logo

電気自動車が最も普及している市場はカリフォルニアとニューヨーク市

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「米国の電気自動車市場:2017年までのプラグイン電気自動車売上予測 (州/大都市統計圏/主要公共サービス)-Electric Vehicle Geographic Forecasts」
のプレスリリースにおいて、今後数年間にPEVの普及が最も進む都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコだろう、との予測結果を発表しました。

米国のプラグイン電気自動車市場の成長のためには、再充電ステーションのネットワークや、製品と製造計画の準備に取り掛かっている関連企業の多大な努力が必要である。PEVの普及は地域によって大きくばらつきがあり、連邦政府や地域自治体は、来るべき電力グリッドに接続する自動車のための電力の管理計画において、どのように配置し、どのような影響があるかを認識しなければならない。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「米国の電気自動車市場:2017年までのプラグイン電気自動車売上予測 (州/大都市統計圏/主要公共サービス) ー Electric Vehicle Geographic Forecasts:Plug-in Electric Vehicle Sales Forecasts by State, Metropolitan Statistical Area, and Selected Utility Service Territories」は、今後数年間にPEVの普及が最も進む都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコだろうと予測している。また、Southern California EdisonやPacific Gas & Electricなどの電力会社は、PEVの普及に対応しするために一層の対応を迫られることになるだろう。

「電気自動車の普及は、さまざまな国や地域で大きく異なるだろう。人口、消費者態度、都市、電力インフラストラクチャ、メーカーの導入計画などが、それぞれの地域でのPEVの採用に大きく影響するだろう」とパイクリサーチ社のシニアアナリストDave Hurst氏は語る。

【調査レポート】
米国の電気自動車市場:2017年までのプラグイン電気自動車売上予測 (州/大都市統計圏/主要公共サービス)
Electric Vehicle Geographic Forecasts
Plug-in Electric Vehicle Sales Forecasts by State, Metropolitan Statistical Area, and Selected Utility Service Territories
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。