logo

アストンマーティン、シーメンスPLMソフトウェアを 全世界のスポーツカー開発標準ソフトウェアに採用

~自動車業界におけるシーメンスPLMソフトウェアのリーダーシップと 同社の展開するオープン戦略の重要性がさらに拡大~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、
アストンマーティンが全世界のスポーツカー開発プロセスの
標準システムとして、CAD/CAM/CAEの統合ソリューションにNX(TM)を、
さらに製品およびプロセスのナレッジ管理にTeamcenter(R)を
採用したことを発表しました。この全社的な導入によって、
アストンマーティンは生産性の向上、共通プロセスの推進、
製品設計と開発のグローバルなコラボレーションの強化を図ります。

設計と開発のさらなる高度化により、数多くの自動車メーカーは、
クラス最高の技術を活用できるよう現在使用しているPLMシステムの
見直しを余儀なくされています。アストンマーティンは2年間にわたり
PLMテクノロジの優位性を広範に評価してきました。その結果、
世界に誇る有数のスポーツカーを提供し続けるという使命を
果たすには、現行のテクノロジをNXとTeamcenterに移行することが
必須であると判断したのです。

「自動車業界は今、技術的な面においても、経営的な面においても
大きな転換期を迎えています。自動車がますます複雑化し、
経済情勢が移り変わる中、自動車メーカーは既存の
PLMアプリケーションを見直し、市場で最も価値のあるテクノロジと
連携していかなければならなくなっています」と、IDC Groupの
PLMアナリストであるSanjeev Pal氏は述べています。

「アストンマーティンのような高級車メーカーは、製品開発における
意思決定を迅速にかつ効率的に行っていかなければなりません。
先進的な製品プランニング・プロセスから詳細なエンジニアリング・
プロセスまで、生産性向上の要として私たちのテクノロジが
選ばれたことを大変嬉しく思っています。自動車メーカーには、
高度化するすべての車載システムを管理し、品質を確保しながら
いち早く市場投入することが求められているのです」と、
シーメンスPLMソフトウェアのプレジデント兼最高技術責任者である
Chuck Grindstaffは述べています。

アストンマーティンがシーメンスPLMソフトウェアのテクノロジを
全社標準のPLMソリューションとして採用するという決定は、
オープンなPLM環境がいかにイノベーションを促進し、高度化する
技術を管理できるか、その重要性を強調するものです。さらに、
完成車メーカーのあらゆる部門にわたる多様な展開要件にも
対応できるシーメンスPLMソフトウェアのテクノロジの
スケーラビリティを立証しています。

自動車業界におけるシーメンスPLMソフトウェアのリーダーシップ
シーメンスPLMソフトウェアは、製品開発や製造などのあらゆる
部門において自動車メーカーにPLMソフトウェアを提供している
業界トップのプロバイダです。業界をリードするシーメンスPLMソフトウェアの
テクノロジは、自動車メーカーや部品メーカーにおいて、開発および
製造におけるコラボレーション、プランニング、設計、検証などに
活用されています。複雑なエンジニアリング・チーム間や広範な
サプライチェーンにわたるコラボレーション管理に必要な
ソリューションを提供して、自動車業界の重要なニーズに応えています。
エンジニアリング・チームとその他製品ライフサイクルに関わる
すべての部門との垣根を取り払い、設計、解析、シミュレーションなどの
データへのリアルタイムなアクセス手段を提供して、自動車業界に
おける効率性の向上とイノベーションの創出を支援しています。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。
これまで世界6万9,500社のお客さまにサービスを提供し、
約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。
米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、
豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを
提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに
関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、
全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は
多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指の
ソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、
各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を
最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で
約33,000人の従業員を擁し(9月30日現在)、2010年度の総売上高は
62億ユーロを達成しています。
詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。

注意:Siemens、SiemensのロゴおよびSIPLACEは、Siemens AGの
登録商標です。NXおよびTeamcenterは、米国および
その他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management
Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

※NX、およびTeamcenterの詳細は下記よりご覧いただけます。
・NX
リンク
・Teamcenter
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。