logo

自動車業界の進化と同時に加速するPTCのPLMビジネス

【2011年3月2日】製品開発を支援するPLMソリューションのリーディング・プロバイダであるPTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:桑原 宏昭)は、本日、自動車業界におけるPLM要件の対応にフォーカスした研究開発エクセレンスセンター(Research and Development Center of Excellence)を創設するとの米PTCの発表を明らかにしました。この要件には、グローバル化、オープンPLM(製品ライフサイクル管理)プラットフォーム、サービス業務の最適化、短期間で変更される車両構成に対応するためのCAD、BOM、デジタルモックアップのより高度な連携、などがあります。本研究開発センターは韓国に設立されます。

国際的なPLMマネジメントコンサルティングおよび市場調査会社として有数のCIMdata社 社長ピーター・ビレロ(Peter Bilello)氏は「自動車メーカー(OEM)やサプライヤは、事業面、技術面がさらに複雑化しており、進化するサプライヤとの関係、エレクトロニクスやソフトウェアの利用が拡大することでさらに複雑化する車両、急速に変化する法規制への対応、増大する品質、機能や納期に対する消費者の要求などに直面しています。幸いなことは世界の自動車業界における多くの関係者が、これらの課題に対応するためにはPLMを実現するソリューションが非常に重要である、と認識していることです」と述べています。


PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・ヘプルマン(James E. Heppelmann)は「自動車業界におけるPLMテクノロジーが次世代への大きな転換点を迎えています。PTCは直近の12か月間でヒュンダイモーターカンパニー・キアモーターズコーポレーション(現代・起亜自動車グループ)、ボルボグループ等の乗用車・大型商用車分野のリーディングカンパニーや、コンティネンタル、シェフラー、ハーマン・オートモーティブ、カミンズ等の主要自動車サプライヤとパートナーシップを組み、次世代製品開発システムの導入を支援しました。これらの企業は、PTCのPLMソフトウェアの中核となるWindchill(R)を、製品開発テクノロジープラットフォームの基幹として活用していく予定です。顧客とのパートナーシップは、昨年度のWindchill売上高の70%増、および4件の「ドミノアカウント(ドミノ効果を持つ顧客)」受注に象徴されるように、自動車業界における事業に大きく貢献しています」と述べています。


さらに、へプルマンは「Windchillを採用している自動車関連企業の導入決定理由は、PLMテクノロジーと洗練された製品開発プロセスの両面で優位に立つためである、と考えています。Windchillは最も成長率の高いPLM製品であると同時に重要なことは、PTCは専門知識を持つ大規模なプロフェッショナルサービス部門を有し、PLMテクノロジー導入と、導入による価値の最大化を支援していることです。PTCは、自動車関連企業がバリューチェーン全体での何千ものユーザー間コラボレーションを実現し、さらに効果的に開発プロセスに参加することを可能にするために、PLMテクノロジーソリューションを刷新し全社展開することを支援しています。今回設立するオートモーティブPLM研究開発エクセレンスセンター(Automotive PLM R&D Center of Excellence)により、PTCの自動車業界での存在感と勢いがさらに高まると確信しています」と述べています。


自動車業界において、PTCのエンタープライズ3次元設計、製品データ管理、コラボレーション領域のソリューションは、パワートレインサプライヤ上位10社中8社、自動車メーカー(OEM)上位5社中3社で活用されています。



【PTCについて】
PTC (本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、The Product Development CompanyR)は、企業の製品開発戦略の推進と、開発プロセスの最適化を支援する、製品開発ソフトウェアソリューションおよび関連サービスの開発、販売、サポートをしています。PTCは、CADおよびエンタープライズPLMソリューションが高度に連携する環境を提供し、製品ライフサイクル全体を通じて製品情報の作成・管理プロセスを改善し、製品開発プロセスの最適化を支援します。


【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Creo Elements/Pro」(旧「Pro/ENGINEER」)、ダイレクト・モデリング・ソフトウェア「Creo Elements/Direct」(旧「CoCreate」)、製品情報提供ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「Creo Elements/View」(旧「ProductView」)、製品分析ソフトウェア「InSight」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:リンク


* PTC製品の採用または導入に関する発表は、必ずしもそこから生じる売上の認識時期や特定の期間の売上水準の指標となるものではありません。



* PTCの社名、ロゴマークおよびThe Product Development Company、Windchill、Creo、Elements/Pro、Elements/Direct、Elements/View、Arbortext、Mathcad、InSight、RelexなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。



以上

関連情報
http://www.ptc.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。