logo

「クラウドセキュリティ」を無料提供開始~G Data

最高水準の検知率を記録し続けているG Dataの無料版として、クラウド型のウイルス対策ソフト(英語・ドイツ語版)のダウンロードができるようになりました。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Jag 山本)の親会社であるG Data Software AG(本社:ドイツ、ボーフム市、代表取締役:ディルク・ホーホシュトラーテ、フランク・ハイスラー)は、世界最大規模のIT関連展示会であるCeBIT (ドイツ、ハノーファーで3月1日~5日まで開催)にて、新たな製品ラインナップ(無料提供)として、英語版ならびにドイツ語版のクラウド型ウイルス対策ソフト「G Data CloudSecurity」を発表しました。

ネット犯罪者たちは、さまざまな方法を使って私たちのパソコンに攻撃を仕掛けていますが、近年、これまでのような、メールを使った攻撃よりも、インターネットを通じた攻撃が悪質化しています。その結果、インターネット閲覧を楽しんでいる際にマルウェアに感染してしまったり、フィッシング詐欺で金銭や個人情報を詐取されてしまうといった被害が増加しています。

G Dataは、このような状況に対応すべく、クラウドテクノロジーによってリアルタイムでインターネットコンテンツのスキャンを行う技術を開発し、主力製品に導入してまいりました。そして、このたび、多くの方にこの技術を利用していただくために、新たに「クラウドセキュリティ」ソフトとして無料提供する運びとなりました。みなさまのインターネット利用時における安全を高める一助となれば幸いです。

「G Data CloudSecurity」は、クラウド方式の採用によって、ブラウザを表示させるその都度に、G Dataのセキュリティラボにあるデータベースと照会し、不正サイトの監視を行います。インターネットからのトロイの木馬やスパイウェアといったマルウェアの侵入はもちろん、フィッシング(詐欺)攻撃に対しても、リアルタイムで徹底防御します。

本ソフトをインストールし、インターネット・ブラウザを立ち上げるだけで、お使いのパソコンにて高機能クラウド型ウイルス対策ソフトが作動します。「クラウド」なので、パソコンに負荷をかけずに動作し、細かな設定も、一切ありません。しかも、インターネットからの脅威に対応していない他社のセキュリティソフトがインストールされていても、本製品との併用が可能です。

インターネット閲覧を無料で安全にする新しいソフトウェア、それが「G Data CloudSecurity」です。

特徴
・インターネット閲覧におけるマルウェアやフィッシングからの攻撃への防御
・InternetExplorerとMozilla Firefoxに対応
・マルウェアサイト、フィッシング詐欺サイトの強力なブロック
・インストール後、設定やアップデート不要の簡単設計
・導入後も導入前とまったく変わらない軽快さ
・他社のセキュリティソフトとの併存が可能

なお、3月4日時点においては、ドイツ語版ならびに英語版のみが利用可能です。下記のURLよりダウンロードできます。
リンク

*上記ダウンロードサイトには、上位版「G Data InternetSecurity」を購入できるボタンがありますが、日本語版ではありませんので、日本語版「G Dataインターネットセキュリティ」をご希望の場合は、下記のURLにてお買い求めください。
リンク

*インストール時に「英語」か「ドイツ語」を選択できますが、Mozilla Firefoxは「英語」のみの表記です。

*既存のG Data製品には、この「クラウドセキュリティ」機能がすでに搭載されているため、「G Data CloudSecurity」のインストールはできませんので、ご注意ください。

*「G Data CloudSecurity」の日本語版につきましては、後日あらためて発表いたします。



********************
製品関連の画像につきましては、下記URLからダウンロードできます
リンク

国際IT展示会CEBIT、3月3日(3日目)のジーデータブースの模様は
下記リンクからご覧になれます。
リンク

PayPalキャッシュバックキャンペーン開催中!
先着300名様に、もれなく2,000円をお返しいたします
リンク
注:「G Data Internet Security 2011 3年版/1台用 ダウンロード版」製品限定です

ジーデータソフトウェアとは
G Data Softwareは、1985年に創業し、1987年に世界最初の個人向けウイルス対策ソフトを発売した、ドイツのセキュリティソフトウェア会社です。 EUを中心に、個人向け・法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、フィッシング対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。その結果G Dataのセキュリティ製品群は、マルウェアやフィッシング詐欺サイトを常に高検出することに定評があり、過去5年間にわたって、第三者機関・雑誌における受賞獲得数は他社の追随を許しません。

*本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】 
G Data Software株式会社 
101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル6F
窓口: 瀧本往人 
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

マルウェアサイトやフィッシングサイトを閲覧しようとするとこの画面が表示され防御されます。

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.gdata.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。