logo

Hotels.com、「泊まってみたい映画の中のホテル」を発表!映画『THE 有頂天ホテル』が第1位! 『プリティ・ウーマン』は女性から圧倒的支持!

Hotels.com 2011年02月15日 10時35分
From PR TIMES

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(本社:アメリカ合衆国テキサス州、代表取締役社長:デイビット ロシェ)は、全国の20歳から69歳までの男女500名を対象に、宿泊に関する意識調査を実施しましたので、結果をご報告します。本調査は20代から60代まで男女をそれぞれ50名ずつ、合計500名を対象にインターネットによるアンケート形式で実施したものです。

【表1】泊まってみたい映画の中のホテル(総合)
順位 映画/登場したホテル
1 THE有頂天ホテル/架空のホテル
2 オーシャンズ11/ベラージオ
3 007は二度死ぬ/ホテルニューオータニ
4 花より男子ファイナル/インターコンチネンタル香港
5 プリティ・ウーマン/ビバリー・ヒルズウィルシャーホテル
6 昼下がりの情事/リッツホテル
7 ロスト・イン・トランスレーション/パークハイアット東京
8 ノッティングヒルの恋人/リッツホテル
9 アマルフィ 女神の報酬/サンタ・カリーナ
10 ホームアローン2/プラザ・ホテル

人々を感動させるラブストーリー映画やドキドキした緊張感が味わえるアクション映画まで、さまざまなジャンルの映画の中でホテルが登場します。映画に登場したホテルが観光スポットとなり、多くの観光客が訪れ、記念撮影をすることも珍しいことではありません。そこで今回、映画の中に登場したホテルで泊まりたいところについて調査いたしました。

第1位は2006年に公開された三谷幸喜監督の『THE 有頂天ホテル』が選ばれました。
本作に登場するホテルは実際には存在していない架空のホテルですが、「楽しそうだから」「面白いスタッフがたくさんいてワクワクできそうだから」など映画の雰囲気がそのまま選んだ理由に繋がったようです。
男女別のランキングでも、ともに第1位を獲得しており、圧倒的な人気があることが分かりました。

次いで第2位となったのは、ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットなど豪華俳優たちが共演した『オーシャンズ11』でした。映画の舞台として登場したのがラスベガスにあるべラージオで、ゴージャスなカジノや広大に広がる湖と噴水ショーなどが印象的に映し出されていました。「かっこいい」「ゴージャスだから」といった理由が多く、比較的男性から強く支持されていました。

第3位には現在でも続く人気シリーズで、日本を舞台にした『007は二度死ぬ』がランクインしました。本作では、ホテルニューオータニが007の敵企業の本社として登場しています。50代、60代の男性から圧倒的な支持を獲得していました。

第4位には、人気テレビドラマの映画版『花より男子ファイナル』がランクインしました。部屋の外にプールがついているゴージャスな部屋として登場したのが香港のインターコンチネンタル香港でした。女性からの支持が強く、特に20代、30代からは多くの票が寄せられました。

【表2および3】 泊まってみたい映画の中のホテル
≪表2:男性編≫ 
順位 映画
1 THE有頂天ホテル
2 007は二度死ぬ
3 オーシャンズ11
4 花より男子ファイナル
5 ホームアローン2

≪表3:女性編≫
順位 映画
1 THE有頂天ホテル
2 プリティ・ウーマン
3 花より男子ファイナル
4 オーシャンズ11
5 ノッティングヒルの恋人

男女別のランキングを見ると、第1位は男女ともに『THE有頂天ホテル』ですが、男性は『007は二度死ぬ』や『オーシャンズ11』など比較的アクション映画が多く、女性は『プリティ・ウーマン』や『花より男子ファイナル』、『ノッティングヒルの恋人』などラブストーリーやラブコメディ映画が多いことが分かりました。

特に女性のランキングで第2位となった『プリティ・ウーマン』は、20代から60代まですべての年代から票を獲得しており、世代を超えた名作であるとともに、登場しているホテルが女性にとって最も憧れのホテルであることが分かりました。



■Hotels.comについて
Hotels.comは、世界各国の言語や文化に合わせてローカライズした予約サービスを運営する、世界最大手のグローバルな宿泊予約サービスです。日本においては、日本人旅行者向けにローカライズしたHotels.com の日本版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じて、日本円での決済でホテルを予約することができます。
また、ネット上で最も多くの宿泊施設を提供しているサイトの1つでもあり、独立系および大手ホテルチェーンからコンドミニアムまで、世界の130,000軒を超える施設が予約できます。ホテルの料金、設備、空き状況をワンストップで確認および購入できることに加え、ホテル繁忙期においても、高確率で宿泊を確保できるサービスを提供しています。
Hotels.comは、Expedia, Inc. (NASDAQ : EXPE)の子会社です。
リンク

■Hotels.co.jpについて
Hotels.comの日本版サイト(リンク)は、日本人旅行者のさまざまなニーズに応えるため2008年11月 に開設されました。このサイトによって、日本人旅行者が気軽に世界中の130,000軒を超えるホテルを検索し、日本円での決算で予約することができます。また最新のホテル情報や割引特典などニュースレターにて最新情報を提供しています。また、日本語によるカスタマーサービスも設置しており、日本時間午前7時から深夜1時まで年中無休で利用いただけます。電話番号はフリーダイヤル (0120-998-705)です。
プレスルーム:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。