logo

スマートメーターは2016年までにアジア太平洋地域で3億5000万

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「アジア太平洋地域のスマートメータ市場調査:APAC地域の電気向け自動検針インフラ (AMI)のビジネス、技術動向、主要関連企業、市場予測 - Smart Meters in Asia Pacific」のプレスリリースにおいて、アジア太平洋地域のスマートメーターの採用数は2010-2016年に5280万から3億5030万に増加し、CAGR37%の成長を示すだろうとの予測結果を発表しました。

アジア太平洋地域の電力会社や政府は、スマートグリッドイニシアチブを準備しており、そのプログラムの中でスマートメーターは不可欠の要素になるだろう。高度計測インフラ(AMI)は、双方向通信によって、住宅や商業用・産業用の建造物のエネルギーの利用をリアルタイムに監視したり管理を行うもので、アジア太平洋地域の電力会社がスマートグリッドを実現するための重要なツールとなるだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「アジア太平洋地域のスマートメータ市場調査:APAC地域の電気向け自動検針インフラ (AMI)のビジネス、技術動向、主要関連企業、市場予測 - Smart Meters in Asia Pacific: Advanced Metering Infrastructure for Electric Utilities in Asia Pacific: Business and Technology Issues, Key Industry Players, and Market Forecasts」は、アジア太平洋地域のスマートメーターの採用数は、2010-2016年に5280万から3億5030万に増加し、CAGR37%の成長を示すだろうと報告している。


「アジア太平洋地域の電力会社や政府は、スマートグリッドとスマートメーターの採用に関して4つの目標を掲げている。その主な目的は、電力網の信頼性の向上とセキュリティ、電力網インフラの運用効率の向上、電力供給と需要のバランス、電力システムの環境への負荷の削減である。そのために、多くの国々の主要企業は、スマートメーターの発売に向けて積極的にまい進している」とシニアアナリストのAndy Bae氏は語る。


アジア太平洋地域でも特に中国は、スマートメーターの導入に関して最も意欲的な目標を掲げている。2016年には中国はアジア太平洋地域のスマートメーター導入の4分の3以上を占め、中国政府は少なくとも2020年までは大規模なスマートメーターの採用を継続すると言明している。日本、韓国、オーストラリアも、スマートメーターの大きな市場である。


この調査レポートは、アジア太平洋地域全体のスマートメーターの主要な市場傾向を分析し、各国のビジネス、技術、法規制の詳細な分析を行っている。主要な企業のプロフィールと、アジア太平洋地域全体のスマートメーターの出荷数、普及率、導入数、収益の予測を国毎に予測している。


【調査レポート】
アジア太平洋地域のスマートメータ市場調査:APAC地域の電気向け自動検針インフラ (AMI)のビジネス、技術動向、主要関連企業、市場予測
Smart Meters in Asia Pacific
Advanced Metering Infrastructure for Electric Utilities in Asia Pacific: Business and Technology Issues, Key Industry Players, and Market Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事