logo

EMC、2010年のストレージ・ソフトウェア市場を上回る成長率を記録、 9年連続で首位を獲得

~米国IDCの調査レポート「Worldwide Quarterly Storage Software QView」~

2011年3月7日、マサチューセッツ州ホプキントン発:
EMC コーポレーション(本社:マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 社長 兼 最高経営責任者(CEO):ジョー・トゥッチ、NYSE 略号:EMC、以下EMC)は本日、米国IDCの最新の調査レポート「Worldwide Quarterly Storage Software QView」(1)において、世界のストレージ・ソフトウェア市場における総売上高で、9年連続で首位を獲得したことが明らかになりました。成長率において、EMCは市場上回る記録を達成しましたが、これは、「EMC FAST(Fully Automated Storage Technology)」や「EMCUnisphere」を始めとする新しいソフトウェア・テクノロジーが世界中のお客様に採用された結果です。
1) 出典: IDC Worldwide Quarterly Storage Software QView, March 2011

■ハイライト
・IDCによれば、EMCは総合的なストレージ・ソフトウェア市場において24.0%のシェアを確保し、2010年の年間第1位となりました。また、ストレージ・インフラストラクチャ、ストレージ管理、ストレージ・デバイス管理というストレージ・ソフトウェアの3つのカテゴリーでも首位を獲得しました。
・IDCによれば、EMCは2010年に前年比14.8%の成長を遂げ、ストレージ・ソフトウェア市場全体の成長率10.3%を上回りました。
・ ストレージ・インフラストラクチャ市場について、EMCは2010年に市場の2倍のスピードで成長し、市場を牽引しました。この成長は、2010年にEMCの主要ストレージ・プラットフォームすべてで提供され、パフォーマンスとストレージの効率性を大幅に向上させた「EMC FAST」テクノロジーが、お客様に受け入れられた結果と言えます。EMCは、このカテゴリーで32.3%のシェアを獲得しています。
・ストレージ管理について、EMCはシェア30.6%で第1位です。EMCは2010年、ユニファイド・ストレージ製品群全体の管理を効率化するストレージ管理ソフトウェア「EMC Unisphere」を発表し、高い評価を得ています。
・2011年3月4日には、2010年の外付けディスクストレージ・システム市場において売上ベースで首位を維持したことを発表しました(2)。
2) 出典: IDC Worldwide Disk Storage Systems Quarterly Tracker, March 3, 2011

EMCの情報インフラストラクチャ製品担当プレジデント兼COO(最高執行責任者)であるパット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)は以下のように述べています。
「ソフトウェアは当社のあらゆる事業の中核にあり、市場におけるEMCのリーダーシップは、ソフトウェアのシンプルさと効率性を高めるために注いできた膨大な投資とリソースが反映された結果です。EMCは、2010年の業績に大きな誇りを感じるとともに、業界で史上最大規模の製品発表によって2011年の幕開けを飾りました。この発表により、EMCが製品/サービスを提供するすべての市場のお客様に、さらに革新的なソフトウェア機能を提供することになります」。

# # #

■EMCコーポレーションについて
リンク
米国EMCコーポレーションは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、お客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

# # #

EMC、Unisphereは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。