logo

キヤノンMJとウイングアークが基幹システムプリンティング分野で協業 帳票システムと複合機を連携させるソリューションを提供

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)とウイングアーク テクノロジーズ株式会社(社長:内野弘幸、以下ウイングアーク テクノロジーズ)は、このほど基幹システムプリンティング分野で協業し、帳票システムと複合機を連携させるソリューションを5月上旬より提供します。

このたびウイングアーク テクノロジーズはキヤノンMJと共同で、ウイングアーク テクノロジーズ製の帳票ソリューション「Super Visual Formade(以下SVF)およびReport Director Enterprise(以下RDE)」と、キヤノン製複合機「imageRUNNER ADVANCE(以下iR-ADV)」を連携させるアプリケーションソフト「RDE連携プリント for imageRUNNER ADVANCE」を開発しました。

 本ソリューションは、RDE帳票サーバーから圧縮・暗号化して出力された帳票データを複合機iR-ADV側で解凍・復号化して印刷するもので、遠隔地へのデータ出力におけるネットワーク負荷を軽減し、高いセキュリティー環境下での帳票印刷を実現します。
 また、複合機iR-ADVのWebブラウザー機能※を利用することで、iR-ADVの操作パネルから直接印刷を指示することができます。工場や倉庫、店舗などパソコンが導入されていない環境でも、作業指示書や出荷伝票といった業務に必要な帳票を印刷することが可能です。このほか、完全印刷通知機能により、帳票の印刷状況を確認することができます。

 キヤノンMJは本ソリューションを複合機の新たな商材の一つと位置付け、製造業や流通業、小売業など向けに提供し、複合機iR-ADVの拡販に繋げていきます。
 ウイングアーク テクノロジーズはキヤノン製複合機iR-ADVのユーザーに対し、帳票ソリューション「SVFおよびRDE」を提案し新規ユーザーの獲得を目指します。また、今回の連携ソリューションに実装する機能は、帳票サービスのクラウド化を見据えて開発したもので、今後は帳票サービスのクラウド化に対応したプリンティング環境の提供を目指します。

製品名:RDE連携プリント for imageRUNNER ADVANCE
価格(税別):7万8,000円
発売日:5月上旬
※「ウェブブラウザーキット」価格:9万8,000円(税別)が別途必要です。

● 報道関係者のお問い合わせ先:
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
広報部広報第一グループ 03-6719-9093

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
マーケティング部 広報 03-5962-7300

● 一般の方のお問い合わせ先 :
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
コーポレートMFP企画部コーポレートMFP企画課 03-6719-9503
プロダクション企画部基幹プリンティング推進課  03-6719-9504

● 基幹プリンターホームページ:リンク
● 報道関係者用ホームページ :リンク

「Super Visual Formade(SVF)」について
SVFは、請求書や伝票、発注書など業務に必要なあらゆる帳票に対応でき、業務システムの再構築で課題となる帳票分野のシステム開発を短期構築します。電子化した帳票は、SVFによる 総合帳票基盤の上で、大量出力・Webからのクライアント印刷・PDF・メール・ FAXなど、業務の用途にあった運用を早期に実現できます。

「Report Director Enterprise(RDE)」について
拠点に分散している印刷システムを統合し、各プリンタを管理してWebベースで本社センターによる印刷の集中管理を実現する帳票スプールサーバです。オープンな環境で、請求書や納品伝票などの基幹システムの大量帳票出力(PUSH型・バッチ処理)と、各拠点への一括バッチ配信(PULL型)を実行することができます。

このプレスリリースの付帯情報

イメージ:RDE連携プリント for imageRUNNER ADVANCE

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事