logo

パブリッククラウドに対応したSaaS型統合監視サービスを開始

Windows Azure Platformに対する監視機能を安価に提供

株式会社日立情報システムズ(取締役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、パブリッククラウドを含めた遠隔サーバをインターネット経由で監視できるSaaS型の統合監視サービス「App Bridge Monitor(アップブリッジモニター)」の提供を、2011年4月から開始します。

近年、サーバ環境の所有から利用へのシフトが加速し、コスト削減やパフォーマンス向上を目的に、パブリッククラウドの利用も進んでいます。一方、従来からの自社やデータセンタでのサーバ運用も継続しており、企業は様々なサーバ環境の混在による運用負担増大という課題に直面しています。
 こうした背景から日立情報では、混在したサーバ環境の運用を支援し、クラウドのポテンシャルを最大限に利用する「クラウド対応アプリケーション」の効率的な開発・運用を実現するミドルウェアサービス「App Bridge」の提供を開始します。その第一弾として、SaaS型統合監視サービス「App Bridge Monitor」を4月にリリースします。
 「App Bridge Monitor」は、監視用サーバを必要としないSaaS型の監視サービスです。インターネット経由の監視をサポートしており、監視対象サーバにグローバルIPアドレスを割当る必要もありません。お客様は、監視対象サーバにインターネット経由でダウンロードしたエージェントモジュールをセットアップすることにより、自社運用、データセンタ運用、パブリッククラウドなど、様々な環境で稼働するサーバを容易に監視できます。サーバ稼働状況はブラウザで確認でき、障害の発生は電子メールで通知されます。また、対象サーバのリソース情報(CPUやメモリなど)も管理できますので、障害検知だけではなく、サーバの負荷管理にも利用可能です。
 また、日立情報は、グローバルに対応した企業向けパブリッククラウドとして「Windows Azure Platform」の可能性に多くの期待を寄せており、「App Bridge Monitor」にWindows Azure監視機能を盛り込んでいます。お客様は自社アプリケーションにWindows Azure監視モジュールを同梱することでWindows Azure各種ロールを監視できます。「App Bridge Monitor」 は「Windows Azure Platform」の特長であるロール数のフレキシブルな変化に対応しており、増減するロールを自動識別し、「Windows Azure Platform」を確実に監視します。さらに、日立情報では「Windows Azure Platform」の運用面を強化するため、「App Bridge Monitor」にSQL Azure監視、Windows Azure Storage監視などの追加機能を計画しています。
 「App Bridge Monitor」は、サーバ監視時間数ベースの課金方法を採用し、サーバ1台1時間あたりの監視単価を安価(1.25円~)に設定することで、全てのお客様にご利用いただける利便性の高いサービスとなっています。また、お客様が納得してご利用できるよう、30日間の無料試用期間も設けます。
 今後、日立情報では、ミドルウェアサービスのブランドとして「App Bridge」のラインアップ強化を図り、クラウド間連携を実現する分散バッチ環境「App Bridge Batch Operation Center」などのサービスを随時リリースする予定です。お客様は「App Bridge」を利用することで、パブリッククラウドを活用した柔軟なソリューションを容易に実現できます。
 日立情報では、日立グループのクラウドソリューション体系である「Harmonious Cloud」のひとつとしてSaaS型統合監視サービス 「App Bridge Monitor」を拡販し、3年間で100社以上への提供を計画しています。


なお、本発表に関し、日本マイクロソフト株式会社様より以下のコメントを頂いております。
日本マイクロソフト株式会社
サーバープラットフォームビジネス本部
業務執行役員 本部長 梅田成二


 この度の日立情報システムズ様による、SaaS型統合監視サービス "App Bridge Monitor" 提供開始のアナウンスを心より歓迎申し上げます。弊社のPaaS型のパブリッククラウド サービスであるWindows Azure Platformは、アプリケーション プラットフォームの運用管理を大幅に自動化することで、ビジネスソリューションへの投資対効果の向上を支援します。"App Bridge Monitor" は、この Windows Azure Platformの優位性を一層強化する効果的なミドルウェア サービスです。弊社は、お客様の業務アプリケーションやソリューションに対するリソースの監視サービスが、日立情報システムズ様の優れたシステム監視ノウハウをベースに安価な従量課金モデルにて提供されることで、今後、益々、パブリッククラウドの活用が加速するものと期待しています。今後とも日立情報システムズ様とのクラウドビジネス領域での協業を通し、弊社の提唱する "クラウド パワー" の価値をより多くのお客様にお届けして参ります。


◆印刷用はこちら(PDF)からリンク
◆関連サイトApp Bridge Monitorご紹介リンク

このプレスリリースの付帯情報

■参考資料

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。