logo

フィードパス、「東北地方太平洋沖地震」被災地へ 「feedpath Calendar」の売上を義援金として寄付決定

クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパス株式会社 (本社: 東京都港区
代表取締役社長CEO: 津幡 靖久 以下、フィードパス)は、3月11日(金)に発生した「東北地方太平洋沖地震」への義援金として、弊社のクラウド型グループカレンダーサービス「feedpath Calendar」の売上を寄付することを決定いたしました。

今回の地震による被災者の救済および被災地の復興に役立てていただくため、本日から4月15日までの「feedpath Calendar」新規申込の売上全額を寄付いたします。売上は現在「東北地方太平洋沖地震」への緊急支援事業を実施している、公益社団法人 CIVIC FORCE(東京都港区 代表理事: 大西健丞氏 以下、CIVIC FORCE)へ寄付させていただき、被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、弊社として全力を挙げて支援してまいります。

■CIVIC FORCEについて 【 リンク
国内の大規模災害時に迅速で効果的な支援を行うための NPO/NGO・企業・政府・行政の連携組織です。 災害時支援に必要な 情報、人、資金、モノ が 組織内で共有・活用されることで円滑で効果的な支援を可能にします。

■「feedpath Calendar」について【 リンク
「feedpath Calendar」は、スケジュール共有・スケジュール管理・シフト管理に特化したクラウド型グループカレンダーです。社員や社内設備/施設のスケジュール共有が簡単に行え、携帯やPhone、Android、 Blackberryからモバイルスケジューラーとしてもご利用いただけます。

■フィードパス株式会社について【 リンク
フィードパス株式会社は、クラウドからビジネスアプリケーションを提供するリーディングカンパニーです。組織内における効果的で価値が高い情報共有を支援するアプリケーションソフトウェアの企画・開発・販売・運用を主に行っています。お客様に最適なサービスを最速でご利用いただくため、これまでのパッケージ型アプリケーション提供ではなく、お客様のニーズに応じオンデマンドでクラウドからアプリケーションを提供します。

■お問い合わせ先
フィードパス株式会社 広報担当 西川 
東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 2階 CROSS COOP内
TEL:03-4530-0555  MAIL:fp-relations@feedpath.co.jp
Twitter:@feedpath

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。