logo

国産初のリアルタイムデータ圧縮とインライン重複排除機能を搭載したペタバイトクラスの超大容量半導体ストレージ「Prime SSDシリーズ」を発表

~ZFS技術を応用した業界初のフルユニファイドI/Oに対応した次世代型半導体スト

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、最大2.1PBまで容量拡張が可能なフルユニファイドI/0に対応した次世代型、半導体ストレージ「Prime SSDシリーズ」を発表しました。

コアマイクロシステムズは、従来より独自開発の専用ストレージOSをベースにし
た半導体ストレージ製品(Solid STOR、Super CACHE、Super SSD)を販売してい
ますが、近年のI/Oインテンシブなアプリケーション、プラットホーム(仮想サー
バ環境等)のニーズの高まりを受けて、ラインナップの強化としてZFS技術を応用
した業界初のフルユニファイドI/O(FC、iSCSI、NFS/CIFS)に対応した次世代型
の半導体ストレージを開発しました。従来の半導体ストレージには無い、リアル
タイムデータ圧縮とインライン重複排除を始め、自己データ修復機能を含めた高
度なデータインテグリティ、ペタバイトクラスの超大容量化への対応等、クラウ
ド時代のリアルタイムレスポンスストレージとして、可用性/性能/消費電力/
スペース効率の全てにおいて圧倒的な価値指標をお届け出来るものと確信します。

1. 製品ラインナップと発売時期
 ・ Prime SSD PRO(2011年4月発売予定) ※オープン価格
 ・ Prime SSD Enterprise(2011年4月発売予定) ※オープン価格
 ・ Prime SSD DATA CENTER(2011年6月発売予定) ※オープン価格
  ※TB当たりの参考価格150万円(税別)~

2. 用途
 ・ 大規模仮想サーバ
 ・ BI/DWH
 ・ OLTP/OLAP
 ・ CAE/EDA
 ・ HPC
 ・ WEBコンテンツ/メールサービス
 ・ リアルタイム映像編集/配信

3. 特長
 ・ スケーラブル超大容量半導体ストレージ
 ・ HAクラスタ高可用性システム
 ・ フルユニファイドI/Oサービス(FC、iSCSI、NFS/CIFS)
 ・ 階層化半導体ストレージ(DRAM & FLASH)
 ・ 仮想ストレージ機能(シンプロビジョン/仮想ストレージプール)
 ・ 高効率ストレージ利用(データ圧縮/重複排除)
 ・ エンタープライズデータサービス(スナップショット、レプリケーション)
 ・ 高度なデータ保護機能(自己修復、3パリティRAID)

※スペックなどの詳細は以下をご覧ください。
 リンク

用語解説

■コアマイクロシステムズについて
(リンク)
コアマイクロシステムズ株式会社は、「ストレージソリューションのトータルプロバイダ」として、自社“SUPER STORAGE”、“STORAGE APPLIANCE” ブランドの製品をはじめ、Infortrend社、QLogic社などのパートナー製品およびお客様のニーズに応じた各種ストレージソリューションを提供しています。

■本件に関するお問い合わせ先
コアマイクロシステムズ株式会社
営業部 高橋、冨川(ふかわ)
TEL:050-5558-5410(IP電話)
Email:sales@cmsinc.co.jp
URL: リンク

■本件に関する報道お問い合わせ先
コアマイクロシステムズ株式会社
担当:吉政(よしまさ)
TEL:080-3079-4441
Email:pr@cmsinc.co.jp


■登録商標/ライセンシーについて
本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。

Copyright c Core Micro Systems Inc., All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事