logo

【レポート販売】「11 電気自動車ビジネスの将来展望」を販売開始

~EV充電システムと車載用二次電池の将来性~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「11 電気自動車ビジネスの将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=493

報報道関係者各位

平成23年2月28日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「11 電気自動車ビジネスの将来展望」を販売開始

 ~EV充電システムと車載用二次電池の将来性~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「11 電気自動車ビジネスの将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

 電気自動車(EV)時代の到来で、生活のなかのクルマとしての位置づけが劇的に変化する。単に乗るだけでなく、情報端末や移動可能な蓄電システムにもなる。そのため、情報関連やインフラ関係、電機業界などを巻き込んで、新たな産業や都市創出(スマートシティ・コミュニティ)へと進んでいく。2015年の電気自動車世界市場は台数ベースで39万台、金額ベースは1兆1,350億円。20年には台数ベースで130万台、金額ベースは3兆5,100億円とそれぞれ予測した。
 トヨタ自動車は、2012年に日米で小型車「iQ」ベースのEVを投入する。ハイブリッドカー(HEV)などと環境対応車のラインアップを拡充。本田技研工業も、同12年にEVを日米で販売する予定で、国内自動車メーカーのEVが出揃うことになる。日産自動車「LEAF(リーフ)」は、10年度に国内で6千台を販売する予定である。三菱自動車工業「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に続き、11年中に軽商用車タイプのEVを投入する。実用化に向けた性能向上や、ガソリン車並みに価格を抑える取り組みをメーカー各社が進めており、EVの本格的な普及に弾みがつくと見られる。


■■ 資料目次 ■■

第I章 電気自動車の普及動向と将来
1. スマートグリッドと電気自動車
2. 電気自動車(EV)の種類と歴史
3. 電気自動車の導入効果と事例
4. 電気自動車等導入補助金制度・補助事業


第II章 電気自動車ビジネスの動向と展望
1. EV用充電システム市場の概要と動向
2. EV用充電システム国内需要予測
3. EV用充電システムの動向と展望
4. EV用充電システム関連メーカーの動向と展望 (個票・14社)
5. EVカーシェアリング・レンタカーの動向と展望
6. 地方公共団体・研究機関等の動向
7. 電気自動車ビジネス関連業界の動向
8. 電気自動車ビジネス関連資料

第III章 電気自動車市場の動向と展望
1. 電気自動車国内市場の動向と展望
2. 電気自動車世界市場の動向と展望
3. 自動車国内外市場の動向と展望
4. 電気自動車関連メーカーの動向と展望 (個票・11社)
5. 電気自動車関連海外メーカーの動向

第IV章 車載用二次電池市場の動向と展望
1. 電気自動車用二次電池の動向と展望
2. 電気自動車用二次電池メーカーの動向と展望 (個票・6社)
3. 電気自動車用二次電池海外メーカーの動向
4. リチウム二次電池関連部材の動向と展望
5. 環境対応車用キャパシタの動向と展望

第V章 電気自動車関連デバイスの動向と展望
1. 電気自動車用モータの動向と展望
2. 電気自動車用インバータの動向と展望
3. 電気自動車関連デバイスメーカー動向一覧
4. 電気自動車用電子デバイス市場の動向と展望
5. カーナビゲーション市場の動向と展望
6. カーナビゲーションメーカーの動向と展望 (個票・7社)



■■ 概要 ■■

商 品 名:11 電気自動車ビジネスの将来展望
発 刊 日:2011年2月28日
発   行:株式会社日本エコノミックセンター
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:B5/200ページ
価   格:
■製本
  69,500円(本体価格66,190円+消費税3,310円)
■CD-ROM
  69,500円(本体価格66,190円+消費税3,310円)
■製本+CD-ROM
  99,500円(本体価格94,762円+消費税4,738円)
※各別途送料500円

詳細ページ:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
     Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shop(リンク)
へとサイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。