun)は「Kingstonは2010年、回復傾向にある世界経済の恩恵に加えて、いくつかの幸運に恵まれて創業以来最高の売上高を達成することができました。我々は、パートナー企業やベンダーとともに辛抱強く働いてくれた熱心で勤勉な社員を持っていること、そしてKingstonのお客様が我々の製品に常に関心を持ち利用してくれたことを確信でき、非常に幸せに思っています。」と語っています。

Kingstonは、1995年に10億USドルの売上高を達成し、その後2004年は20億USドル、そして2005年には30億USドルを達成しています。Kingstonのこれまでの最高売上高は2007年に記録した45億USドルです。2009年の売上高は41億USドルでした。

また、Kingstonは、米国市場調査会社iSuppli社が実施した調査において、2010年上期のサードパーティDRAMモジュール市場におけるシェアを45.8%に拡大(2位と38.2%の差)し、世界第1位にランク付けされました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。