logo

独Zollner Elektronik、シーメンスPLMソフトウェアの デジタル・マニュファクチャリング・ソリューション「Tecnomatix」を 全社標準ソリューションに採用

~Tecnomatixの活用により、プロジェクトのサイクルタイム短縮、 リスク最小化、コスト削減を図る~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは
本日、ドイツ バイエルン州ツァントに本社を置く電子機器受託製造
サービス(EMS)プロバイダのZollner Elektronik AG(以下、Zollner)が
Tecnomatix(R)を全社標準のデジタル・マニュファクチャリング/ファクトリ・
オートメーション・ソリューションとして採用したことを発表しました。
ZollnerはTecnomatixを活用し、プロジェクトのサイクルタイム短縮、
コスト削減、バリエーション評価によるリスク最小化を図っていきます。
今回、Tecnomatixが15ヵ月を超える導入プロジェクトでの徹底した
テストを見事にパスしたことにより、Zollnerは同製品の活用範囲の
拡大を決定しました。

ZollnerはEMSプロバイダとして、顧客の注文に応じ、コンポーネント、
モジュール、装置、フルシステムまでを製造する生産ラインを有しています。
工業用電子部品、自動車、オフィス電子機器、データ・テクノロジなど、
広範な業界に受託製造サービスを提供しています。Zollnerは、
プランニングから開発、試作品、シリーズ生産、さらには製造後の
各種サービスまで、バリューチェーン全体を網羅して、顧客のニーズに
対応しています。Zollnerはこの業界で世界トップ15社に名を連ねています。

Zollnerは2009年にシーメンスPLMソフトウェアのデジタル・
マニュファクチャリング・ソリューションであるTecnomatixを導入して
以降、要求の厳しい複数のプロジェクトや重要なプロセス・
エンジニアリング・プロジェクトにTecnomatixを活用し、成功を
収めてきました。Zollnerは今回、Tecnomatixの活用範囲拡大を
決定したことにより、Tecnomatixを全社標準のファクトリ・プランニング・
システムとして展開させ、その機能を活用して製造プロセスの正確で
柔軟なプランニング、分析、管理を行っていきます。

「Tecnomatixは、製造プロセスを効率化させるだけでなく、
お客様のアイデアから生産の立ち上げ(SoP)、製造までをひとつの
ソフトウェア・プラットフォームで対応できるのが大きな特長です。
これにより、単一のナレッジ・データベースのプラットフォームが
全社的に確立して、お客様のニーズに合ったベスト・ソリューションを
提供できるようになります。さらに、既存のお客様はもとより、
潜在的なお客様とのコミュニケーションにおいてもメリットが
もたらされることでしょう。デジタル・ファクトリから事前に入手できる
正確な情報が、当社の提案や決定に透明性を与え、正しい評価に
つなげることができます。さらに、製造プロセス全体を3Dで
シミュレーションすることで、当社の能力と専門性を新規のお客様が
より理解し易くなるだけでなく、実際、当社のスタッフの研修にも
実に有益です」と、Zollnerのプロセス・プランニング・チームリーダーの
Alois Mahr氏は述べています。

「Tecnomatixを基盤とした包括的なアプローチは実質的な
経済的利益をもたらすことを、Zollnerのデジタル・ファクトリは
再度明示してくれています。デジタル・マニュファクチャリング・
ソリューションを活用すれば、工場全体の製造ラインを切り替える前に
複雑な製造プロセスをバーチャルでシミュレートできるため、
目標を迅速かつ低コストで達成できるようになります」と、
シーメンスPLMソフトウェアのドイツ法人シニア・バイスプレジデント兼
マネージング・ディレクタのUrban August氏は述べています。

Zollnerは、今回の契約の一環として、ロジスティックスと材料フローの
シミュレーション・モジュールを含む現在のTecnomatix環境に、
新たにProcess DesignerとProcess Simulateのモジュールを
追加します。Tecnomatix Process Designerはコンセプト・プランニングの
初期段階でさまざまな製造代替案の評価やコスト、サイクル時間の
見積りを可能にします。Tecnomatix Process Simulateは、
ダイナミックな3D環境での製造プロセスの設計を支援します。

Zollnerは、まずドイツ国内の全拠点から導入し、順次世界中の
15の工場における今後すべてのプロジェクトにProcess Designerを
活用していく計画です。また、スピードが重視される製造および
組立プロセスには、すべての工場でProcess Simulateを活用していく
計画です。これにより、製造を開始する前に個々のプロセスは
もちろん、製造プロセス全体を正確にプランニングできるようになり、
実際の製造中に起こるとコスト増につながるミスや時間のかかる
修正作業を事前に回避することができます。また、製造の前段階の
期間を短縮することにより、突然の注文にも標準化されたプロセスを
通して迅速に対応できるようになります。さらに、デジタル・ファクトリを
構築することによって、不必要な仮組立ての工程を省いたり、
保管スペースを削減したり、潜在的な節約要因を明らかに
することもできます。最後に、デジタル・プランニングはスループット・
タイムを短縮するため、プロジェクト・コストを削減します。

Zollner Elektronik AGについて
Zollnerは電気・電子機器業界の世界的なリーダー企業の
パートナーとして、高度に複雑な製品の開発と製造に関わる
広範なサービスを提供しています。総合的な技術ノウハウを
持つこのイノベーション企業は世界で7,000人以上の従業員を擁し、
世界の15拠点においてそれぞれニーズに合ったシステム・
ソリューションを提供しています。今日、Zollnerは電子機器受託製造
サービスで世界トップ15社に名を連ね、40年もの間輝かしい成功を
収めています。Zollnerの企業方針は「自らの力で健全な成長を
続ける」ことです。企業価値こそが、将来の成功を共に収めるために
非常に重要だからです。Zollnerは適応性に優れ、互いを信頼し合える
人材作りに特に力を入れています。「Zollnerでは、人に投資することは
すなわち、未来に投資することである」を社是としています。
提供しているサービスは、開発、サプライチェーン管理、製造、
プリント基板製造、テスト、誘導部品製造、プラスチック射出成型、
金型・治具製造、シートメタル成型、表面仕上げ、システム・
インテグレーション、ロジスティックス、アフターサービスなど、
多岐にわたっています。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。
これまで世界6万9,500社のお客さまにサービスを提供し、
約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。
米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、
豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを
提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに
関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、
全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は
多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指の
ソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、
各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を
最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で
約33,000人の従業員を擁し(9月30日現在)、2010年度の
総売上高は62億ユーロを達成しています。
詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。

注意:Siemens、SiemensのロゴおよびSIPLACEは、
Siemens AGの登録商標です。Tecnomatixは、米国および
その他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management
Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークは
それぞれ各所有者に帰属します。

※Tecnomatixに関する詳細は下記よりご覧いただけます。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事