logo

SAM、2011年度Sustainability Yearbookを発表

Zurich, Switzerland , Feb 28, 2011 - サステナビリティ投資に特化した投資専門会社であるSAMは、第7回年次Sustainability Yearbook 2011(Yearbook)を公表しました。保証、税務、事業に関するコンサルティング・サービスを提供する世界最大級の企業プライスウォーターハウスクーパース(PwC)と共同で編纂したYearbookでは、SAMの2010年度Corporate Sustainability Assessmentに関する包括的な結果を概説しています。


- サステナビリティに関する世界有数企業のレファレンス・ガイド
- 水関連リスクについての特集では、企業による水関連リスク軽減策について3つの視点を考察
- SAM Sector Leaderに日本企業5社を選定


上位15%の企業がYearbookへの掲載対象
毎年、SAMはあらゆるセクターから上位2,500社を対象にCorporate Sustainability Assessmentに対する参加を呼びかけています。この評価は長期的な価値創造に焦点を当てた企業の経済、環境および社会的課題を深く分析する内容で構成されています。各58セクターの中で、最低のトータル・スコアがSAM Sector Leaderのスコアの少なくとも60%である上位15%の企業だけをYearbookへの掲載対象としています。


サステナビリティ優秀賞
コーポレート・サステナビリティにおいて、そのセクターを主導する企業をSector Leaderとして認定し、サステナビリティ面での改善が最も大きかった企業をSector Moverとして認定しています。また、Yearbookに掲載された409社のうち、103社をSAM Gold Class、92社をSAM Silver Class、77社をSAM Bronze Classとして認定しました。


マイケル バルディンガー(Michael Baldinger)SAM社CEO:「Yearbookの年次公表を心待ちにしていました。なぜならこれは、SAMがコーポレート・サステナビリティという点で1年を総括し、それぞれのセクターでリーダーとして台頭してきた企業を認識する機会だからです。 Yearbookはまた、当社がサステナビリティに対する展望について声を上げて主張し、水関連リスクのような決定的な新しいトレンドに焦点を当てる上でのダイナミックなプラットフォームとなるからです。」


卓越した日本企業
株式会社ベネッセホールディングス、丸紅株式会社、パナソニック株式会社、パナソニック電工株式会社、住友林業株式会社の日本企業5社がSAM Sector Leaderに選ばれました。Yearbookに掲載された日本企業41社中、さらに7社がSAM Gold Class、11社がSAM Silver Class、3社がSAM Bronze Classに選定されました。


水関連リスクに関する特集
今年度のYearbookでは、水に関する危機の背後にある主な要因について考察し、水関連リスクの軽減について3つの視点(PwC、SAM、ネスレ)を紹介しています。ここでは、水危機の基本トレンドや現在および将来的な事業慣習に対して水関連の問題がもたらす影響を、特に取り上げています。SAMは、水関連リスクの軽減が、長期的な企業の存続可能性にとってますます重要になることを早くから認識していました。


その重要性を強調するために、SAMは広範囲にわたる水関連のリスク基準を昨年度のCorporate Sustainability Assessmentに取り入れました。したがってサステナビリティ・アセスメントには、水に関するリスクを管理し、水関連の事業機会をうまく捉える企業の能力が適切に表れていると当社は考えています。これは、新しいサステナビリティ・トレンドの節目を見据えるだけでなく、それらを独自のリサーチ手法に統合し続けるというSAMの責任を直接反映したものです。


セクター特有の重大なサステナビリティに関する改善機会とリスクについての要約
Yearbookは、58セクターそれぞれにおけるサステナビリティに関する改善機会とリスクを要約しています。つまり、今年のYearbookには、セクターによって異なるサステナビリティ・テーマを扱った58の要約が掲載されているのです。さらに、各セクターのサステナビリティ分析に関連した独自の経済、環境および社会的側面に焦点を当てています。全体として、今年のYearbookでは、読者がサステナビリティに関してセクターレベルで何が起こっているかということをより詳しく考察することができます。


詳しい情報はこちらのリンクから:
- The Sustainability Yearbook 2011の電子版の閲覧
リンク
- SAM Sustainability Yearbook Webcastの閲覧
リンク
マイケル バルディンガーCEO、ダニエル ワイルド(PhD)調査部長およびマーク=オリバー ブッフル(PhD)シニア・アナリストが、The Sustainability Yearbook 2011とそこでの特集、SAMおよびサステナビリティ投資に対する展望について議論。
- SAM Sector Leaderのリストの閲覧
リンク


企業のカテゴリー化:Yearbook手法の概要
毎年、ダウ・ジョーンズ・グローバル・トータル・ストック・マーケット・インデックスに基づいて浮動株ベースの時価総額上位2,500社に対して、SAMのCorporate Sustainability Assessmentに参加を呼びかけています。厳密な定量的アプローチに基づき、各58のSAMセクターにおいて、最低のトータル・スコアがSAM Sector Leaderのスコアの少なくとも60%である上位15%の企業だけをYearbookへの掲載対象としています。


SAM Sector LeaderとSAM Sector Mover:
- SAM Sector Leader
各セクターにおいて、経済、環境および社会的な開発から発生する事業機会を捉えると同時に、リスクを管理 する上でも最も態勢が整備されている企業をSAM Sector Leaderとして選定しています。SAM Sector Leaderは、それぞれのセクターにおける評価対象全社の中で最高のスコアを獲得した企業です。


- SAM Sector Mover
各セクターの上位15%の中で、前年度と比較してサステナビリティにおいて最も改善が見られた企業を SAM Sector Moverに選定しています。


SAM Gold, Silver, そしてBronze Class:
- SAM Gold Class
SAM Gold Classの対象となるためには、SAM Sector Leaderの最低スコアが75%でなければなりません。トータル・スコアがSAM Sector Leaderのスコアからマイナス5%以内にあればその同業種の企業もSAM Gold Classに選定されます。スコアがSAM Sector Leaderからマイナス10%以内である企業はSAM Silver Classに、マイナス15%以内である企業はSAM Bronze Classに選定されます。


- SAM Silver Class
SAM Silver Classに認定されるためには、SAM Sector Leaderのトータル・スコアが70~75%の範囲になければなりません。トータル・スコアがSAM Sector Leaderのスコアからマイナス5%以内にある同業他社はSAM Silver Classに、マイナス10%以内にある企業は SAM Bronze Classに選定されます。


- SAM Bronze Class
SAM Bronze Classに認定されるためには、SAM Sector Leaderのトータル・スコアが65~70%の範囲になければなりません。トータル・スコアがSAM Sector Leaderのスコアからマイナス5%以内にある同業他社はSAM Bronze Classに選定されます。


The Sustainability Yearbook 2011のハードコピーをご注文の場合は、yearbook@sam-group.comまでメールをお送りください。


SAMについて
SAMは、サステナビリティ投資に特化した投資専門会社です。同社では、資産運用、インデックス、プライベート・エクイティのサービスを提供しています。同社は資産運用サービスとして、欧州、米国、アジア太平洋地域における機関投資家や金融仲介業者向けに様々な単一テーマ、複数のテーマおよび中核のサステナビリティなどの投資戦略を提供することができます。インデックス業務において、SAMはダウ・ジョーンズ・インデックスと提携して世界的に認知されているダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)や、テーラーメイドのサステナビリティ・ベンチマークの公表およびライセンス提供を行っています。Corporate Sustainability Assessmentに基づいて、SAMは世界最大級のサステナビリティ・データベースを蓄積しており、毎年2,000社以上の上場企業を分析しています。SAMの独自リサーチとサステナビリティ・データは同社の提供するサービスに完全に一元化されています。
SAMは、1929年に設立され幅広い投資商品やサービスを提供している世界的な資産運用会社ロベコ(Robeco)のグループ企業です。ロベコは責任投資(Responsible Investing:RI)に専心しグループ全体にRI概念を導入しています。ロベコ・グループの中で、SAMはクリーン・テクノロジー・プライベート・エクイティに対する専門的ノウハウの中心的役割を果たしています。また、スイス国内市場においてSAMはロベコの代理店として、親会社、その顧客および商品のために販売活動、顧客サービス、マーケティング業務を行っています。ロベコはAAA(S&P)の格付けを持つラボバンク・グループ(Rabobank Group)の子会社です(格付けはいずれかの投資商品に付与されたものではなく、また変更される可能性があります)。SAMは1995年に設立され、チューリッヒに本社を置き100名以上の専門家集団を抱えています。2010年12月31日現在、SAMの総資産は158億米ドルです。


詳しい情報については、以下にお問い合せください。
SAM
フランソワ ヴェトリ(François Vetri)
広報部長
電話:+41 44 653 10 02
com@sam-group.com
www.sam-group.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事