logo

EMCジャパン、重複除外バックアップ市場の拡大を目指し バックアップ・ストレージ「Data Domain」を大幅に価格改定

製品ラインナップも一新し、大企業から中小企業までの導入を促進

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL:リンク)は、本日、重複除外バックアップ・ストレージ市場を拡大するため、「Data Domain(データ・ドメイン)」の大幅な価格改定の実施ならびに、製品ラインナップを一新した新製品群を発表しました。今回の価格改定で「Data Domain」シリーズ全製品の参考価格を平均50%値下げし、価格競争力を大きく高めることでバックアップ市場への浸透を促進させます。

EMCジャパンでは、日本国内の重複除外市場が今後3年間で急激に成長すると予測しており、今回の価格改定により、重複除外バックアップ市場の拡大を加速させることを目指します。また、総合ITベンダーとしての事業拡大に向け、信頼性と性能の高い製品をより「お手頃」な価格帯で提供することを今年の施策としています。今回の価格改定もその一環と位置づけられます。

今回の価格改定により、「Data Domain」製品は、参考価格210万円(税込み:エントリー・モデルのData Domain DD610)からとなり、業界屈指の性能と信頼性をお手頃な価格で提供します。これまで「Data Domain」製品は、主に大規模なエンタープライズ環境で導入されてきましたが、今後は中小規模のテープ環境にも導入しやすくなります。EMCジャパンは、今回の価格改定を機に、企業のあらゆるバックアップ・リカバリ環境に対して、重複除外によるコスト効率の高いディスク・バックアップ環境への切り替えを促進していきます。

また今回発表した新製品・新機能は以下の通りです。

「Data Domain Global Deduplication Array(DD GDA)」のアーキテクチャ刷新

業界最高性能の重複除外バックアップ・ストレージ「Data Domain Global Deduplication Array(データ・ドメイン グローバル・デデュプリケーション・アレイ、以下DD GDA)」のアーキテクチャ刷新により、従来の2倍の性能と容量を実現しました。2010年5月に発表した「DD GDA」のアーキテクチャをこのたび刷新し、業界最速の重複除外バックアップ・ストレージとなりました。「DD GDA」は、デュアル・コントローラで重複除外バックアップを行い、処理速度を大幅に向上させています。従来モデルと比べ、容量ならびにパフォーマンスがそれぞれ2倍となっており、最大26.3 TB(テラバイト)/時のパフォーマンスと有効容量は最大570 TBです。これは、論理容量に換算すると最大28.5 PB(ペタバイト:1PB=1,000TB)のバックアップ・データを保存できることになります。そして、今回の発表で「DD GDA」はファイバ・チャネル接続のVTL(Virtual Tape Library:仮想テープ・ライブラリ)に対応し、EMC NetWorker、Symantec NetBackup、IBM TSM(Tivoli Storage Manager)などの主要なバックアップ・ソフトウェア経由でのバックアップが可能となりました。

「Data Domain DD800」シリーズのラインアップを一新、また新モデルを追加

・「Data Domain」ハイエンド・モデルの「Data Domain DD800」ラインアップを一新し、従来の1.7倍から2.5倍高速なバックアップ性能を提供します。
・「Data Domain」のハイエンド・モデルである「DD800」シリーズのラインアップが一新され、「DD890」と「DD860」の2つの新しいモデルを追加しました。「DD890」は、従来モデルよりも最大1.7倍高速となり、有効容量も2倍の285 TBとなりました。また、「DD860」は、従来モデルの2.5倍速いスループットを実現し、有効容量が4倍の142 TBとなっています。

「IBM i対応VTLオプション」の提供

IBM i(IBM System i)を搭載したミッドレンジ・コンピュータIBM Power SystemsのデータをバックアップするためのVTLオプションを新たに提供します。Data Domain DD600とDD800シリーズのオプションとして、このたびIBM iを搭載したミッドレンジ・コンピュータIBM Power Systems 向けのVTLソフトウェアを発表しました。IBM TS3500テープ・ライブラリをエミュレート(*)し、既存のIBM i環境にシームレスに導入することができます。さらに、災害対策として、データをWAN経由で転送し、オフサイトに設置したData Domainシステムにレプリケ-ション(複製)することも可能です。

参考価格と販売方法について

製品名:Data Domainファミリ
新価格:2,100,000円~
旧価格:4,200,000円~
有効容量:3.5TB~
(価格は最小構成時、税込)

従来の「Data Domain」製品は、本日より、改定した価格にて提供を開始します。また、新製品の「EMC Data Domain GDA」、「EMC Data Domain DD860」、ならびに「EMC Data Domain DD890」は、3月末より提供を開始します。今回発表した全ての製品はEMCジャパンならびにEMCジャパンの販売パートナーであるVelocity(ヴェロシティ)パートナーより提供します。
「Data Domain」製品ファミリに関し、詳しくはこちらをご覧ください。
リンク

Data Domain製品写真 (下記よりダウンロードいただけます)

■EMC Data Domain DD610
リンク
■EMC Data Domain DD860
リンク
■EMC Data Domain DD890
リンク
■EMC Data Domain Global Deduplication Array
リンク

*エミュレート:あるハードウェア向けに開発されたソフトウェアを、設計の異なる他のハードウェア上で実行させること。

# # #

■EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。リンク

本件に関するお問い合わせ先

EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

###

EMC、EMC2、where information lives、Data Domain、は、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。