logo

ウガンダのエイズプロジェクトへ協力~G Data

ウイルス対策ソフト会社であるG Dataは、国際NGO「プラン」の「ウガンダにおけるエイズプロジェクト」に協力し、人類を蝕むウイルスに対しても戦いを挑みます。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Jag 山本)の親会社であるG Data Software AG(本社:ドイツ、ボーフム市、代表取締役:ディルク・ホッホシュトラーテ、フランク・ハイスラー)は、ハノーバー市にて開催されていた国際IT展示会 CeBITにて、2011年3月4日(金)、「国際NGOプラン・ドイツ」に総額30,000ユーロの寄付を行い、「ウガンダにおけるエイズプロジェクト」を支援しました。

子どもたちとともに途上国の地域開発を進める国際NGOである「国際プラン・ドイツ」のマネージャであるマイケ・ロッター(Maike Röttger)は、当日、G Dataブースにおいて、次のようなコメントを発表しました。

「国際プラン・ドイツに対する、日頃のG Dataへの協力には、心より感謝しています。今回は特に、世界的に重要な課題となっているHIV感染を食い止めエイズを撲滅しようとするこのプロジェクトへの支援にも取り組んでいただき、とてもうれしく思っています。」

G Dataでは、2008年12月より、「国際プラン・ドイツ」(Plan International Deutschland e.V.)を通じて、アフリカや南米、そしてアジアで援助を必要としている50人の子どもたちを長期的に支援するプロジェクト「1 Euro for Children in the Third World」を立ち上げています。ドイツと日本の弊社オンラインショップで購入いただいた製品ごとに1ユーロ(約115円相当)を第三世界で暮らす子どもたちへの支援金にあて、彼らの生活環境の改善を目指しています。また、ウガンダにおけるエイズプロジェクトには、2009年より参画しています。G Dataは、子どもたちの暮らしを少しでもよくできるような寄与となれば、と願っています。(詳細は、リンク

*ただいまキャンペーン実施中です
 「G Data Internet Security 2011 1年版/1台用 ダウンロード版」
 期間限定で1,000円引き、1,980円で提供しています
 リンク
 
ウガンダにおけるエイズ プロジェクトについて
中部アフリカのウガンダでは、100万人以上がHIV感染もしくはAIDSを発症していると言われています。80万人以上がすでに免疫欠損の結果で亡くなられています。ウガンダ人の子どもの約20パーセントはAIDS孤児です。プランのプロジェクトがかかわっている、60万の住人がいるトロロ(Tororo)地区では、約3万人がHIV陽性です。
本プロジェクトは、医療施設の建設を目指すとともに、HIV感染に対しては、特に感染母体から新生児を保護するプログラムに焦点が当てられています。女性は、HIVがないかどうか妊娠中にテストされ、それに従ってアドバイスを受けます。感染した妊娠中の母親は、胎児の感染の危険を最小化できるような薬を受けとることができます。また、新生児もすぐさま、感染から守るための医療処置を受けることができます。(詳しくは、リンク

*「プラン」とは 
第三世界を対象とした子どもたちへの援助を行い、子どもたちの権利を広げることを目的とし、日本を含む世界65カ国で活動を展開する、国連に公認・登録された国際NGOです。単発ではなく、長期的な視野に立ち、子どもたちの生活環境を改善することを目指しています。(プラン・ジャパンのホームページ:リンク

*ドイツ語版のニュースと画像は下記URLにあります↓
リンク

ジーデータソフトウェアとは
G Data Softwareは、1985年に創業し、1987年に世界最初の個人向けウイルス対策ソフトを発売した、ドイツのセキュリティソフトウェア会社です。 EUを中心に、個人向け・法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、フィッシング対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。その結果G Dataのセキュリティ製品群は、マルウェアやフィッシング詐欺サイトを常に高検出することに定評があり、過去5年間にわたって、第三者機関・雑誌における受賞獲得数は他社の追随を許しません。

*本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】 
G Data Software株式会社 
101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル6F
窓口: 瀧本往人 
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

CeBIT会場にて、右:D・ホッホシュトラーテ(G Data)、左:M・ロッター(プラン・ドイツ)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.gdata.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事