logo

インフォマティカ、NetSuite社とのパートナーシップを発表 -グローバル企業向け、市場初の2ティア クラウドERPソリューションを提供-

Informatica Cloud Data Solution for NetSuite が、2ティアERP環境向けの堅牢なクラウドプラットフォームを提供

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2011年3月1日 - クラウド
ベースの会計 / ERPソフトウェア スイートにおける業界リーディングプロ
バイダー、NetSuite 社(NYSE: N)とデータ インテグレーション ソリュー
ションにおける独立系リーディングプロバイダー Informatica Corporation
(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: INFA、以下
「インフォマティカ」)は本日、戦略的パートナーシップを提携し、2ティアERP
システムの展開を実現する市場初のクラウドコンピューティングベースの
ソリューションを提供することを発表しました。インフォマティカが提供する
世界トップクラスのエンタープライズデータ統合テクノロジーと市場をリード
するNetSuite社のクラウドERPスイートを組み合わせることで、グローバル
企業はクラウドベースのERPソリューションによって既存のオンプレミス
(自社運用型)エンタープライズのシステムを拡張・強化し、各国の子会社
および事業部をサポートすることが可能になります。この新しい2ティアERP
ソリューションによって、企業のCIO(最高情報責任者)はITコストの削減、
ビジネスシステム導入期間の大幅な短縮、製品やサービスの迅速な市場
展開を実現できます。

Informatica Cloudは、NetSuite OneWorld が事業部や部門レベルで処理
したデータを、SAP R/3やOracle Applicationsなどエンタープライズレベルの
オンプレミス型システムとシームレスに統合します。この新しいソリューション
は、特に多様な市場に複数の子会社を展開し、多くの異なるチャネルを通じて
製品とサービスを提供している多国籍企業に最適な環境を提供します。

グローバルな競合市場でビジネスを展開する大規模企業には、新たな市場
機会を獲得すると同時に生産性と業務効率を高めるための俊敏性(アジリティ)
が求められます。しかし、レガシーのオンプレミス型ビジネスシステムで、この
ようなビジネスの俊敏性をサポートするには、非常に大きな手間とコストが
必要になってしまいます。このような課題に対し、インフォマティカとNetSuite社
の2ティアERPソリューションは、新しいグローバル事業部と子会社を短時間で
簡単にセットアップすることを可能にし、同時に既存のオンプレミス型エンター
プライズERPソリューションへの投資の有効活用をも可能にします。

この2ティアERPインフラストラクチャでは、既存のSAPやOracleシステムに
おいては、エンタープライズレベルのハブとして機能し、子会社や事業部
レベルでは、NetSuite OneWorldのような、より柔軟でコスト効率に優れた
クラウドERPソリューションとして機能します。また、オンプレミス型のエンター
プライズシステムと事業部レベルのクラウドシステムの統合も可能になります。
さらにインフォマティカのクラウドデータ統合テクノロジーをこの2ティアERPに
適用することで、企業においては、統合が促進され、子会社のパフォーマンス
に対するリアルタイムの可視性が向上し、ローカルレベルで柔軟性の高い
管理を実現することが可能になります。またNetSuiteは、旧来のオンプレミス
ERPとは比較にならないほど短時間で展開できるので、数年単位ではなく
数か月単位、数週間単位でシステムとプロセスの標準化を実現できます。

Constellation Research社CEOの主席アナリスト、R.ワン(R. "Ray" Wang)氏
は次のように述べています。「NetSuite社とインフォマティカ社が提案する
クラウドサービスと質の高い統合テクノロジが組み合わされたアプローチに
よって、2ティア クラウドERPの導入戦略の成功率が飛躍的に高まりました」

インフォマティカのCEO(最高経営責任者)、ソヘイブ・アバシ(Sohaib Abbasi)は
次のように述べています。「企業が現在使用しているオンプレミスシステムを
最新のクラウドコンピューティングサービスによってシームレスに強化する上で、
データ統合テクノロジーが果たす役割はこれまで以上に重要性を増しています。
弊社のデータ統合テクノロジーによって2ティアERPを実現するができ、企業は、
既存のエンタープライズ システムの規模、および事業部レベルのクラウドERP
の俊敏性という両方のベスト部分を活かし、新しい市場機会をいち早く手に
できるようになるでしょう。Informatica Cloud は、クラウドシステムとオン
プレミスシステム間のデータの移行と同期化を実現するソリューションを提供
します」

NetSuite社CEO(最高経営責任者)、ザック・ネルソン(Zach Nelson)は次の
ように述べています。「このパートナーシップにより、このクラスで最高の2つの
ソリューションが統合され、企業にクラウドERPを提供することが可能になり
ました。世界中の大手企業のCIOの方々は、エンタープライズレベルでハブ・
アンド・スポーク戦略を確立するために必要なツールを手にし、クラウドERPを
基盤にして標準化を進めることで、ITコストを劇的に削減できるようになります。
インフォマティカ社とのパートナーシップによって、お客様は大規模ITオーバー
ホールの数分の1の時間で既存システムの能力と価値を引き出しながら
クラウドベースで標準化を進め、従来とは比較にならない高い確率で成功を
収めることができるようになります」

<オンプレミスERPとNetSuite OneWorldの統合>
NetSuite OneWorldは、複数の国で複数の子会社を通じて事業を展開している
中規模企業および大規模企業の事業部にリアルタイムのグローバル ビジネス
管理機能と会計連結機能を提供する業界初にして唯一のクラウドソフトウェア
システムです。これらはERPからCRM、eコマースまで、複雑な基幹ビジネス
プロセスをクラウド環境で自動化します。またNetSuite OneWorld 環境では、
従来のオンプレミスERPソリューションの数分の1のコストで、異なる複数の通貨、
課税ルール、レポーティング要件をシームレスにサポートすることが可能です。
Informatica Platform は、請求書、購買発注、品目出荷、仕訳記入、在庫
調整、勤怠管理、経費報告、顧客、従業員、製品、会計構造を含むNetSuite
からのトランザクションデータとマスタデータの交換をサポートします。
両社のソリューションを組み合わせることで、NetSuite OneWorldの会計データ
とビジネスデータを既存のERP環境に統合することが可能になります。エンター
プライズデータおよびトランザクションデータの統合において他の追随を許さ
ないインフォマティカの豊富な経験を基盤に、企業のCIOは複数のオンプレ
ミスシステムとクラウド環境を短時間で統合し、顧客情報や製品情報などの
主要なマスタデータの同期や管理、そしてあらゆるハブ・アンド・スポーク型
の環境に求められる緊密なトランザクション統合を行い、容易に管理していく
ことができます。
Informatica Platform は、NetSuiteとSAP、Oracle、JD Edwards、PeopleSoft、
salesforce.com、その他の幅広いERPシステムや一般的に使われている
データベース、メインフレームとの容易な統合を実現します。


インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション
ソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。
今日のグローバルなインフォメーション エコノミー(情報経済)環境において、
世界中の企業がタイムリーで信頼できる最適なデータによって、最も重要な
ビジネスニーズを満たし競合優位性を手にしています。 現在、インフォマティカ
のソリューションは世界4,280社を超える企業において、企業内やクラウド等
の企業外に保有する既存情報資産へのアクセスや統合の実現に活用されて
います。 インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社
(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト
リンク をご覧ください。


NetSuite社について
NetSuite社はクラウドベースの会計 / ERPソフトウェア スイートの提供において
業界をリードする企業です。同社のソリューションによって企業はERP(エンター
プライズ リソース プランニング)、会計、CRM(顧客関係管理)、eコマースなどの
主要なコアプロセスを、単一のシステム管理することが可能になります。同社の
「リアルタイム ダッシュボード」テクノロジ(特許出願中)は、使いやすいビュー
を通じてロール(役割)基準の最新ビジネス情報をユーザーに提供します。
NetSuite社の詳細はWebサイトwww.netsuite.comをご覧ください。

備考: NetSuiteおよびNetSuiteロゴはNetSuite Inc.の登録サービスマークです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事