logo

ISID、Amazon Web Services上での企業向けクラウドサービスを強化―AWS東京リージョン開設に伴い、「CLOUDiS」のメニューを拡充

Tokyo, Mar 3, 2011 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、米Amazon Web Services(以下 Amazon社)が3月2日に発表した、同社のクラウドサービス(以下AWS※1)の日本でのデータセンター(以下 AWS東京リージョン)開設に合わせ、ISIDのSaaSソリューションである「Q-aaS(キュー・アース)」を本日よりAWS東京リージョン上で提供いたします。また今後は、金融・製造・流通・サービスなどISIDの全事業領域において、AWSを活用した以下のようなサービス提供を計画しています。

これにより、ISIDのクラウドサービス「CLOUDiS(クラウディス)」のメニュー拡充をはかり、企業におけるクラウド利用ニーズのさらなる拡大・多様化にお応えしてまいります。

AWS上で提供中または提供計画中のサービス一覧
(注)AWS東京リージョン以外で提供するサービスも含む

- プロジェクト管理ツール「Q-aaS」(本日より提供)
- マーケティング基盤のクラウド版「DMAP on CLOUDiS」(提供中)
- クラウド移行サービス、環境構築サービス(提供中)
- 製造業向けエンタープライズPLM「PLEXUS」(本年4月に提供開始予定)
- 金融機関向けマネーロンダリング対策ソリューション(サービス計画中)
- SAP ERPホスティングサービス(サービス計画中)
- SAP ERP アップグレード支援サービス(サービス計画中)
- SAPデータ活用ツール「SPECTRE BI」トライアルサービス(サービス計画中)
- 人事・給与・就業管理パッケージのクラウド版「POSITIVE on CLOUDiS」(サービス計画中)
- 連結管理会計パッケージのクラウド版「STRAVIS on CLOUDiS」(サービス計画中)
- Oracle社「Hyperion」導入プロジェクト支援サービス(サービス計画中)
- 生産スケジューラ「ASPROVA」のクラウド版提供(サービス計画中)

ISIDは、IaaS/PaaSとして汎用度の高いAWSには早期から注目しており、2010年3月にAmazon社とソリューション・プロバイダーズ・パートナーシップ※2を締結しております。

AWS東京リージョンの開設に伴い、国内企業においてAWSの利用ニーズが一気に高まってくるものと期待されます。ISIDは、このニーズに積極的に対応するために、これまで手掛けてきたAWS上でのシステム構築に加え、上記をはじめとするサービスメニューを今後さらに拡充してまいります。

AWS上で提供中または提供計画中のサービス詳細
(注)AWS東京リージョン以外で提供するサービスも含む

■名称:プロジェクト管理ツール「Q-aaS」<全産業向け>
概要:ISID自社開発のプロジェクト管理ツールのクラウド対応版。SAPアップグレートオートメーションサービス『Panaya』との連携機能も装備。
ステータス:2011年3月3日よりAWS東京リージョン上でサービス提供開始。

■名称:マーケティング基盤のクラウド版「DMAP on CLOUDiS」<全産業向け>
概要:Digital Marketing Platformの略。ISID自社開発製品。Webプロモーションに関わる一連の機能を、短納期・低価格で提供するASP型サービス。
リンク
ステータス:AWSを用いたクラウド版を提供中。大手企業1社で受注済み。

■名称:クラウド移行サービス、環境構築サービス <全産業向け>
概要:ISIDの自社クラウド環境CLOUDiS/IaaS上で提供中のクラウド移行サービス/環境構築サービスを、AWS上でも提供。
ステータス:サービス提供中。

■名称:製造業向けエンタープライズPLM「PLEXUS」<製造業向け>
概要:海外進出製造業を支援する月額課金型エンタープライズPLMクラウドサービス。当初はPDM(製品情報管理)サービス・DRM(デジタル著作権管理)サービスから順次展開する。
リンク
ステータス:基盤にAWSを採用。2011年2月よりポータルサイトを先行公開中。4月にサービス提供開始予定。

■名称:マネーロンダリング対策ソリューション <金融機関向け>
概要:ドイツTONBELLER社のSiron(R)シリーズをSaaS型で提供する。
リンク
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

■名称:SAP ERP ホスティングサービス <全産業向け>
概要:SAP ERPユーザー向けサービス。AWS上で開発・検証・本番環境を提供する。
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、AWSがSAPの基盤認定取得時にサービス提供開始予定。

■名称:SAP ERP アップグレード支援サービス <全産業向け>
概要:SAP ERPサポートパッケージ/エンハンスメントパッケージ適用サービスをオールインワンで提供。開発環境提供(AWS)、影響分析、アドオン修正箇所特定を最短2週間で実施し、プロジェクトの期間と費用を大幅に削減。
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

■名称:SAPデータ活用ツール「SPECTRE-BI」トライアルサービス <全産業向け>
概要:ISID自社開発のSAPデータ活用ツール。AWS上のトライアル環境を利用して、導入効果をスピーディに実感できる。トライアル後の移行も短期間で可能(移行先はクラウド/オンプレミスいずれでも可)。
リンク
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

■名称:人事・給与・就業管理パッケージのクラウド版「POSITIVE on CLOUDiS」<全産業向け>
概要:ISID自社開発の人事・給与・就業管理パッケージのクラウド対応版。自社クラウド基盤CLOUDiS/IaaS上では既に提供中。
リンク
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

■名称:連結管理会計パッケージのクラウド版「STRAVIS on CLOUDiS」<全産業向け>
概要:ISID自社開発の連結管理会計パッケージのクラウド対応版。本番環境、およびバージョンアップ用の検証環境を、AWS上で提供。
リンク
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

■名称:Oracle社「Hyperion」 導入プロジェクト支援 <全産業向け>
概要:Oracle社 Hyperionシリーズの導入プロジェクト開始時に、リードタイムを短縮するサービス。顧客の導入想定環境をプロアクティブに構築し、開発・検証などを迅速に行う。
リンク
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

■名称:生産スケジューラ「ASPROVA」のクラウド版提供 <製造業向け>
概要:Asprova社が提供する国内シェアNo.1の生産スケジューラをAWS上で提供。
リンク
ステータス:AWS上での技術検証を完了し、サービス提供を計画中。

※1 AWS: 米Amazon Web Services社が提供する技術プラットフォームの総称。IaaS/PaaS等の機能を豊富に有する。
※2 ソリューション・プロバイダーズ・パートナーシップ:AWS上でのシステム・インテグレーションおよびSaaS提供を可能とする、Amazon社のパートナー向けプログラム。2010年3月30日付けプレスリリース参照。
リンク
同パートナーシップについては、Amazon社のWEBサイトにも掲載されています。
リンク

<ご参考情報>

ISIDのクラウドサービス「CLOUDiS」について

「CLOUDiS」は、ISIDグループが提供するクラウドサービスのブランド名です。企業の経営戦略に基づいたコンサティングから、Force.comやAWSなどのパブリッククラウド、企業内のプライベートクラウド、それらを組み合わせたハイブリッドクラウド上でのシステム構築、さらには各種SaaSの提供まで、お客様のニーズに応じて様々なメニューを展開しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 釜井 節生
本社:東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,320人(2010年3月31日現在)
連結売上額:611億5,500万円(2010年3月期) 
事業内容:1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

【AWSソリューションに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス ビジネスイノベーション本部 クラウド事業推進センター 渥美、加藤
E-Mail:g-aws-enabler@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション室 広報担当 李
TEL:03-6713-6100
E-Mail:g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事