logo

ロードバランサーリプレースキャンペーン

SSL公開鍵長2048ビットでのパフォーマンス低下率0%を実証 -PAS3716-SSL3000

この度、株式会社パイオリンク(以下PIOLINK)では、統合型アプリケーション・スイッチPASシリーズ(PASはPIOLINK Application Switchの略) の他社製品からの乗り換え推進(リプレース)キャンペーンを実施いたします。 本キャンペーンは暗号アルゴリズム2010年問題、SSL公開鍵長が2048ビットになることにより、他社製品では大幅に処理性能を落としてしまう製品があること、また機器のUPグレードには多額なコストが発生することなどから、TPS処理能力低下率が0%であるロードバランサの3716-SSL3000の優位性を広く知っていただくためのキャンペーンとなっています。

当社、アンペールではPIOLINK社ロードバランサが2048ビットに最も適したロードバランサであることを広く御知らせするために、ユーザがスムースに乗り換えを検討して頂くためのさまざまな支援策をキャンペーンとして独自にご用意致しました。PIOLINK製品の10年保証のサポート、優れたMTBF(平均故障間隔)、グリーンITに合致した低消費電力など、トータルな信頼性の高さに加え、鍵長2048Bit時代TPS処理能力の低下率0%というSPECは、他社製品をご利用中のお客様にも十分にアピールできる製品と確信しております。


【キャンペーン内容】 -スムースな乗り換えを検討頂くための支援策-

実施期間:2011年3月9日~2011年12月31日

適用ケース : 1.競合他社製品からのリプレース
2.PAS旧モデルからのリプレース


1. コンフィグ変換支援
ネットワーク構成図、ご使用製品のコンフィグ情報などから、PASへの移行可否判断。

2. 検証機の貸し出し
随時検証機を貸し出しいたします。

3. 移行支援特別価格
リプレース向けの特別価格をご用意しております。

4.即納体制
通常在庫品は最短で翌営業日出荷が可能。

このプレスリリースの付帯情報

SSL公開鍵長2048ビットへの移行によりさまざまな問題が発生!

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

SSL公開鍵長が変更される背景
− 暗号アルゴリズムの2010年問題とは? なぜ SSL公開鍵長が変更される? −

インターネット上でのショッピングや個人情報送信など重要なやり取りは悪用を防ぐために認証やデータを暗号化するのが基本となっています。ですがPC性能向上と暗号解読技術向上により従来暗号技術が破られる危険が高まっています。米国国立標準技術研究所(NIST)が2010年末までにより安全な強い暗号アルゴリズムに移行させる方針を打ち出したことにより、世界的に高い暗号技術への対応が急がれています。今後、高い暗号技術に移行した場合にインターネット上の暗号技術を支える各種機器は、さらに高い暗号処理能力の実装が求められます。セキュリティを確保するにはSSL技術が標準的に使用されています。 SSL処理には高い処理能力を必要とすることから、サーバの前に位置する負荷分散装置(ロードバランサ)でSSLアクセラレーション処理を行うのが一般的です。SSL処理において要求される高い暗号技術として、SSL公開鍵長を今まで標準的に使用してきた1024ビットからはるかに堅牢な2048ビットの鍵長に移行することが求められています。しかし、1024ビットから2048ビットへの移行により、負荷分散装置には高いSSL処理能力が必要となります。SSL処理能力としては、SSL TPSとSSLスループットがありますが、鍵長が2048ビットに移行することにより大きく影響するのはSSL TPSになります。SSL TPSが影響するのは、新しい接続でSSL処理を始めるための初期ハンドシェイク、再ネゴシエーション、及びSSLセッション ID再利用のみです。

ロードバランサにとってSSL公開鍵長2048ビット化によるSSL処理能力の低下は致命的です。特に、既にSSLを使用しているお客様でこれから「暗号アルゴリズムの2010年問題」の対応としてSSL公開鍵を2048ビットに移行しなければならない場合、SSL TPS処理能力の大幅な低下が発生する場合は、運用中のシステムを見直す必要が出てくるでしょう。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事