logo

『2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)に関する市場調査』を販売開始

~「 ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」の当該主要(26社)プレイヤーに対する最新のビジネス実態を多面的且つ多層的にヒアリング~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、株式会社ESP総研(代表取締役 村岡 正悦 東京都目黒区)がまとめたレポート、『2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)に関する市場調査』を販売開始しました。

詳細ページ:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=488

報道関係者各位

平成23年2月18日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロ
ダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)に
関する市場調査』を販売開始

~「 ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」の当該主要(26社)プレイヤーに
対する最新のビジネス実態を多面的且つ多層的にヒアリング~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、株式会社ESP総研(代表取締役 村岡 正悦 東京都目黒区)がまとめたレポート、『2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)に関する市場調査』を販売開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 商品概要 ■■

1)調査対象 抽出フロー&分類分け、調査対象リスト一覧
⇒調査対象プレイヤーの抽出方法:「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」プレイヤーは?
2) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」に関する市場調査」×調査対象定義と当該市場の現状報告(速報) 担当調査員より
3)「CO2削減」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス
(113社/部門)&深堀調査対象外とした、その理由レポート(84社) 
4)「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義範囲
5)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
6)当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算ならびにビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算
7)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別
構成比率の変化・シナリオ
8) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の市場占有率(2009年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2009年度:実績)
9) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の競合認識、競合プレイヤー分析
→競合の数から当該参入プレイヤーを推察(仮説)ならびに 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義別×競合認識、参入プレイヤー数認識
10)「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×重点「適用分野」「販売ターゲット」仮説(コンサルティング) 
11)「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAPならびに適用分野<現状>×俯瞰図
12)「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」実態市場規模推移
2009年度⇒2013年(適用分野×主要セグメント別)
13)「適用分野」調査結果、「ビジネスモデル」集計&分析、「販売チャネル」(ゼロ段階) &「販売チャネル」(1段階) 、開始時期×当該単年売上規模(2010年度 見込)の相関(XY軸)統計ならびにマッピング、導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2009年度 実績)から言えること&相関統計、前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス>、「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(26社)、分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上高換算(主要26社)マトリックス一覧、適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)、適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)
14)「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス 主要ベンダ(26社)当該売上予測
(2009年度~2013年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧
15)当該(ICTを利活用したCO2削減ビジネス)単年売上×算出根拠レポート(26社)
16)「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス×深堀実態調査結果・マトリックス
(企業別×調査項目別)
17)個票(要約) ケーススタディ 26社分
(1)関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&サービス概要
(具体的なメニュー内容や料金体系:平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など)
(2)適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)(比率シェアなど)
(3)ビジネスモデル
   <1>ハードウェア販売
   <2>ソフトウェア販売
   <3>SI
   <4>ASPやSaaSなどのサービス提供
   <5>コンサルティング
   <6>ソフトウェア開発
   <7>システム販売(ハードウェア+ソフトウェアの提供)
   <8>その他
(4)販売チャネル
   <1>直販・間販の比率
   <2>代理店名など
(5)開始時期(  年 月)
(6)導入実績(累計数量、単年売上など)
(7)前年比伸長率など(同社における当該販売数量または当該売上に関して)
(8)当該プレイヤー数(合計)認識
(9)参考情報
   <1>URL
   <2>電話番号
   <3>売上高(全社)
   <4>従業員数
   <5>設立年月
(10) 当該ビジネス×売上推移(予測)


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
Web上にて「CO2削減」と言及している事業者(プレイヤー)すべてにアプローチし、そのうち「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」を展開していて、且つハードウェア販売、ソフトウェア販売、ソリューション(SI)、サービス提供(ASPやSaaSを含む)、ソフトウェア開発、システム(ハードウェア+ソフトウェア)提供 などといったビジネスモデルの展開を行っているプレイヤー(ベンダ)についてのみ徹底的に深堀インタビュー・分析を行った。
但し、「 ICTを利活用」してビジネスを展開していないプレイヤーは深堀調査対象外とした。
※1 Co2削減とは = 省エネを直接的に実現する事、或いは省エネを間接的に実現の為の支援をする事この2点と捉えた。
※2 IT(ICT)によるとは =(1)情報機器によること或いは (2)情報システムによること 或いは(3)情報を活用したコンサルティングによること、この3点と捉えた。

【調査方法】
弊社専門調査員ならびに協力会社 専門調査員による電話による取材、並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話取材であった)。

【調査&レポート期間】
2010年12月6日~2011年1月20日まで深堀調査を実施した。
その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年2月8日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。


■■ 目次 ■■

I.調査対象 抽出フロー&分類分け、調査対象リスト一覧 編
1)調査対象プレイヤーの抽出方法:「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」プレイヤーは?(1)(2)
2) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」に関する市場調査」×調査対象定義と当該市場の現状報告(速報) 担当調査員より
3)「CO2削減」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(113社/部門)
4)深堀調査対象外とした、その理由レポート(84社)

II.総括 編
0) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義範囲について
1)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
2-1)当該200社(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
2-2)当該主要26社(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
2-3)当該主要23社(個票要約分析)×当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
3-1)当該200社(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
3-2)当該主要26社(個票要約分析 ×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
3-3)当該主要23社(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算(2010年12月 調査時点)
3-4)当該200社(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2010年12月 調査時点)
3-5)当該主要26社(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2010年12月 調査時点)
3-6)当該主要23社(個票要約分析)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 構成比率(%)の変化・シナリオ(2010年12月 調査時点)
4) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の市場占有率<シェア>(2009年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2009年度:実績)について
5) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の競合認識、競合プレイヤー分析
→競合の数から当該参入プレイヤーを推察(仮説)する 
※認識なし、数値指標なし はカットした<1><2>
6) 「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」の定義別×競合認識、参入プレイヤー数認識(基本的には国内での認識)
7-1)「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×重点「適用分野」「販売ターゲット」仮説(コンサルティング)
7-2)当該26社における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP(2010年12月 調査時点)
7-3)適用分野<現状>×俯瞰図
8-1)「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」実態市場規模推移「2009年度⇒2013年度」(主要26社換算)<適用分野×主要セグメント別> (2010年12月 調査時点)
8-2)「 ICTを利活用したCO2削減ビジネス」実態市場規模推移「2009年度⇒2013年度」(当該200社換算)<適用分野×主要セグメント別> (2010年12月 調査時点)
9)「個票要約(26社)分析」 ×「適用分野」調査結果<2010年12月時点>(1)(2) 
10)個票要約(26社)「ビジネスモデル」集計&分析(1)~(5) 2010年12月時点
11-1)「個票要約(26社)分析」×「販売チャネル」(ゼロ段階)(1段階)
12-1)開始時期(2010年12月 調査時点)×当該単年売上規模(2010年度 見込)の相関(XY軸)統計<N=34>
12-2)開始時期(2010年12月 調査時点)×当該単年売上規模(2010年度 見込)の相関(XY軸)マッピング<N=23>
13-1)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2009年度 実績)から言えること<N=23(マルチアンサー)> ※あくまで累計実績を抽出
13-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2009年度 実績)の相関統計<N=23(マルチアンサー)>
14)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=23>
15)「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(26社)
16-1)主要26社における分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上高換算(主要26社)マトリックス一覧
16-2)主要26社における「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)
16-3)主要26社における「ICTを利活用したCO2削減ビジネス」×適用分野&対象エリア(着眼点と実績) マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)
17)「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス 主要ベンダ(26社)当該売上予測(2009年度~2013年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧
18)当該(ICTを利活用したCO2削減ビジネス)単年売上×算出根拠レポート(26社)
19)「ICTを利活用したCO2削減」ビジネス×深堀実態調査結果・マトリックス
<企業別×調査項目別>(26社全項目+2社部分項目分)

III.個票(要約) 編
1)アイフォーコム(株)(1)(2)
2)イオンディライト(株)(1)(2) 
3)(株)エービル ※旧社名:(株)ウッドノート(2010年9月12日社名変更)(1)(2)
4)オムロン(株)(1)(2)
5)オリックス・レンテック(株)(1)(2)
6)クオリティソフト(株)(1)(2)
7)(株)グリーンテクノロジー(1)(2)
8)グリーンプラス(株)(1)(2)
9) (株)コスモウェーブ(1)(2)
10) (株)サーベイヤーズバンク(1)(2) 
11)シヤチハタ(株) (1)(2)
12)住友精密工業(株)(1)(2)
13)ソリッドコンサルティング(株)(1)(2)
14)TCBテクノロジーズ(株)(1)(2)
15)(株)東芝(1)(2)
16)東レエンジニアリング(株) (1)(2)
17)日本アイビーエム(株) (1)(2)
18)(株)パイプドビッツ(1)(2) 
19)(株)ビーイング(1)(2)
20)(株)日立ソリューションズ ※旧日立ソフトウェアエンジニアリング(株)(1)(2)
21) (株)ピノー (1)(2)
22) (株)ヒロエンジニアリング(1)(2)
23)富士通(株) (1)(2)
24)マイクロソフト(株) (1)(2)
25) (株)山武(1)(2)
26) (株)ラックランド(1)(2)

【主要26社 共通項目】
(1)関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&サービス概要
  (具体的なメニュー内容や料金体系:平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など)
(2)適用分野・対象エリア
  (エリア・分野、業種・業務)<比率シェアなど>
(3)ビジネスモデル
   <1>ハードウェア販売
   <2>ソフトウェア販売
   <3>SI
   <4>ASPやSaaSなどのサービス提供
   <5>コンサルティング
   <6>ソフトウェア開発
   <7>システム販売(ハードウェア+ソフトウェアの提供)
   <8>その他
(4)販売チャネル
   <1>直販・間販の比率
   <2>代理店名など
(5)開始時期(  年 月)
(6)導入実績(累計数量、単年売上など)
(7)前年比伸長率など(同社における当該販売数量または当該売上に関して)
(8)当該プレイヤー数(合計)認識
(9)参考情報
   <1>URL
   <2>電話番号
   <3>売上高(全社)
   <4>従業員数
   <5>設立年月
(10) 当該ビジネス×売上推移(予測)


■■ 概要 ■■

資 料 名:2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス(ソリューション/SI、プロダクツ販売<ハードウェア販売、ソフトウェア販売>、サービス提供など)に関する市場調査
発 刊 日:2011年2月10日
調査・発行:株式会社ESP総研
販   売:株式会社クロス・マーケティング
体   裁:A4/152ページ
頒   価:
■製本      99,750円(本体価格95,000円、消費税等4,750円)
■CD-ROM     99,750円(本体価格95,000円、消費税等4,750円)
■製本+CD-ROM  149,625円(本体価格142,500円、消費税等7,125円)

※各別途送料 500円
※オンデマンド印刷

詳細ページ:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当

Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5848
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shop(リンク)へと
サイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。