logo

株式会社サムライズ、Adobe Flash Playerに対応したアドビ システムズ社の デジタル動画著作権保護ソリューション  『 Adobe Flash Access 2.0 』 2月16日より販売開始

株式会社サムライズ(本社:東京都中央区晴海、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下、アドビ システムズ社)が開発した最新版 『Adobe Flash Access 2.0』 に関しまして、2月16日より日本市場に向けて販売開始することを発表いたします。本製品は、アドビ システムズ社のスペシャルソリューション・ディストリビュータであるサムライズから提供されます。

1.背景と狙い

サムライズでは、Flash 動画を配信する Adobe Flash Media Serverの販売を通して、企業、政府、教育機関等でのリアルタイム及びオンデマンドでの動画配信のビジネス及び業務を支援してまいりました。
近年では、インターネット上の動画コンテンツが急激に普及し、コンテンツ製作者および著作権保有者が、インターネット上のコンテンツビジネスを収益化するために、配信する動画コンテンツの流出や、改ざん等の著作権侵害を防ぐ要求が高まっています。このようなお客様のニーズにお応えする為、サムライズでは、高レベルのコンテンツ保護を実現するデジタル動画著作権保護ソリューション 『Adobe Flash Access 2.0』の販売を開始いたします。
『Adobe Flash Access 2.0』は、業界標準の暗号化機能や、堅牢且つ更新可能なセキュリティ技術を有したFlash動画のDRM(Digital Rights Management)構築ソリューションです。
今後サムライズでは『Adobe Flash Access 2.0』を通してダウンロードコンテンツの販売、ビデオオンデマンド等の幅広いビジネスモデル構築を支援してまいります。
これにより、TV局、映画配給会社等での映像配信ビジネス及び企業内での流出を防ぎたい動画コンテンツ配信など様々なシーンでの動画配信サービスのコンテンツ保護ソリューションを 『Adobe Flash Access 2.0』 のSDKを使ったコンテンツ保護システムが数多く構築運用されることを期待いたします。


2.製品の特長

『Adobe Flash Access 2.0』 はSDK(ソフトウェア開発キット)として提供され、プロテクトされたコンテンツへのシームレスなアクセスを提供することにより、堅牢なコンテンツ保護を実現します。コンテンツを準備するために利用する「Packager」、動画を再生する人に様々な許可を与える「License Server」等のコンポーネントを構築できます。
『Adobe Flash Access 2.0』 がサポートするビジネスモデルは、ダウンロードコンテンツの販売、レンタル、ビデオオンデマンド等と多岐にわたります。
『Adobe Flash Access 2.0』 は、インターネットに接続されたコンピュータの98%以上にインストールされた Adobe Flash Playerにおいて、保護されたコンテンツの安全な再生環境を実現しました。これにより、コンテンツオーナーや配信業者、広告主等に新たな収益機会をもたらします。
『Adobe Flash Access 2.0』 で保護されたコンテンツの配信は、Adobe Flash Media Server経由のストリーミング、HTTP経由のプログレッシブダウンロード、あるいはユーザーに便利なローカル再生用ライブラリコンテンツへのダウンロードといった方法で行うことができます。ダウンロード方式は、従来型の環境より経済的なシステム構築が可能です。また、『Adobe Flash Access 2.0』はアドビ システムズ社のパートナーを通じてSoftware as a Service (SaaS) としても提供され、コンテンツプロバイダがコンテンツを市場に供給するまでの期間を短縮します。

■ 『Adobe Flash Access 2.0』 が対象とするユーザーには以下が挙げられます。

○ 動画コンテンツオーナー
映画およびテレビ番組製作会社、オンラインビデオコンテンツのクリエイターや制作者。
○ コンテンツ配信業者
オンラインビデオ販売業者およびレンタル業者、オンライン放送局、インターネットメディアの中で大きな割合を占めるスポーツサイトや娯楽サイトなどを運営する企業
○ サービスプロバイダー
コンテンツ配信業者に安全なホスティングサービスを提供したいと考える企業
○ 企業
従業員、パートナー企業、学生などに、より安全なビデオコンテンツを配信したいと考える企業

■主な機能

○ 堅牢で更新可能なセキュリティ
業界標準の暗号化、堅牢性、更新可能なセキュリティにより、高レベルのコンテンツ保護を実現し、動画コンテンツの悪用や改ざんを防ぐことが可能となります。

○ かつてない配信先
保護されたコンテンツをAdobe Flash PlayerやAdobe AIRアプリケーションに配信する ことにより、Mac OS、Windows、あるいはLinuxのユーザーでもストリーミングやプログ レッシブダウンロード、保護されたコンテンツのダウンロードを行うことができ、配信先 を最大限に広げられます。
○ 帯域幅とパフォーマンスの最適化
マルチビットレートのコンテンツをサポートしているため、Adobe Flash Media Serverでダイナミックストリーミングを使用し、あらゆるユーザーに最適な視聴環境を提供できます。また、ビデオフレームを選択的に暗号化することで、多様な再生方法に対応することができます。
○ システムインテグレーション
Flash Access SDK を既存のインフラに統合することにより、新たな収益機会を創出できます。これによりポータル管理ソフトウェアやeコマース、LDAPディレクトリサービスなどへの統合が可能です。

製品詳細URL : リンク

3.認定販売代理店制度について

『Adobe Flash Access 2.0』 の販売にあたり、サムライズでは認定代理店制度を採用いたします。本リリース後、NTTソフトウェア株式会社様、株式会社NTTデータ・アール様を認定代理店とし、両社を経由して販売を行ってまいります。認定代理店は今後も拡張していく予定です。代理店制度にご興味がございましたら以下弊社担当までお問い合わせください。

【認定代理店制度に関する問い合わせ】
株式会社サムライズ
Adobeソフトウェア事業部/Flash Access担当      03-5548-8822

■株式会社サムライズについて
 サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡易かつ最適なサービスとソリューションを提供する「ソフトウェアとサービスのマーケティング・プラットフォーム企業」を目指しております。

会社名: 株式会社サムライズ
本社住所: 東京都中央区晴海三丁目2番22号晴海パークビル
電話: 03-5548-8820(代)
URL: リンク


■本件に関する問い合わせ先
株式会社サムライズ、
報道関係からの問い合わせ : 担当:Adobeソフト事業部 高島03-5548-8822

*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事