logo

【レポート販売】「日本の太陽光発電システム市場の流通と販売チャネル動向調査」を販売開始

~販売事業者は急増、流通経路は多様化 メーカー系列の地域家電店、家電量販店など、新規業種が参入~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「日本の太陽光発電システム市場の流通と販売チャネル動向調査」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=479

報道関係者各位

平成23年2月17日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本の太陽光発電システム市場の流通と販売チャネル動向調査」を販売開始

~販売事業者は急増、流通経路は多様化
メーカー系列の地域家電店、家電量販店など、新規業種が参入~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「日本の太陽光発電システム市場の流通と販売チャネル動向調査」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

◇どのような流通で太陽光発電が販売されているのか?太陽光発電システムメーカーごと、販売店の業種ごとの流通の構造と今後の方向性を整理、分析。
◇販売店へのアンケート調査を実施。業種、取扱いメーカーごとの販売店の現状を整理、分析。販売店からみた太陽光発電市場の現状と課題とは。
◇家電量販店のような新しい販売チャネルは今後拡大するのか?太陽光発電販売店の業種シェアを推計、今後のトレンドを予測。


2009年度に太陽光発電関連の補助金や、余剰電力買取制度が施行されたことにより、国内向けの太陽電池出荷量は2008年度比263%と、急速に普及が進んでいます。

この市場成長に伴い、太陽光発電システムを販売、施工する事業者数は増加し、また、家電量販店など、新しい業種の事業者が増加してきています。現在、これらの事業者が様々な流通経路から太陽光発電システムを販売しており、太陽光発電システムの購入方法、購入先は多様化してきているといえます。

本資料では、各太陽光発電メーカー、販売店にヒアリング、アンケートによって調査を行い、太陽光発電の流通、販売チャネルの現状を整理、分析し、今後の販売チャネルの在り方を予測することで、関連各社の太陽光発電販売のための情報収集、戦略立案の一助となることを目指します。


■■ 調査概要 ■■

◆ヒアリング実施企業(計12社)

【太陽光発電システムメーカー】
シャープ、三菱電機、ホンダソルテック、東芝

【太陽光発電販売代理店、販売店】
ウエストホールディングス、エスイーエム・ダイキン、JX日鉱日石エネルギー、高島、
東京ガス、日本エコシステム、日立コンシューマ・マーケティング、横浜環境デザイン

◆アンケート対象企業
太陽光発電システムの販売を行う販売店70社


■■ 目次 ■■

はじめに
調査概要
本資料における業種定義

Ⅰ.太陽光発電システム市場動向
1.市場規模
(1) 国内向け太陽電池出荷量推移
(2) 用途別出荷量
(3) 住宅用出荷量
   ①四半期ごとの動向
   ②2002~2010年度の出荷量推移
(4) 公共産業用出荷量
   ①四半期ごとの動向
   ②2002~2010年度の出荷量推移
   ③2011年度以降の公共産業用市場の動向
2.メーカーシェア
(1) メーカーシェア(2009~2010年度)
(2) 海外製太陽光モジュールメーカーの出荷量拡大見込み
   ①海外製太陽光モジュールの動向
   ②海外製太陽光モジュールへの各自業者の見解/取組み動向
   ③海外製太陽光モジュールの優位性

Ⅱ.流通、販売チャネルの現状と今後
1.流通構造
(1) 太陽光発電システム市場の流通構造
(2) 既築住宅向け太陽光発電システムの流通構造
2.太陽光発電システムメーカーごとの流通の特徴
3.販売店業種ごとの特徴
4.住宅用の流通、販売チャネルシェア
(1) メーカー、メーカー販社からの一次卸シェア_業種別
(2) エンドユーザーへの販売_業種別
(3) メーカー、メーカー系販社からの一次卸シェア_メーカー系、メーカー系以外
5.太陽光発電システムの卸値、販売価格見積りの現状
(1) 卸値
(2) 販売価格見積り
6.住宅用途におけるエンドユーザーへの販売促進活動
(1) 販売促進活動ごとの売上動向
(2) 訪問販売の動向
   ①訪問販売の定義
   ②訪問販売への取組み動向
   ③訪問販売を行わない理由
   ④訪問販売によるメリット
   ⑤今後の動向
(3) インターネットによる販促活動の動向
(4) 販売促進活動ごとの特徴と今後の動向
7.地域ごとの販売状況
8.流通、チャネルが抱える懸案事項
(1) 懸案事項
(2) 懸案事項の詳細、動向

Ⅲ.太陽光発電システムメーカーの動向
1.シャープ株式会社
2.京セラ株式会社
3.三洋電機株式会社/パナソニック株式会社
4.三菱電機株式会社
5.ホンダソルテック株式会社
6.ソーラーフロンティア株式会社
7.株式会社東芝
8.サンテックパワージャパン株式会社
9.カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社
10.その他海外メーカーの動向
(1) KDソーラー (2) Sエナジー (3) 現代重工業 (4) LS産電
(5) インリーグリーンエナジー (6) グリーンテックソーラーウェイ (7) ルンダ
(8) トリナソーラー (9) ソプレイソーラー (10) ネクスパワーテクノロジー
(11) スピードテックエナジー (12) パワーコム
(13) モーザーベアフォトボルティック (14) タイゴエナジー

Ⅳ.販売販売代理店/販売店の動向
1.大手代理店/販売店の動向
(1) 株式会社ウエストホールディングス
(2) エスイーエム・ダイキン株式会社
(3) JX日鉱日石エネルギー株式会社
(4) 高島株式会社
(5) 東京ガス株式会社
(6) 株式会社日本エコシステム
(7) 日立コンシューマ・マーケティング株式会社
(8) 株式会社横浜環境デザイン
(9) その他大手販売代理店/販売店の動向
   ①新興マタイ株式会社
   ②株式会社サニックス
   ③グリーンテック株式会社
   ④佐藤建設工業株式会社
   ⑤伯東株式会社
   ⑥コピア・エナジー株式会社
   ⑦株式会社エネサンスホールディングス
2.業種ごとにみる販売代理店/販売店の動向
(1) 住設系
   ①業種定義
   ②事業者の動向/見解
   ③住設系事業者の商流
   ④太陽光発電システムを扱う上での特徴と市場性
(2) 建材系
   ①業種定義
   ②事業者の動向/見解
   ③建材系事業者の商流
   ④太陽光発電システムを扱う上での特徴と今後の市場性
(3) 電材系
   ①業種定義
   ②事業者の動向/見解
   ③電材系事業者の商流
   ④太陽光発電システムを扱う上での特徴と市場性
(4) 太陽光発電専業
   ①業種定義
   ②事業者の動向/見解
   ③太陽光発電専業事業者の商流
   ④太陽光発電システムを扱う上での特徴と市場性
(5) ガス、石油販売事業者
   ①業種定義
   ②事業者の動向/見解
   ③ガス、石油販売事業者の商流
   ④太陽光発電システムを扱う上での特徴と市場性
(6) 地域家電店
   ①業種定義
   ②事業者の動向/見解
   ③家電販売における地域家電店の近況
   ④地域家電店の商流
   ⑤太陽光発電システムを扱う上での特徴と市場性
(7) 家電量販店
   ①業種定義
   ②各家電量販店の取組み動向
   ③関連事業者の動向/見解
   ④家電量販店の商流
   ⑤太陽光発電システムを扱う上での特徴と市場性
3.販売店へのアンケート結果
(1) アンケート概要
(2) 質問項目
(3) アンケート集計結果
   ①アンケート回答企業概要(本社所在地、資本金、従業員数、売上高、業種)
   ②事業概要
    (取扱い開始年、取扱い量、取扱い品目、購入先、販売形態、売上の多い
    販売チャネル、今後注力していきたい住宅用の販売チャネル、取扱いメーカー)
   ③施工実施状況(施工実施状況、施工外注先、今後の施工実施予定)
   ④取扱い詳細(メーカー/製品選定基準、メーカー・製品に期待すること)
   ⑤展望、注力領域(注力領域、展望、事業について感じていること)
 (4) アンケート集計による太陽光発電システムメーカーごとの系列店の動向
   ①正規販売代理店重複状況
   ②販売店業種
   ③取扱量(2010年度見込み)
   ④販売チャネル(2010年度見込み)
   ⑤施工実施状況
   ⑥メーカー/製品選定基準
   ⑦課題・懸案事項
   ⑧注力領域

Ⅴ.新築住宅市場の動向
1.ハウスメーカーの動向
(1) ハウスメーカーによる太陽光発電システムの搭載
   ①ハウスメーカー大手7社による太陽光発電システムの搭載
   ②新築住宅向け太陽光発電市場規模予測
2.新築住宅市場の今後の動向
(1) 関連事業者の見解
(2) 中堅ハウスメーカー、工務店による新築住宅への太陽光発電システムの搭載
3.集合住宅への搭載動向
関連マーケットリサーチレポート


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:日本の太陽光発電システム市場の流通と販売チャネル動向調査
発 刊 日:2011年1月17日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 263ページ
頒   価:
■製本     252,000円(本体価格240,000円、消費税12,000円)
■製本+CD-ROM 283,500円(本体価格270,000円、消費税13,500円)
※別途送料500円

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当

Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5848
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shop(リンク)へと
サイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。