logo

ウルトラキャパシタの市場は2016年に9億ドルに

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「電気二重層キャパシタ市場の分析と予測:交通、エネルギー貯蔵、新規アプリケーション - Ultracapacitors:Ultracapacitors Transportation, Energy Storage, and Other Emerging Applications: Market Analysis and Forecasts」のプレスリリースにおいて、世界のウルトラキャパシタの販売額は2011-2016年に2820万ドルから2億8410万ドルまで約10倍に成長し、予測期間中の累積収益は9億130万ドルにのぼるだろう、との予測結果を発表しました。

電気二重層キャパシタ(ウルトラキャパシタ、スーパーキャパシタ)は、開発から30余年を経ており、決して新しい技術ではないが、エネルギー貯蔵や配電などのいくつかの用途が主要なアプリケーションとして成長つつある。ウルトラキャパシタモジュールが今日最も多く利用されているセグメントは、アイドリングストップ&スタートシステムなどの自動車市場であり、グリッドスケールでのエネルギー貯蔵や風力タービンなどもウルトラキャパシタの早期段階のアプリケーションである。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「電気二重層キャパシタ市場の分析と予測:交通、エネルギー貯蔵、新規アプリケーション ー Ultracapacitors:Ultracapacitors Transportation, Energy Storage, and Other Emerging Applications: Market Analysis and Forecasts」は、 世界のウルトラキャパシタの販売額は2011-2016年に2820万ドルから2億8410万ドルまで約10倍に成長し、予測期間中の累積収益は9億130万ドルにのぼるだろうと予測している。


「ウルトラキャパシタの競争上の最大の強みは、バッテリのライフサイクルの長さと出力密度の高さである。しかし、ウルトラキャパシタは、多くの場合にエネルギー貯蔵用途には高価すぎるとみられており、自動車分野でも十分に成熟していない技術と考えられている。とはいえ、ウルトラキャパシタは、いくつかのニッチアプリケーションでは大きく成長するだろうし、自動車のアイドリングストップの新市場には大きく注目すべきである」とシニアアナリストのJohn Gartner氏は語る


【調査レポート】
電気二重層キャパシタ市場の分析と予測:交通、エネルギー貯蔵、新規アプリケーション
Ultracapacitors
Ultracapacitors Transportation, Energy Storage, and Other Emerging Applications: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。