logo

【レポート販売】「2011年版 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因と日本企業戦略」を販売開始

~スマートフォン市場は急成長。2011年~2013年にかけて携帯電話の半分をスマートフォンが占めるようになる見通し。2014年8億台に成長する。~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011年版 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因と日本企業戦略」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=496

報道関係者各位

平成23年3月3日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2011年版 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因と日本企業戦略」
を販売開始

~スマートフォン市場は急成長。2011年~2013年にかけて携帯電話の半分を
スマートフォンが占めるようになる見通し。2014年8億台に成長する。~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011年版 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因と日本企業戦略」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

スマートフォン市場は、2010年のグローバル携帯電話市場の2割を占め、急成長しています。2011年~2013年にかけて携帯電話の半分をスマートフォンが占めるようになる見通しです。

台湾HTCは、こうした中にあって、早くからスマートフォン特化戦略を展開し、Apple・iPhone対抗の有力ベンダーの位置にあります。Windows Phone及びAdroid端末のリーダーとして成長してきています。

台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因を、発展の歴史、スマートフォン特化戦略、欧州市場成功からグローバル展開、OEMビジネスと自社ブランドの展開戦略、ビジネスモデル、マーケティング戦略をキーワードに分析しています。

日本のベンダー企業戦略にとって、東アジア・台湾の小さな企業から2010年スマートフォン2,450万台、2011年には2倍増加を目指しているHTCの企業戦略を参考とすることは、時宜に適しています。本調査資料は、日本の企業戦略としての重要な教訓・諸点を取りまとめています。

シード・プランニングがこれまでに発刊した「携帯電話の世界市場」シリーズ16冊、LTE等「次世代携帯電話」シリーズ9冊、「スマートフォン」シリーズ2冊等の成果の上に立って、今回、「海外現地調査及び事例研究」シリーズの3回目として発刊しました。


■■ 資料目次 ■■

はじめに
調査概要


I.HTC成長の歴史
1.HTCが携帯電話事業で注目される理由
(1) 東アジア地域の小さな企業からの成功
(2) スマートフォン端末特化戦略
(3) 欧州市場の成功からグローバル展開
2.HTC成長の歴史
(1) HTC成長の段階
(2) HTC成長の歴史
(3) HTCビジネスモデル移行の歴史

II.HTCの業績指標・企業概要
1.企業概要
(1) 基本情報
(2) 組織体制
(3) 基本メッセージ
(4) 日本HTC
2.業績指標
(1) 売上高
(2) 地域別売上高
(3) 事業経費
(4) 販売台数

III.HTCのビジネスモデル
1.オープン戦略/構築しているビジネスモデル(Business Model)
(1) 共通プラットフォーム/オープン戦略
(2) スマートフォン特化戦略
2.ODM、OEM、自社ブランド戦略
(1) 3つのビジネスモデル
(2) OEMビジネスモデルと自社ブランドの両方を展開
(3) 主要ビジネス条件

IV.HTCのSales、Marketing
1.マルチキャリア展開と小売業者展開
(1) 多数の携帯キャリア、小売事業者を通した販売
(2) 携帯キャリアへの展開
(3) 小売事業者/流通業者への展開
2.欧州市場における販売・マーケティング
(1) 欧州市場における販売
(2) 欧州主要5ヶ国販売チャネル
(3) 欧州スマートフォン市場
3.米国市場における販売・マーケティング
(1) 米国市場における販売
(2) 米国市場を主力に位置付け展開
(3) 米国スマートフォン市場
(4) 米国とカナダ、ブラジルとの違い
4.グローバル市場
(1) 日本市場
(2) ブラジル市場
(3) BRICs及び新興国市場
5.宣伝・プロモーション
(1) 携帯電話キャリアとのタイアップ
(2) HTCブランドの展開

V.HTCの保守サービス
1.保守サービスの展開
2.保守サービス体制

VI.HTCの商品企画/研究開発
1.商品/研究開発
(1) 商品研究開発
(2) HTC台湾による研究開発体制
(3) Android開発
(4) Windows Mobile開発
(5) 「失敗してもOK」という方針
2.商品戦略
(1) スマートフォンの先行商品発売
(2) スマートフォン端末の豊富な商品構成
(3) スマートフォン商品展開
3.製造
(1) 製造受託の経験/製造技術
(2) 製造拠点

VII.HTCの成長戦略と日本企業
1.HTCの成長戦略
(1) 展開国ターゲット
(2) 参入戦略
(3) 厳しい競合関係の中での成長戦略
2.日本企業の課題


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:2011年版 台湾HTCのスマートフォン事業の成功要因と日本企業戦略
発 刊 日:2011年1月31日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 152ページ
頒   価:
■製本     210,000円(本体価格200,000円、消費税10,000円)
■製本+CD-ROM 231,000円(本体価格220,000円、消費税11,000円)
※別途送料500円

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当

Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5848
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shop(リンク)へと
サイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。