logo

パイオニア、プロDJ/クラブ向け高性能フルデジタルDJミキサー「DJM-900nexus」を新発売

Kawasaki, Feb 17, 2011 - 近年、PCとDJソフトを使ってプレイを行うDJが増えています。また、楽曲の幅広いアレンジができるエフェクト機能の充実へのニーズも高まっています。


パイオニアは、これらのニーズに応えるため、PCとの親和性を高め、さまざまなエフェクト機能を搭載した高性能フルデジタルDJミキサー「DJM-900nexus(ネクサス)」を発売します。本機は、音質やフェーダーの操作性などの基本性能を向上させ、DJプレイや楽曲の録音、制作などにも対応したプロ用DJミキサーです。PCと接続してDJパフォーマンスを行うための多彩な機能を搭載しています。また、ノブを回すだけでイメージどおりの効果を得ることができる6種類の「SOUND COLOR FX」や、BEATに合わせてエフェクトをかけられる「BEAT EFFECT」、指でなぞるだけで直感的な操作が可能な「X-PAD」を装備し、楽曲の幅広いアレンジを可能にしています。


当社のDJミキサー「DJMシリーズ」は、優れた操作性や多彩なパフォーマンスを実現する各種機能が多くのDJから支持されており、世界中の著名なクラブに常設機材として導入されています。


主な特長
1)「24bit/96kHz 4IN 4OUT高性能USBサウンドカード※1」を搭載
入力4系統、出力4系統のステレオ音声信号を同時に入出力できる※2 USBサウンドカードを搭載しています。本サウンドカードは24bit/96kHzのハイサンプリング処理により、音質を劣化させることなく各音声信号を入出力できます。また、PCにインストールした設定ユーティリティツールを使うことで、DJプレイや楽曲の録音、制作など、用途に応じてミキサーからの出力信号経路を変更することができます※3。さらに、USB端子を天面に設置しており接続が簡単なため、スムーズなDJ交代が可能です。


2)楽曲の幅広いアレンジを実現するさまざまなエフェクト機能を搭載
従来のFILTER、CRUSH、NOISEに、新たに3種類のエフェクト(SPACE、DUB ECHO、GATE/COMP)を加えた「SOUND COLOR FX」を装備しました。ノブを回すだけでイメージどおりの効果を得ることができ、楽曲にオリジナルアレンジを加えるなど、多彩なリミックスが可能です。また、「BEAT EFFECT」には、新たに2種類のエフェクト(SPIRAL、MELODIC)を搭載し、楽曲のより幅広いアレンジが可能になりました。さらに、指でなぞるだけで直感的な操作が可能な「X-PAD」の搭載により、複数のパラメーターを同時に操作でき、思い通りのパフォーマンスが実現できます。


【エフェクト機能】
SOUND COLOR FX:FILTER、CRUSH、NOISE SPACE、DUB ECHO、GATE/COMP
BEAT EFFECT:DELAY、ECHO、SPIRAL、REVERB、TRANS FILTER、FLANGER、PHASER、ROBOT、MELODIC SLIP ROLL、ROLL、REVERSE ROLL


3)原音に忠実でノイズを徹底的に排除した高音質設計
当社フラッグシップモデルDJM-2000 と同じオーディオ入出力回路を搭載することで、原音に忠実な音を実現しました。32bit D/A コンバーターなどに高級オーディオと同等のパーツを採用することにより、マスター出力だけでなく、ヘッドホンやブース出力の音質まで大幅に向上しています。また、高性能32bit デジタル・シグナル・プロセッサーの採用によりデジタルノイズを抑制し、アナログ回路でも、高音質バランスドハイブリッドオペアンプ及び完全バランス出力回路の採用によりノイズを低減しています。


4)新開発「高性能チャンネルフェーダー」を搭載
フェーダーノブを2 本の金属シャフトで支持するスライド構造を採用することで、ぐらつきがなくスムーズな操作を実現するとともに、当社従来機種(DJM-800)に比べて約3 倍の耐久性を実現しました。また、新開発のフェーダーを採用することで、液体や粉塵によるフェーダー内部への影響を最小限に抑えています。


5)DJ パフォーマンスを充実させる「PRO DJ LINK」機能
「PRO DJ LINK」対応のパイオニア製DJプレーヤー※4または、楽曲管理ソフトrekordbox(TM)がインストールされているPCと本機をLANケーブルで接続することにより、DJプレーヤーやrekordbox(TM)から楽曲のBPM情報と拍位置情報を取得することができます※5。精度の高いBPM情報により、ビートに対しずれることなくエフェクトをかけることが可能です。また、クォンタイズモードの搭載により、「BEAT EFFECT」操作のタイミングがずれた時でも自動的に修正されるので、ビートに合わせてエフェクトをかけることができます。


6)シンプルな接続でTRAKTOR※6 シリーズのすべての機能が使用可能
本機とPCをUSBケーブル1本で接続することで、TRAKTOR内の4つのデッキ(プレーヤー)の入力が同時にできるなど、TRAKTORの全機能を使用したDJ プレイを楽しめます。また、本機はTRAKTOR SCRATCH CERTIFIEDミキサー※7なので、TRAKTOR SCRATCH 2のタイムコードディスク※8を用いた、スクラッチコントロール機能も使用可能※9です。


7)DJパフォーマンスをサポートするさまざまな機能
- 各チャンネルの入力をまとめて切り替えられる「インテグレーテッド・インプット・セレクター」を搭載。
- CDJ プレーヤーまたはレコードプレーヤーから入力されたDVS(Digital Vinyl System) ソフトウェア※10用タイムコードディスクの信号を、USB ケーブル1本でPCに出力できます。複雑な接続をすることなくDVSソフトウェアを使ったDJプレイを楽しめます※11。
- サウンドカードとPC の通信状態を表示する「USB接続インジケーター」と、PCからの音声入力の有無を表示する「USB音声入力インジケーター」を搭載。接続の状況をインジケーターで簡単に確認できます。


8)その他の特長
- 業界初※12「MIDI LFO」機能搭載。ビート単位で周期的に変化するMIDI※13信号で、外部機器(DJソフトウェアやエフェクターなど)をコントロールできます。
- 本機のほぼすべてのつまみやボタンの操作情報を、MIDI 信号でDJ ソフトウェアやエフェクターなどの外部機器に送信できる「フルアサナブルMIDI」機能を搭載。本機と外部機器を同時にコントロールできるので、MIDIコントローラーとしても使用できます。
- 切り替え式の3 バンドイコライザーと3バンドアイソレーターを各チャンネルに搭載。イコライザーでは+6dB~-26dB、アイソレーターでは+6dB~-∞dBのコントロールができます。
- チャンネルフェーダーノブとクロスフェーダーノブに、ロック機構を施した「P-LOCK Fader Cap」を採用。プレイ中にノブが外れることを防ぎます。
- 操作状況と入力信号を自動認識し、無操作や無入力状態が一定時間を超えると電源をスタンバイ状態に切り替える、環境に配慮した「オートスタンバイ」機能を搭載。


商品名:DJミキサー
型番:DJM-900NXS
希望小売価格:オープン価格
発売時期:3月下旬


主な仕様など詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


※1 PCの音声信号の入出力機能を強化する回路。オーディオインターフェイスとも呼ばれます。
※2 Windows/MacOS に対応。Windowsの場合、ASIO対応のソフトウェア使用時のみ3系統以上の割り当てが可能です。
※3 同梱のCD-ROMから、ドライバーソフトウェアおよび設定ユーティリティソフトウェアをPCにインストールすることにより、USBサウンドカード機能が使用可能です。
※4 Ver.4.00以降のファームウェアをダウンロードしたCDJ-2000、CDJ-900が対応可能。ダウンロードは、CDJ-2000が2011年2月17日17 時、CDJ-900が2011年3月末から開始予定です。
※5 rekordbox(TM)で解析した楽曲のみ。
※6 Native Instruments社のDJソフトウェア。
※7 高性能サウンドカードを内蔵し、Native Instruments 社からTRAKTOR SCRATCH との接続使用が認定されたミキサー。
※8 DVSソフトウェアをコントロールするためのタイムコードが収録されたCD/レコード。
※9 Ver.1.2.7以前のTRAKTOR SCRATCH をお使いの場合は、TRAKTOR SCRATCH 2に有償アップグレードすることで本機能をお使いいただけます。詳しくはNative Instruments社のHPをご確認ください。
※10 タイムコードディスクの再生位置/再生速度に合わせて、PC内の音楽ファイルを演奏するDJ用ソフトウェア。
※11 Serato社製SCRATCH LIVE(TM)には対応していません。
※12 DJミキサーとして。2011年2月17日現在、パイオニア調べ。
※13 電子楽器を連動して演奏するための業界規格。


概要: パイオニア株式会社
詳細は リンク をご覧ください。


この商品に関するお問い合わせ先
お客様:カスタマーサポートセンター
TEL 0120-944-222(フリーコール)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事